雑談魂Pick Up[Hair The NeXt]Smart


ようこそ “雑談魂 Pick Up”へ

ようこそ!!魂を揺さ振らせた
“雑談魂 Pick Up”のページへ!!


常連のお客様は懐かしく思われることでしょう!
初めてのお客様は“雑談魂Pick Up”をご覧頂き
雑談魂”シリーズへと進んで頂ければ幸いです!
※独断で選ばせて頂きました。

2013年5月1日(水)スタート

《誤字、脱字お許しください。》

Home
雑談魂(一)
雑談魂(二)
雑談魂(三)
雑談魂(四)
雑談魂(五)
雑談魂(六)
雑談魂(七)


◎2014年

〈よもやま 430〉 〔2014年10月26日〕 【Mけ?Sけ?】
「お客様 I 様」(Mr.X)との会話

「あ〜〜〜っ、マッサージそこきくね・・・いい感じや・・・」
(痛くないけ?)

「う、う〜んっ、大丈夫!」
(Mやったけ?ワハハハハハ・・・)

「・・・いいね・・・」
(Mやったね!ワハハハハハ・・・)

「えっ、?・・・M・・・オレ、どっちかって言うとSやから・・・きくね・・・」
(ドMやったね!ワハハハハハ・・・)

「ドSやって!」
(Mやろ!MってモンキーのMやから!ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・すぐ、さる系にもってくわ・・・いくらさる顔やからって・・・いいね・・・きくわ・・・」
(Mやろ!モンキーの・・・ワハハハハハ・・・)

「Sやって!」
(Sって、スモールモンキーのSけ?ワハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・スモールモンキーのSか・・・うけるわ・・・ガハハハハハ・・・Lやったら、ラージモンキーのLけ?アハハハハハ・・・」
(そうや!やっぱり、SもMもモンキーや!ワハハハハハ・・・)
Iさんとの会話になると、ついさるの話になってしまう・・・どうしてかなぁ・・・


〈よもやま 427〉 〔2014年8月8日〕 【顔面検査】
「お客様 I 様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「海外旅行に行くと必ず入国検査の人に呼び止められるんやって。会社の旅行で台湾に行った時は添乗員さんから“台湾は親日ですし、会社の団体さんなのでまず、止められることはないです。”って言われたんやけど、他の同僚の人はスイスイ通されとったのにオレの番になったら止められて・・・ガハハハハハ・・・その時、添乗員さんがちょっと離れた所からオレを見とったから手招きをして呼んで対応してもらったんや。」
{ワハハハハハ・・・やっぱり顔つき見て止められたんやなぁ!}

「そうかなぁ・・・だいたい海外旅行では止められるなぁ。一番、酷かったんはロサンザルス行った時やね。あの時はゲートを通ったら“ピンポン!”って鳴って、あっ、時計やなと思ってはずして通ったら、また“ピンポン!”って鳴って、靴に金属製の鎖が付いとったから脱いで通ったら、また“ピンポン!”ってなって、あっ、バックルやなぁと思ってベルトはずしても“ピンポン!”って鳴ったもんやから別室に行かされてバンツ1枚まで脱がされて検査されて・・・ガハハハハハ・・・きっと誰か手でボタン押して“ピンポン!”って鳴らしとったんでないかなぁ・・・」
{ワハハハハハ・・・きっと機械が顔つき見て“ピンポン!”って鳴らしたんでないがけ?かしこい機械や!でも、かなり疑われとったんやね!}

「ガハハハハハ・・・オレ英語はよくわからんけど“マフィア?”“マフィア?”って聞かれたわ・・・ガハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・何か薬の買い付けに来たと思われたんかなぁ・・・その顔やったら疑われるよなぁ・・・}

「ガハハハハハ・・・外国の入国検査の時なら、まぁしょうがないけど、日本に帰って来た時にも2回入国検査の人に聞かれたことがあって・・・」
{ワハハハハハ・・・どういうことけ?}

「さぁーーーーーっ、“旅行の目的は?”とか“バッグの中、見せてもらってもいいですか?”とか・・・」
{ワハハハハハ・・・完全に疑っとるね!普通ありえんよね!}

「ハワイの入国検査は比較的親切やったけど、止められた・・・ガハハハハハ・・・」
{すごいなぁ・・・やっぱり顔つきやね!ワハハハハハ・・・その顔やったら警察官にも聞かれんけ?ワハハハハハ・・・}

「あるよ!よく夜中にコンビニ行くと聞かれるわ!“今、どうされたんですか?”とか“車の中、見せてもらってもいいですか?”とか“免許証、見せてもらってもいいですか?”とか聞かれる。」
{ワハハハハハ・・・職質やね!}

「“任意なんですけど・・・”って“いやや!って言うたら時間かかるんやろ?”って言うと“はい、そうなります。”って言われるから言われた通りにする・・・」
{ワハハハハハ・・・完全に疑っとるね!ワハハハハハ・・・ありえんよね!}

「そうや!“オレのこと疑っとるんか?”って聞くと“何か事件に巻き込まれると心配なんで”って言う。」
{ガハハハハハ・・・“何か事件を巻き込むかと心配なんで”じゃないがけ?}

「ガハハハハハ・・・それはないけど・・・多分・・・」
{ I さん、よく職質されるらしいよ!ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・その悪人顔だから?)
「ガハハハハハ・・・悪人顔って・・・会社でも“怖い、怖い”って言われるけど、冗談かなぁって思っとったんに・・・」

{ワハハハハハ・・・悪人顔って、さらっと言うなぁ・・・}
(ぶすっとした顔してるとやっぱり怖いよ。笑い顔はそうでもないけどね・・・ぶすっとしてるとね・・・)

「ガハハハハハ・・・ショック!」
もう、これ以上コメントできません。お大事に・・・


〈よもやま 426〉 〔2014年6月25日〕 【ビッグドリーム】
「お客様M様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

{ワールドカップ、コロンビア戦残念やったなぁ・・・}
「うん」

{M君、プロのサッカー選手になる気があるが?}
「うん、ある!」

(そう!ワールドカップにも行く気があるんだぁ!)
{サッカー選手、顔が黒い方が強そうな感じやなぁ・・・M君、顔、黒く塗ろう!ワハハハハハ・・・}

「いや!ハハハハハハ・・・」
(ワールドカップに行ったら応援に行くね!)

{もし、ワールドカップに行ったら招待してや!}
「う〜〜〜ん・・・」

{招待してもらったら、試合見んと観光して回ろうかなぁ・・・試合結果はスポーツダイジェスト見ればわかるし・・・ワハハハハハ・・・}
(ひっ、ひどい!ハハハハハハ・・・)

{4年ごとにワールドカップに行ってや!そして招待し続けて!できれば観光地が多い先進国にして、衛生的な国がいいから・・・ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・」

(ハハハハハハ・・・ひどすぎる・・・)
{招待してもらうが別に開催国でなてもいいか!!例えばアフリカが開催地でもヨーロッパ観光して回ろうっと・・・ワハハハハハ・・・よろしく!!}
ただで外国旅行できそう・・・楽しみ!


〈よもやま 420〉 〔2014年2月2日〕 【条例】
「お客様K様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(今年はお年玉どうだった?高校生になったしUPした?)
「はい!お姉ちゃんやお兄ちゃんほどじゃないけど・・・」

(お姉ちゃんは大学生だしね、まぁ、お金もいる時だから・・・いくらもらったの?)
「全部で6万円です!」

(えーーーーーっ!6万円は多すぎるよ!5万円を過ぎたら、返却するもんじゃない!?“もう、満額いただきました!”って・・・ハハハハハハ・・・)
{お年玉、3万円以上もらったんけ?}

「うん!」
{今年から“お年玉を3万円以上もらった人は全額近所の信頼できるおじさんに預けなさい”っていう条例ができたから、オレに持って来て!ワハハハハハ・・・}

「もう、6万円全部使いました。」
(何に使ったの?)

「ドラム買ったんです!」
{な〜に〜っ、オレなんて6万円も使うこと今までにないがに・・・6万円使う時、オレもいっしょに連れて行ってほしかったなぁ・・・ワハハハハハ・・・}

「お兄ちゃんはお年玉預金30万円以上持ってる・・・」
{あっ、今年から“預金が30万円以上ある高校生は全額近所の信頼できるおじさんに預けなさい”っていう条例もできたから、お兄ちゃんに持って来るように言っといて!ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・帰ったらお兄ちゃんに言っときます。」
{信頼できる近所のおじさんって、NeXtの隣のおじさんの方が信頼できるからって隣のおじさんに持って行ったらだめねんぞ!オレ、怒るぞ!ワハハハハハ・・・}
残念・・・36万円儲け損ねた・・・



◎2013年


〈よもやま 415〉 〔2013年12月13日〕 【人間ウォッチ】
「お客様Y様」 (Mr.X)との会話

「今、寮生活なんですよ。150人くらい社員がいるんです。」
(たくさんおるね・・・・)

「そうなんです。冷蔵庫は共同なんで枝豆とかよくなくなるんです。」
(名前書いてないがけ?)

「書きませんね。ビールとかアイスクリームとかもう、どれが誰のかわからなくなって、なくなってしまって・・・ハハハハハハ・・・」
(オレ、ビールはなくなってもいいけど、アイスクリームがなくなると怒るよ!ワハハハハハ・・・部屋に冷蔵庫買って置けばいいがんないけ?)

「それがお風呂とトイレと冷蔵庫は共同なんです。決まりです。」
(そうなんや・・・冷蔵庫何台あるがけ?)

「4台ですかね。」
(少ねぇ・・・少なくない?もっと置いとけって感じやね・・・)

「でも、しょうがないですよね・・・お風呂は入ってるといろんな人がいますね・・・」
(お風呂ウォッチングしとるんけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・変な意味じゃないけど、おもしろいですよ!同じ職場の若いヤツで半身浴でずっと目をつぶっているヤツがいるんですよ。ハハハハハハ・・・変でしょ?」
(妄想しとるんやね!?ワハハハハハ・・・毎回け?)

「毎回です。共同風呂で半身浴はやめてほしいですよねぇ・・・それに風呂で単行本を読んでるヤツとか・・・ハハハハハハ・・・変でしょ!?」
(よっぽど、本が好きなんやね・・・あとは?)

「えーーーっと、やけに毛深いヤツとか・・・ハハハハハハ・・・全身毛だらけで、あれじゃ猛獣ですよ・・・ハハハハハハ・・・」
(その人、シャンプーしてそのまま体も洗うんかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・毛深いからよく泡立つんですよね。でも、そういうヤツに限って頭が薄いんですよね・・・どういう訳か・・・」
(ワハハハハハ・・・あとは?)

「あっ、寮のAさん、あの人は目がいってしまってるんですよ。皆、怖がってます。でも、最近、見ないなぁ・・・どうしたのかなぁ・・・」
(どっかに転勤になったんかなぁ・・・)

「どうなんですかね?」
(どっかに張り出してないが転勤のこと?わかるやろ!?)


「う〜〜〜んっ、わからないです。」
(目だけじゃなくて、本当にどっかにいってしまったんやね!ワハハハハハ・・・あとは?)

「え〜〜〜〜〜とっ、あ、あっ、この前、お風呂のイスに座ったんです。わかります?」
(わかるよ。それくらい・・・座ったんやろ?プラスチックのイスけ?)

「そうです。それが割れてて、その割れた所に尻の肉がはさまって痛いのなんのって“痛て!!この野郎!!”って叫びましたよ!アハハハハハ・・・あまりの痛さに尻がちぎれるかと思いましたよ!わかります?アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・わからん!あーーーっ、腹いてーーーーーっ!それって古いイスなんけ?)

「そうです。たくさんの人が座るから耐用できなかったんでしょうね・・・経年劣化・・・アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・腹いてーーーーーっ!)

「それが2度あるんですよ!アハハハハハ・・・メチャメチャ尻、痛かったですよ!わかります?アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・わからんて!腹いてーーーーーっ!Yさんの尻、どんなふうになっとるか見たくもないけど、痛そうやなぁ・・・真っ二つに割れたんけ?ガハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・イスの真ん中に穴があるでしょう。そこに淵からヒビが入って・・・アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・真っ二つじゃないげんね・・・)

「そうです!」
(ガハハハハハ・・・ヒビが入って、その片側に尻の肉が挟まれるって感じけ?ガハハハハハ・・・たまらんな・・・)

「アハハハハハ・・・そうです。そんな感じ・・・アハハハハハ・・・」
(定期的に古いイス、管理人さんに変えてほしいよね!ガハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・そうなんですけど、やってくれないです!」
(それでそのイス、管理人さんに渡したんけ?)

「次に誰か尻、挟まれるようにセットしてきました・・・アハハハハハ・・・」
さすが!やる〜〜〜うっ!お風呂ウォッチングの達人!次の展開をセットしてくるとは・・・でも、実は誰かにウォッチングされとったりして・・・


〈よもやま 396〉 〔2013年5月1日〕 【悪ノリ】
「お客様 I 様」 (Mr.X)との会話

「この前、取引先の女性から“Iさんておサルさんによく似てるね・・・前世はおサルさん?”って言われましたよ・・・アハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・その人、うまいこと言うよなぁ・・・)

「そんなに似てますかねぇ?・・・」
(うん、そっくり!ワハハハハハ・・・現世も来世もおサルさんって言えばよかったんに・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・こらっ!Mr.X!ところでこの夜桜の写真いいですね!こういう写真好きですね!誰が撮ったんですか?」
(お客さんや!うまいよね!)

「特にこっちの夜桜の写真いいなぁ・・・」
(そうやね!風情があるねぇ・・・ヨザクラもいいけどヨザルもいいがんないけ?ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・ヨザル?」
(“♪ヨザルは〜木〜を〜切る〜♪スコンコンコン〜♪スコンコンコン〜♪”ワハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・ヨザルいいですね!!」
(そうやろう!夜に木を切るげんよ。えらいよなぁ・・・)

「ガハハハハハ・・・夜にサルが木を切ったら、何かすっげぇーっ、不気味じゃないですか?」
(ワハハハハハ・・・大丈夫やて!)

「“♪ヨザル〜ヨ〜ザル〜♪も〜う日が〜暮〜れる〜♪”・・・」
(“♪ヨザル〜ヨ〜ザル〜♪も〜う日が〜暮〜れる〜♪”・・・仕事や!!ガハハハハハ・・・)

「今、加速したよね!加速したよね!」
(加速?・・・いいんじゃねぇ・・・)

「“♪ヨザル〜ヨ〜ザ〜ル〜♪”・・・ガハハハハハ・・・たまらんなぁ〜・・・今度カラオケで与作をヨザルの替え歌で歌ってみようかなぁ・・・いいすかっ?」
(う〜ん、いいかどうかはサブキタジマに聞かなわからんけど・・・ワハハハハハ・・・とりあえず、鼻の穴めいっぱいデカして歌わんなんよ!ガハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・ですよね!!」
(そうや!)

「そうですか!ガハハハハハ・・・ヨザル!ガハハハハハ・・・はまったわ!“♪ヨザルは〜機〜を〜織る〜♪スコンコンコン〜スコンコンコン〜♪”“♪トントントン〜♪”じゃないですよね!ガハハハハハ・・・」
(そうや!“♪スコンコンコン〜♪スコンコンコン〜♪”や!こぶしをきかせて!ヨザルは木を切るし、機も織るし働き者や!!ワハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・しかし、ヨザルってカテゴリー的にどうなんですか?」
(う〜ん・・・そうやなぁ・・・人間に一番近いサルかなぁ・・・ここにおる!ガハハハハハ・・・目の前におる!ガハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・マジで・・・しかし、無理ないですか?」
(えっ、どうして?ヨザクラ→ヨザクル→ヨザル!ほらっ!ねっ!ヨザル→ヨザク→ヨサク!ほらっ!!ぜ〜んぜん無理ないやろ!ガハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・無理矢理もってきますね!」
(ぜ〜んぜん無理でないって!自然に流れとる。誰にでもわかるやろ!・・・ワハハハハハ・・・)

「これ“雑談魂”に載せてくださいよ!」
(マジで・・・う〜ん・・・難しいなぁ・・・)
Iさんサル系・・・オレ?ゴリラ系・・・いや〜っ、Iさんと二人っきりでノリノリでこぶしをきかせて歌いました・・・フウっ・・・こんなんでいいが?大丈夫け?


〈よもやま 391〉 〔2013年3月23日〕 【誘導診察】
「お客様O様」 (Mr.X)との会話

(最近、体の調子どうなんけ?)
「あっ、2月の初め岡山に出張して帰ってきたら、インフルエンザになったんです。38℃くらい熱が出て・・・」

(そりゃ、大変やったね。岡山でうつってきたんやね。)
「それでいつも行っとる近くの医者に行ったんです。そしたら、その先生“最近、肝臓どう〜よ〜〜〜んっ!今年の健康診断の結果どうだったの〜〜〜んっ?”って聞くんです。インフルエンザで行ったのに・・・いつも健康診断の結果を持って行ってるんですけど・・・“先生、どうもインフルエンザらしいんで診てください。”って言ったら“普通、インフルエンザの患者さんは高熱でフラフラで来るんだよぉ〜〜〜んっ。検査しなくてもいいよぉーーーーーっ!大丈夫だよ〜〜〜んっ!”て“でもインフルエンザだったら、会社に連絡しないといけないし、会社も休まないといけないんで・・・”って言ったんです。そしたら“えっ?そうなぁ〜のんっ?会社休まなきゃいけないの〜〜〜んっ?いい会社じゃ〜〜〜んっ!!”って・・・ハハハハハハ・・・“する〜?”“ぜひ、お願いします!”って・・・インフルエンザの予防接種をしてあったんで、その時たまたま熱は下がってたんですけどね。それで“ちょっと待ってて”って言われて、しばらくして“出たよっ!出たっ!出たっ!!Aっ!Aっ!”って、だから“でしょう!!”って・・・小さくガッツポーズしましたよ!ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・何かすっげーーーっ軽くねぇ!?)
「そうなんです。ほんと!軽いんですって。」

(インフルエンザの予防接種はその病院でしたんけ?)
「いや、別の病院でしたね。」

(どうしてその医者へ行くようになったんけ?)
「会社の健康診断で胃と肝臓がひっかかって、奥さんが“どうしても胃カメラのんで診てもらって来て!”って言うもんで・・・結果は“再検査の必要はないけど、気になるようなら病院で診てもらってください。”程度だったんですよ。でも、奥さんが心配だからどうしてもって言われて行ったんです。そしたら、その先生“大丈夫だよ〜〜〜んっ!胃カメラなんてしなくてもいいよぉーーーっ!”て“でも、このままじゃ帰れないんでお願いしますよ。”って言ったら“そうぉ〜?する〜?じゃ、しようか〜〜〜っ”て・・・その病院は鼻からカメラを入れるんで痛くないってことだし、近所なんで行くようになったんです。鼻からの胃カメラは麻酔がすぐ効いて眠っている間に終わってるって聞いてたんです。でも、ぜんぜん眠くならないし“はい、入りま〜す。”って始まるし“はい、胃の入口で〜す。”とか言われるし、あれよあれよという間に終わってるし・・・ハハハハハハ・・・」

(終わってから麻酔効いてぐっすり眠ったんでないがけ?ワハハハハハ・・・で、結果はどうやったんけ?)
「“胃はきれいだよぉーーーっ!でも、逆流性食道炎ぽいなぁ〜〜〜っ”て言われて“胃がむかつくことなぁい〜?”って聞かれて“ないです。”ってこたえると“じゃぁ、すっぱいゲップはあがることなぁい〜?”とかいくつか聞かれたんです。でも、あてはまらないんで“ないです。”ってこたえたんです。そしたら“おかしいなぁ〜〜〜っ、あるはずなんだけどなぁ〜〜〜っ”って・・・ハハハハハハ・・・」

(何か、誘導尋問やね・・・ワハハハハハ・・・)
「そう、そうなんですよ!逆流性食道炎って診断したかったんじゃないかなぁーっ。ふと、振り返ると逆流性食道炎のポスターが貼ってあるんです。はっ、は〜〜〜んっ、これだなって思いました。ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・その日の診察が終わってからの反省会で“今日はOさんを逆流性食道炎にもっていけなかったよ〜〜〜んっ。すっご〜〜〜く、残念だよぉ〜〜〜んっ”て言っとったんでないけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そんな勢いですよ。」

(その病院、行き始めて長いがけ?)
「そうです。長いです。そもそも、行き始めたのは健康診断で肝臓の数値が悪くて行き始めたんですけど、その時“とりあえずビールは500でいこうよぉーーーーーっ”て言われて、え、えっ、オレ飲む量は350mlなんで増えてるじゃん・・・ラッキーって思いましたよ・・・ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・普通、先に飲む酒の量を聞いてから少なくしようって言うがんないけ?軽はずみ過ぎでない!?・・・ワハハハハハ・・・)
「そうでしょう!!メチャメチャ飲むと思っとったんでしょうね!」

(Oさん、本当はその先生との言葉のキャッチボールを楽しみにしとらんないけ?)
「ハハハハハハ・・・そうですかね!?最近、ちょっと小バカにしてるんです。どういうふうに言ってくるかなぁって・・・先生も上から目線で小バカにしてるんで・・・お互いに小バカにし合ってるんです・・・ハハハハハハ・・・」

(それが楽しみでその病院へ行っとるんやね!ワハハハハハ・・・)
「最近、その先生の言いなりになっちゃいけないって、こちらからしてほしいことを言わないとやってくれないってわかってきました・・・ハハハハハハ・・・」

(その先生あんまりやる気ないがんないけ?ワハハハハハ・・・一度、“医師の免許証を見せてください!”って見せてもらった方がいいがんないけ?ワハハハハハ・・・)
“胃がむかつくことなぁい〜?”って聞かれた時に“たった今、メチャメチャむかついています!”って・・・ワハハハハハ・・・どう?・・・そしたら、“はい、逆流性食道炎決定!”って?



◎2012年


〈よもやま 367〉 〔2012年9月7日〕 【激痛】
「お客様O様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「夏休み、どこか行ってきたんですか?」
{うん、札幌に行ってきた。家族3人で・・・}

「どうでした?」
{よかったよ!札幌は大都会や!いつも泉野に引きこもっとるさけ、初めて札幌に行ったけど、さっぽろわからんかった・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・出ましたね!ジンギスカン食べましたか?どうでした?」
{う〜ん、ジンギスカンねぇ?・・・くさい・・・オレ的には無理!2,3切れ食べて後、野菜食べとった・・・}

「えっ、そうでしたか?私が行った時はおいしかったですよ!お店がよくなかったんじゃないですか?」
{そうなんかなぁ・・・“玉子につけて食べてください。”って言われたんやけど、ご飯に玉子をかけて食べたかった。口の中にいおいが残って・・・そのお店出てから何かおいしいもの食べたかった・・・}

「でも、やっぱりにおいはありますね。私は平気ですけど・・・それなら、どこで食べても無理かなぁ・・・あとどうでした?」
{小樽で海鮮丼食べてんけど、それがまた・・・その時、子どもがおみやげ店をたくさん回ってお昼ご飯が2時半くらいになったんや。それであるおみやげ店の隣で店頭にいけすがあって、その奥のテーブルで食べられるようになっとったからその店に入ったんや。でも、何か変ねんて。“お客さんがぜんぜんおらんなぁ”ってMs.Yに言ったら“まぁ、時間が時間やから・・・”って言うもんでそうなんかなぁって思って注文したんや。それで出てきた丼見た瞬間、鮮度が悪そうで案の定まずかった。最悪!後から考えるとテーブル席から調理場が見えたんやけど、注文をとりにきたのが茶髪の現役のイケイケのヤンキー姉ちゃんみたいな人で、その人が厨房で作っとったから・・・もうだめや!ねっ・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・それ店が悪かったね!」
{そうねんて。その店出てから200mくらい先にも海鮮丼の店があったんやけど、中のぞいたら“まぁ、時間が時間やけど”いっぱいお客さんが入っとった!もう、残念で残念で・・・}

「それは残念でしたね!ホテルはどうでした?」
{ホテルは全日○ホテル!}

「え、えっ、すごいじゃないですか!一流!・・・高かったでしょう?」
{それが早割りで朝食付いて、1泊¥5,000}

「え、えっ!安い!ビジネスホテルより安い!いいですね!」
{オレ達、高いホテルに泊まれるわけないやろ!それがMs.Yが部屋のどこかが“くさい!”って言うげんて・・・}

「えっ、それってあり得んでしょう!?本当に全日○ホテル?A○Aの○がMやったんじゃないですか?ハハハハハハ・・・」
{ガハハハハハ・・・○がM!?ガハハハハハ・・・アマや!海女!・・・海、潜らんなん!・・・ガハハハハハ・・・無理っ!・・・腹、いてーーーーーっ!}

「ハハハハハハ・・・それとも全に点、点がついとらんかった?金日○ホテル?ハハハハハハ・・・」
{ガハハハハハ・・・金日○ホテル?Oさん、おいしいとこもってくなぁ・・・オレよりおもしろいこと言うなぁ・・・ガハハハハハ・・・あーーーあっ、腹、いてーーーーーっ!超ーーーーーっ、不愉快!!ガハハハハハ・・・それじゃまるでどこぞの国のパクリみたいやがいね!!ガハハハハハ・・・Oさん、やるなぁ・・・まいったなぁ・・・}

「しかし、食事もホテルもさんざんでしたね。もったいないなぁ・・・」
(いや、ホテルはくさいと言ってもたいしたことはなくて、最終日の帰る頃になってくさい原因がわかったんです。だから、それまではとても楽しく過ごせてよかったんですよ!)

「どこがくさかったんですか?タバコ?」
{禁煙ルームやったんや!}

(寝てる時、寝返り打ってベッドの端の方へいくとなんか、くさいんですよね。それでベッドとベッドの間に子どもの靴があるんかなぁと思って見たら、そこになくてベッドの足元の方にあるんです・・・“おかしいなぁ”と思って・・・隣に寝ている子どもの足が私の顔の鼻のそばにあるのかなぁと思って見たんですけど・・・ハハハハハハ・・・ないんですよね。だから“気のせいかなぁ”と・・・そのあとまた寝たんです。で、次の日子どもの靴やら私の靴やら“クンクン”かいだんやけど、そんなにくさくないし・・・私の他は誰もにおいに気付かないみたいやし・・・で、最終日床にバックを置いて荷造りしてたら、やっぱり何かくさいんです。“あっ、カーペットや!”ってそこでわかったんです。ハハハハハハ・・・)
「うわっ、最悪やね!」

(Mr.Xは“どうして早く言ってくれないんや!オレ裸足で歩いとったんやぞ!”って言うんです。“でも、今、気付いたもん!”でしょう!?)
「部屋かえてもらえばよかったんに・・・」

{“くさいんでかえてください!”って?・・・ワハハハハハ・・・“ですよねぇ”って言ったかなぁ?}
(それじゃ、ホテルの方もわかってるってこと?ハハハハハハ・・・気付いたのがもう、帰る時だし・・・って言うか・・・帰る時まで気付かなくてよかったよ!楽しく過ごせたもん!!)

{やっぱり、¥5,000やったし・・・だからこんなくさい部屋やったんかなぁ・・・ワハハハハハハ・・・値段が値段やから、こんなもんや!}
くさいものには蓋を!・・・まさかの展開、油断しました・・・バカうけ!・・・Oさん、やられました。まいりました。


〈よもやま 365〉 〔2012年8月31日〕 【借金嫌い】
「お客様T様」 (Ms.Y)との会話

「大学生の息子が“どこかに200円落ちてないかなぁ〜”って言うんですよ。」
(“200円?”)

「そう“何?200円て?”って言ったら“富山、行ってる友達が遊びに来いって言うから・・・でも、電車代が足りないんだよね・・・700円はあるんだけど、あと200円。この家の中に落ちてないかなぁ〜と思って・・・”って言うんです。」
(ハハハハハハ・・・大学生もお小遣いが厳しいのね!アルバイトの給料日前かな?しかし、少額・・・)

「ハハハハハハ・・・そうそう、しょうがないから2,000円出して“貸してあげるから・・・”って言ったんですよ。そしたら“いや、そんなにいらないんや、200円あればいいんだけど・・・どこかに落ちてないかなぁ〜”って探すんですよ。ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・借金はしたくないんだね。借りたら返さんなんし、返すのはいやなんだね!)

「“でも、富山に行ったら飲み食いするのにお金がいるでしょうが!”って言ったら“あっちに行ったら友達がおごってくれるって言っとるし、帰りは友達の車に乗って帰って来るから行きの電車代だけあればいいんや!どこかに落ちてないかなぁ〜”って“そんなもん落ちとるわけないやろ!!”って・・・ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・いい友達やね!)

「財布の中、見たら小銭が100円玉3つと500円玉1つあったんでしょうがないから家の中にポンポンってまいてやって・・・“ほら、探せ!!”って・・・ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・まいてやったの?)

「うん、そしたら“あった、あった!300円あった!!”って言うから“その座布団の下も見てみい!”って言ったら“おっ、500円玉もあった!!”って・・・で、喜んで出かけていきました・・・ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・2人しておもしろい親子や!宝探し親子!!)
どこかに2万円落ちてないかなぁ〜・・・部屋にまいてくれないかなぁ〜・・・まいてくれたら、すぐ探すのになぁ〜・・・2人しておもしろい夫婦!宝探し夫婦になりたいなぁ〜


〈よもやま 363〉 〔2012年8月25日〕 【欲】
「お客様N様」 (Mr.X)との会話

(あれ?これっ!?)
「そうです。パワーストーンです。富山の専門店で買いました。左手に付けるとパワーの蓄積です。右手はパワーの放出です。」

(最近、付けとる人多いねぇ・・・左手と右手に付けるとプラマイゼロでないけ?ワハハハハハ・・・効果あるけ?)
「ありますよ!この前、パチンコに行ったんですけど、すごく出ました!!」

(右手にパワーストーン付けとったんけ?)
「はい、そうです。」

(ギャグに効果のある石ないけ?あれば欲しいなぁ・・・ワハハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・あると思いますよ。すごい種類の石があるんで・・・」

(石は大きい方が効果あるがけ?)
「う〜〜〜ん、多分そうですね。大きい方がいいです。占い師が使う大きな水晶みたいのもありますから・・・」

(でっかい石、2,3個使ってもらって、頭に巻きつければギャグさえるかなぁ・・・ワハハハハハハ・・・最近、ギャグさえんし“雑談魂”不足やから・・・)
「大きい石1個でも、効果あるんじゃないですか?1個を頭にドンと乗せとけば、それだけで笑えるでしょう!ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・頭に1個乗せるって、見た目で笑えるがやったら、そこら辺の丸目の石探して乗せるだけでいいがんないけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうですね。」

(本物の石やったら重たいさけ、軽いまがい物でもいいかぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・ダメですね!パワー不足!」

(ワハハハハハ・・・パワーストーン付けとるせいで評価きびしくないけ?ワハハハハハ・・・パワーストーンはずしてくれんけ?そしたらバカウケかもしれんし・・・ワハハハハハハ・・・)
パワーストーンすすめてくれたんはいいけど・・・付けなくても大丈夫とは言ってくれんかったなぁ・・・残念


〈よもやま 355〉 〔2012年7月26日〕 【逃亡】
「お客様H様」 (Mr.X)との会話

(夏休みか盆休みあるがけ?)
「お盆の頃に3日間くらいですかね・・・あれっ、NeXtの休みですね。」

(目に入ったけ?)
「入りますよ!鏡面に貼り出してあるから・・・目に入るように貼ったんでしょう!?」

(そうや!わかったけ?ワハハハハハ・・・)
「どこか海外にでも行くんですか?」

(海外?オレ、飛行機嫌いやから・・・飛行機に乗っとるが嫌いやから、パラシュートで降りんなん・・・ワハハハハハ・・・)
「スカイダイビングですね!」

(スカイダイビング好きなんけ?)
「嫌いじゃないですね!やってみたい!」

(オレ、大嫌いや!高い所とカタカナのスとカとイ嫌いやね!まぁ、イとカとスでもいいげんけど、嫌いや!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・じゃ、スイカは嫌いなんですね!」

(すいか?好きやね!)
「え、えっ・・・おかしいでしょう!?スとカとイ嫌いなんでしょう!ハハハハハハ・・・」

(すいかはひらがなか、にし(西)にうり(瓜)じゃないけ?ひらがなか漢字なら大丈夫!ワハハハハハハ・・・)
「しまった!ひらがな、漢字以外でって最初に言っとけばよかった!失敗!もっと先を読んで追い込めればよかった・・・逃げ道をつくってしまった・・・」

(ワハハハハハ・・・カタカナで書いてあったら買わんね!でも、最近のすいかってあんまり甘くないがんないけ?つぎ木してあるげんろ?)
「そうですか?でも、高いスイカはおいしいですよ!」

(ワハハハハハ・・・オレ、高いが嫌いやから・・・ワハハハハハ・・・Hさん、東京に行く時、飛行機け?JRけ?)
「極力、飛行機に乗りたいですね!離陸の時のGがたまらないんですよ!」

(シートに体がめり込むから降りる時、両肩をキュッキュッて出さんなん・・・)
「ハハハハハハ・・・そんなに入ってたら、背骨折れてますね!」

(ワハハハハハ・・・そうかなぁ・・・オレは絶対にJRで行くね!オレ、アルファベットのJとR好きやから・・・)
「ハハハハハハ・・・」
いや〜っ、危なかったなぁ・・・もうちょっとで息の根止められるところやった・・・逃亡者の気分・・・


〈よもやま 351〉 〔2012年6月22日〕 【至大人】
「お客様S様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「この間、酒飲んで記憶がとんじゃって・・・こんなの初めてです・・・」
(とうとう、やっちゃいましたか、何飲んだの?)

「日本酒です。部活の同級生だけで飲んでたんですけど、盛り上がっちゃって・・・」
(どの位飲んだの?)

「おちょうし2本位、一気で・・・」
(う〜ん、日本酒はきついよねぇ・・・)

「前の飲み会で部活の男子部と女子部で、どっちが強いか飲み比べしたんですけど、負けました。」
(女子の方が強いの?)

「むちゃ強いです!最後は“もうだめ”って寝たふりしてました。」
(死んだふり?)

{“マウストゥマウスしてくれ!”って言わんかったんけ?ワハハハハハ・・・}
「そんなこと言ったら女子からブーイングですよ。ハハハハハハ・・・」

{いやいや、男、男や!・・・ワハハハハハ・・・}
「男にマウストゥマウスされたら、いっぺんに酔いがさめてしまいますね!ハハハハハハ・・・」

{ワハハハハハ・・・酒はさめてしまうかもしれんけど、違うそっちの方にめざめるかもしれんよ!ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・なんだかいやですね、そういうの・・・」

(で、今回はどこから覚えてないの?)
「友達に支えられてトイレに行ったのは覚えているんですけど・・・気がついたら家でした・・・」

(お母さんは何か言ってた?)
「いえ、寝てました。」

(じゃ、友達が家の中まで連れて入ってくれたの?)
{玄関に立てかけてなかったけ?ワハハハハハ・・・倒れんようにドアにはさんで・・・“かなり酔っ払っとるけど、ちゃんと立っとった!心配いらん大丈夫や!!”って先輩に報告しとったりして・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・ちゃんと布団で寝てたんで、自分で歩いて入ったんだと思います。」
{ワハハハハハ・・・酔っ払っとったから、ほふく前進ではって布団に入ったんやろ!?}
保育園時代からのS君を知っとるけど、もう、酒を飲むようになったとは・・・しかも、かなり飲めるらしい・・・オレ、飲めないのに・・・まいったなぁ・・・


〈よもやま 346〉 〔2012年5月15日〕 【人生はチャレンジ!】
「お客様O様」 (Mr.X)との会話

(今日、休みけ?)
「はい、休みなんですけど、これから学校へ行って勉強するんです。」

(えっ?学校?・・・かっこいいね・・・がっこいいね・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・ニッケンガクインって言う学校へ行って勉強しないと・・・」

(ワハハハハハ・・・“ケーキヤケンちゃん”と違うげんねっ!)
「ハハハハハハ・・・“ケーキヤケンちゃん”ってその時点で、もう今の若者はわからないでしょう!」

(ワハハハハハ・・・そうやね!・・・何か“お前、何、気抜いとれん”って顔しとるじィ・・・“くだらんギャグ言うて何、余裕つけとれんて”って感じけ?)
「ハハハハハハ・・・そんなことないですけど・・・問題は四択なんです。」

(ワハハハハハ・・・キムタクでないがけ?)
「ハハハハハハ・・・キムタクならねぇ・・・すぐ答えられます!試験問題の内容は電車の問題とか出るんで日常生活とまったく関係ないんで覚えられないですよ。」

(どんな問題が出るがけ?)
「う〜ん・・・パンタグラフのこととか・・・」

(パンダの体調管理のグラフけ?パンダグラフ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そんな問題やったらすぐわかりますね!サービス問題ですね!パンタグラフに関係のあるものを選べなら×、関係のないものを選べなら○です。」

(問題よく読まんなんね!ワハハハハハ・・・コカコーラの売上げグラフ?ファンタグラフ?)
「ハハハハハハ・・・サービス問題!」

(あと、どんな問題出るがけ?)
「ロードローラーとは何に使うかとか・・・」

(ワハハハハハ・・・サイジョウヒデキじゃないげんね・・・)
「ハハハハハハ・・・ぜんぜん違います!サービス問題!若者はわからんでしょう・・・あと、この工法は何かとか・・・」

(ワハハハハハ・・・前方ではないとか・・・)
「ハハハハハハ・・・違います!サービス問題!・・・こんなサービス問題いっぱい出ないかなぁ・・・」

(合格点は?)
「6割以上ですね!」

(資格とれば給料上がれんろ!?)
「はい、上がりますね!以前、電気三種を取ったんですけど、上がりました!」

(よかったがいね!)
「そうなんですけど・・・小遣いは変わらないんで・・・」
Oさん、がんばって!小遣いが上がればなぁ・・・気合いも入りそうなんになぁ・・・オレに問題作らせれば、絶対合格や!


〈よもやま 342〉 〔2012年4月27日〕 【禁煙外来】
「お客様S様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「タバコ止めて3年位になるんですよ!」
{どうやって止めたんけ?}

「禁煙外来で脳に働きかけて、タバコがまずくなって嫌いになる薬を飲んだんです。飲み始めた時、先生に“普通にタバコ吸ってもいいよ!そのうち、まずくなって吸う気がなくなるから・・・”って言われて普通に吸っとったんですけど、すごくタバコがうまいんでずーっとスパスパ吸っとったんです。それで1ヶ月位して病院へ行ったら“どうや、タバコまずくなったか?”って聞かれて“ぜんぜん、うまいです!”って答えたら“おかしいなぁ・・・これじゃ報告できんなぁ・・・困ったなぁ・・・薬飲み始めて1ヶ月になるから、そろそろタバコ止めてくれんか!”って頼まれて・・・ハハハハハハ・・・」
{え、えっ、薬効かんかったんけ?ワハハハハハ・・・どうやって止めたん?}

「無理することなく、そのうち止められました。」
{ワハハハハハ・・・禁煙外来の看板下ろさんなんなぁ・・・その先生、その後“この薬はたまにまずくならない人もいますけど・・・”って説明するようになったやろなぁ・・・薬、いらんかったんでないけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・ですよね!」
{葉巻ってどうなんけ?}

「葉巻ってタバコと違って肺に入れないからいいんじゃないですか!」
{え、えっ、葉巻って肺に入れんがけ?}

「そうです。入れないで口の中に入れて出すだけです。知り合いの外国人で吸っている人がいるんですけど、葉巻の吸い口の所を専用のカッターで切って専用のライターで火を付けるんです。それがすごくかっこいいですよ!」
{へーーーーーっ、知らんかった・・・アメリカTVドラマでよく出てくるんやけど、えーっと・・・有名な葉巻・・・えーっと・・・どこ製の葉巻が有名やったけ?・・・}

「パナマ産?・・・」
{えーーーーーっと、よくTVドラマに出てくるんやけど、どこやったかなぁ・・・“アメリカのTVドラマによく出てくる葉巻ってどこ産やったけ?”}

(キューバ産の葉巻じゃない?禁制品がどうのこうのって言ってるよ・・・)
{そうやそうや、キューバ産や!それそれ!キューバや、鼻の所に葉巻持っていって、においかいどるシーンがよくあるんやって!}

「そうそう、キューバ産!キューバって野球も強いですよね!」
{葉巻って金沢で売っとるんけ?身近な人で葉巻吸っとる人見たことないげんけど・・・}

「いやーっ、売ってますよ!」
{葉巻はキューバ産、日本で出産する時はサンバサン!ワハハハハハ・・・どうけ?}

「う〜ん・・・」
{えっ・・・おもしろなかったけ?キューバ産、サンバサン!}

「いやーっ、おもしろかったですよ・・・」
{ワハハハハハ・・・顔が“おもしろくない!”って言っとるげんけど・・・}

「ハハハハハハ・・・そんなことないです・・・」
確かにあの時、おもしろくないって顔しとった・・・間違いない!所詮、急場(キューバ)しのぎのギャグやから・・・



◎2011年


〈よもやま 312〉 〔2011年9月2日〕 【コントロール不能】
「お客様T様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

クォ〜〜〜、グォ〜〜〜、クォ〜〜〜、グォ〜〜〜
「あっ・・・あの・・・僕、寝てました?」

(うん、お疲れやね!)
「あの・・・いびきかいてました?」

(うん、ちょっとね・・・)
「僕、いびき、ひどいんですよねぇ・・・やってしまいましたか・・・」

(たいしたことなかったよ!)
「本当ですか?・・・僕、若い頃、高速バスでいびきかいて隣の人に“いい加減にしてください!!”って言われたことあるんですよ。」

(“いい加減にして”って言われてもどうしようもないよねぇ・・・)
「だから僕、それからずーっと起きてました。“いい加減にしてやるわい!”って思って・・・自分より5,6歳も若い15,6歳位の子に言われて、すごくショックでしたよ・・・縮みますよね・・・ハハハハハハ・・・でも、そこで切れるわけにいかないでしょう!?大人だから・・・ハハハハハハ・・・」

{ワハハハハハ・・・切れてない!みたいな・・・}
(自分じゃ、止められないしね。Tさん、若い時は痩せてたよね!棒みたいに・・・いびきは体型じゃなくて遺伝的な鼻の構造のせいかな?・・・)

「僕のは気道が原因なんで・・・そう言われました。鼻に付けるテープとかもぜんぜん効かないんです。」
{気道、埋めてしまえば止まるがんないけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・そうしたら、間違いなく僕、死んじゃいますね!・・・学校の合宿とかすごくいやでしたね!“お前のいびきすごいなぁ”とか必ず言われましたから・・・」
(若い時って、そういうの辛かったでしょう!?)

「そうなんですよ!行きたくなかったです。」
(でも、さぼらずちゃんと行ったんだ。偉い!!今は?)

「会社の旅行とか?後輩に“勘弁して下さい!”って言われたことあります・・・ハハハハハハ・・・」
(この年なら他にもいびきかく人がいるでしょう?いびきのかきっこで“オレの勝ちや!!”とか競えば?ハハハハハハ・・・)

「いやいや、勝ってもうれしくないです。ハハハハハハ・・・」
いびきのかきっこで競って、社員全員参加したら・・・もう・・・暴走族・・・


〈よもやま 308〉 〔2011年8月5日〕 【面接指導】
「お客様T様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(受験生やったね!塾行ってるの?)
「いやっ、やめた!」

(やめたの?どうして・・・)
「成績上がらなかったから・・・やめたとたんに上がったし・・・」

(すごい!!自力でやった方がよかったんやね!塾に頼る気持ちがいけなかったのかなぁ?自覚が芽生えたとか?)
「今のクラスがいいみたい!」

{あ〜あっ、T君も来年は県外かぁ〜}
「うん、親は県外じゃなきゃだめだって・・・“外の世界を知らないかん!”って・・・」

(わぁ〜、広い世の中を見てこいって?)
{それなら、外国やな!英語圏ならOKやろ!?}

「ハハハハハハ・・・まぁ・・・でも、国内でいいです・・・成績も上がってきたし、指定校推薦がとおれば面接だけで終わるんやけど・・・」
(とおりそうなの?)

「う〜ん・・・わからん・・・9月に校内選考があるんやけど・・・」
(それまでは勉強もせんなんね!面接の練習は?)

「ぜんぜん、何聞かれるかわからんし・・・」
(“高校生活で一番がんばったことは?”とかじゃない?・・・明るくハキハキと・・・)

{じゃぁっ、これから面接ごっこしよう!}
(え、え〜っ、ごっこじゃねぇ〜なんだか・・・)

{T君が面接官役のオレ達を笑わせたらポイント加算でオレ達がT君を笑わせたらポイント減点って、どうけ?ワハハハハハ・・・}
(ハハハハハハ・・・そんなんじゃ、何の役にも立たないじゃない!ねぇっ!)

「うん!」
(あれっ、眉毛細くない?細過ぎると面接の時よくないよね!)

{そりゃそうや!}
「大丈夫だと思うけど・・・」

(マジックで書く?)
{マジックじゃ面接官、見破るやろ!アデランス行くけ?ワハハハハハ・・・}

「アデランスは高いから・・・」
(それじゃ、100均で付けまつげを何本か買ってきて、束ねてつける?ハハハハハハ・・・)

「100均はすぐ壊れるから・・・」
(面接のほんの短い時間だけ、くっついていればいいから大丈夫なんじゃない!)

{面接の途中ではがれたりして・・・ワハハハハハ・・・それがちょうど鼻の下にずれてついたりして・・・ワハハハハハ・・・面接官に“君、鼻毛が伸びてるんじゃない!?”って言われたりして・・・ワハハハハハハ・・・}
(ハハハハハハ・・・それはヤバイよね!)

{ワハハハハハ・・・大幅に減点や!}
誰かしっかりとつける方法知らんけ?・・・自信持って面接行けるがになぁ・・・


〈よもやま 303〉 〔2011年6月26日〕 【秒刻みの検査】
「お客様A様」 (Mr.X)との会話

「この前、人間ドックで某病院に行ったんですけど、ピロリ菌がおるってわかって退治することになって薬を飲んだんです。」
(それって何日間か薬飲まんなんよね!)

「そうです。1週間です。それで1ヶ月位して菌がいなくなったか検査しにその病院に行ったんです。その時の看護婦さんがすごく時間にうるさいんですよ。“この薬は空気に触れるとよくないから私が袋から手のひらに出したら、すぐ口に入れてコップの水を口の中でゴロゴロさせないでゴクゴク飲みほして流し込んで!”みたいに言うんですよ。本当かよ!!って思いながらやってたんですけど・・・ハハハハハハ・・・」
(ポン!一気、一気みたいな・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・それから薬を飲んだら、すぐに“5分間左側を下にして寝て!”って言われてストップウォッチを見せられて、5分間左側を下にして寝るんですね!って復唱して寝ました。何か時間的にすごくせかされた気がして・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・さぁーーーっ、始めましょう!ワン、トゥ、スリー、フォー、さぁーーーっ、いっしょに時間を守って!はい!吸って、はいて、吸って、はいて、吸って・・・踊って!・・・みたいな・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・それじゃ、まるでエアロビじゃないですか!」
(ワハハハハハ・・・その看護婦さん白衣の下にレオタード着とらんかったけ?)

「ハハハハハハ・・・そこまで見てないですよ!その後、15分間座るんです。15分間座った後、息を止めて、その後2回息をはくんですけど、そのはいた息を検査するらしいんです。で、ストップウォッチを渡されて“10秒前の14分50秒になったら、息を整えてね!”って言われたんですけど・・・整わなかったですね!ハハハハハハ・・・しかし、菌の検査って普通、1秒や2秒でそんなに変わるもんなんですかね?誰かに聞いてみてくださいよ!まったく・・・」
(うん、聞いてみるよ!・・・実はAさんイケメンやから、その看護婦さんの好みのタイプやったんでないけ?ワハハハハハ・・・“この人、私の言いなりにしてみたい!”って思ったんでないけ?ワハハハハハ・・・もし、オレやったら“薬飲んだら適当にウロウロしとって!”って言われるがんないけ?時間がきてもいい加減に見て“はい、終わり!”って・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・先生の説明はいい加減やったんですけどね・・・」
(ワハハハハハ・・・そうやろ!その先生、検査の後、看護婦さんのところに来て“今日はどうやった?”って聞いとったりして“先生!今日の患者さん、私のタイプ!私の言う通り素直でいいなりでした!私とっても満足!!”って言っとったりして・・・ワハハハハハ・・・)
検査の結果、菌がいなくてよかった!お大事に!


〈よもやま298〉 〔2011年5月21日〕 【1階の1人暮らし】
「お客様 O様」 (Ms.Y)との会話

(Oさん、1人暮らししたことあるんですか?)
「大学時代にしてました。ボロいアパートで家賃が月2万5千円でした。」

(安い!)
「田舎でしたから、壁は薄いし歩く音とかみんな聞こえましたね。」

(1階だったんですか?)
「ええ、2階は女の子しか入れないんですよ。1階は男も女も入れるんですけど・・・でも1階には住むもんじゃないですね。」

(どーして?)
「のぞきが出るんですよ。何度か怖い思いをしました。」

(わぉっ!どんな?)
「1Kだったんで風呂に脱衣所がないんですよ。風呂からあがって玄関でタオルで体を拭いてたら、何か“気配”を感じるんですよね・・・ふっと見ると郵便受けから目がのぞいてたんです!」

(え、えっ、ビックリやね!追いかけなかったの?“待てーっ!”って・・・)
「いや、その時、素っ裸だったんで・・・僕が捕まっちゃいます・・・ハハハハハハ・・・」

(ハハハハハハ・・・そうね!警察のご厄介になっちゃいますよね・・・)
「2回目は夏の夜だったんですけど、部屋にエアコンがなかったんで窓を少し開けて寝てたんですよ。そしたら夜中に窓がスーーーッて開くんですよ。その時は追いかけました!逃げられたけど・・・」

(え、えっ、いろいろ経験してますねぇ!それって女の子の部屋だと思ってのぞいてるんですかね?)
「そうでしょうね!他の部屋ものぞかれてたみたいでその後、張り紙されてましたよ。“のぞきが出ました!”って・・・」

(だけど、窓が少し開いててちょっとのぞけば男の部屋か女の部屋かわかりそうなもんじゃない?においとかちらかり具合とか・・・Oさんの部屋きれいに掃除してたの?)
「いいえ!ぜんぜん!汚かったです。ハハハハハハ・・・」

(う〜ん?・・・それって男をねらってたりして・・・Oさんのことタイプだったんじゃない?ハハハハハハ・・・)
「うわっ!もっと気持ち悪いじゃないですか!?ハハハハハハ・・・」

(Oさんスポーツマンだったんでしょ?筋肉ムキムキの・・・女の子だけじゃなく男の子からも人気があったりして・・・わぉっ!ハハハハハハ・・・)
「僕は普通の健全な大学生活を送ってました!!」
のぞきの気配・・・経験ないけど、怖いなぁ!風呂に入っとる時に入ってこんくてよかった!!


〈よもやま297〉 〔2011年5月21日〕 【ブラックダジャレ】
「お客様M様」 (Mr.X)との会話

「ここイスラエルの死海に行ってみたくないですか?琵琶湖の1.5倍、塩分濃度30%どんなに泳げない人でも浮くんですよ!」
(どうして濃い塩水になったんかな?・・・近所の人が暇さえあれば塩を投げ込んどったんかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・ですかね?」
(人を沈めようと投げ込んでも浮いてくるね!・・・ワハハハハハ・・・警察に“死体遺棄したなっ!”って言われても遺棄じゃないです!“死体浮きです!”って言えるよねワハハハハハ・・・)

「はっ?」
(どうしたん?何か喰いついてこんじィ・・・)

「ハハハハハハ・・・あまりに発想がすごいんで面白さを通り越してしまって・・・ハハハハハハ・・・“飛び込んでもいけない、バチャバチャしてもいけない。一滴でも目鼻に入ったら痛みにたちまち悲鳴をあげる。傷口があろうものなら激痛が走る!”って書いてありますよ!」
(結局、その人中に入ったんけ?)

「はい、入って新聞を読んだらしいですよ!ハハハハハハ・・・」
(え、えっ、何っ・・・ワハハハハハ・・・しんぶんられないね!ワハハハハハ・・・)

「はっ・・・???・・・」
(どうしたんけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・しん、しかあってないですね!無理矢理もってきますね!」
ちょっと、ブラックやったけ?死海で泳いだ後、検診に行ったら塩分取り過ぎって言われるなぁ!?間違いなく!


〈よもやま294〉 〔2011年5月14日〕 【即診】
「お客様O様」 (Mr.X)との会話

「3月頃からくしゃみが止まらんくて、ノドの調子がいまいちなんですよ。」
(花粉症なんでないがけ?)

「そうかなぁ・・・」
(今、かもがやってイネ科の植物やよ。医者行ったんけ?)

「行ってないです。何科かなぁ・・・」
(耳鼻科でないけ?)

「最近、医者行ってないしなぁ・・・」
(行ったがいね!ノドの脂肪手術で・・・)

「ワハハハハハ・・・よく覚えてますね!かなり前ですよ。」
(あの日は手術当日やったね!)

「そうでしたか?・・・しかし・・・よく・・・もしかしてストーカー?ワハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・ストーカーってうれしそうやね!・・・)

「この前、医者に行ったのが・・・えーーーっと咳が止まらなくて近くの医者に行ったんですけど、診察室に入って“どうしたの?”って聞かれて“咳が止まらないんです。”って言うと“う〜ん、原因はウイルス性とアレルギー性があるけど、Oさんどっちだと思う?”って言うんです。それで“そうですね。花粉症なんでアレルギー性ですかね!?”って答えたんです。そしたら“じゃ、アレルギー性ってことで薬出しておきますね!それでもよくならなかったら、また来てください。”って・・・はぁっ?え、えっ?もう、終わり?って思っていると“それじゃ、待合室へ!”って・・・オレ、百日咳みたいなすごい診断が出るかなぁって思ってたんです。ワハハハハハ・・・オレ、正解したよ!オレ、診断くだしちゃったよ!って感じで・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・ノドとかみんかったんけ?)

「みなかったですね!あ〜んとかもなし・・・普通、その会話の後に“それじゃ、詳しく調べましょう!”って言いそうなもんでしょう!それも二択ですよ!二択!」
(ワハハハハハ・・・せめて三択にしてほしいよね!)

「ワハハハハハ・・・ですよね!家に帰って家族に話ましたよ。皆、知らん顔でしたけど・・・ワハハハハハ・・・」
(診察料払ったんけ?)

「もちろん、払いましたよ!」
(“先生、オレ、診断したんですよ!”って言えば薬代だけですんだんでないけ?ワハハハハハ・・・しかし、すごい先生やね!診察室に〔眼力!〕って書いてなかったけ?ワハハハハハ・・・)

「ワハハハハハ・・・書いてなかったですよ!でも、数十秒の会話だけですよ!もう、絶対に治してやろうと思いましたよ!また次に行ったら“ウイルス性ですね!薬出しときます。”って言われるのに決まってるでしょう!くやしいじゃないですか!ワハハハハハ・・・」
(それで治ったんけ?)

「2週間ほどしたら治ってました!」
(ワハハハハハ・・・アレルギー性でもウイルス性でも2週間もしたら治っとったんでないがけ?)

「ワハハハハハ・・・ですかね?・・・この前、会社の後輩がやっぱり咳が止まらないって言うんで“原因はウイルス性とアレルギー性があるけど、どっちにする?”って言っときました・・・ワハハハハハ・・・」
さすがOさん、やる〜うっ!後輩喜んだね!“どっちにしても2週間くらいしたら治るから”って言えばよかったんに・・・もし2回目行って治らんで3回目行ったら、先生の診断何て出たんかなぁ・・・


〈よもやま290〉 〔2011年4月24日〕 【休日、時間外】
「お客様T様」 (Mr.X)との会話

(あれっ、Tさん泣いとったんけ?涙声やじィ!)
「ちょっと、風邪ぎみで・・・」

(別人やね、目つぶっとったら誰かわからん!病院行ったんけ?)
「オレ基本、病院とか行かんから・・・」

(えっ、医者も病院も嫌いなんやね!最後に病院行ったん、どれくらい前け?)
「3年位前かなぁ・・・10年ぶりに行ったんやけど・・・ハハハハハハ・・・」

(すごいね!何で行ったんけ?)
「その時はオレ初めて少し熱が出て行ったんやけど・・・」

(熱何度位出たんけ?)
「39℃位・・・」

(えっ、充分高熱やがいね!)
「それが日曜日で休日の当番院の某病院に行って、そこの先生に血採ったりして診てもらったんやけど“私、眼科が専門やから明日月曜日にもう一度来てください!”って言われて・・・はぁっ?眼科?って感じやろ・・・ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・それなら産婦人科でもよかったみたいな・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それで眼科の先生の処方してくれた薬飲んで次の日また、病院に行ったんやけど、また同じ薬出されて・・・結局その薬飲まんとそのままや・・・ハハハハハハ・・・」

(治ったんけ?)
「まぁ・・・治った・・・そんなことがあったから・・・」

(病院についてないね!まだ、何かあったんけ?)
「え〜と、その前は目にゴミか何か入って痛いもんやから家の近くの眼科に行ったんやけど、その時も休日と時間外が重なって・・・」

(何か休日が多いね・・・)
「そうねんて・・・それで目のゴミなんてすぐとれるやろ、だから治療というか、すぐ終わったんやけど料金払う時になって、その先生に“休日と時間外やから高いよ!”って言われて財布に15,000円位入っとったから、まぁ大丈夫やろうと思って“いいですよ。”って言ったら、その先生“びっくりするほど高いと思うよ!”って言うげんて・・・ハハハハハハ・・・普通そんなこと言わんやろ!」

(そうや、そんなこと言わん!)
「そうやろ!それで言われた金額が24,000円ねんて、あり得んやろ!」

(えっ、えーーーーーっ、何それ!高いね!高過ぎやろ!目のどっか手術したんですか?って金額やね!坊主丸儲け!って言うけど、医者丸儲けやね!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・その時、保険証持って行っとらんかったから“保険証持ってきたら返金する”って言われて・・・それにしても目のゴミちょこっととっただけやよ!高いって!」

(そうやね!“びっくりするほど高いわ!”って言わんかったんけ?)
「言うたよ!“そんなに高いがけ?”って・・・お前の時給いくらなんや?って思ったわ!もう、二度と行くもんかって・・・」

(その後、保険証持って行ったんけ?)
「行ったよ、次の日に・・・」

(じゃぁ、二度目、行ったんやね!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうやね・・・でも、しょうがないやろ!お金、回収せんなんから・・・ハハハハハハ・・・それで保険きいて3割で7,200円位やよ。それでも目のゴミとっただけやのに高いやろ!時間にすればほんの2,3分・・・すぐ終わったんやから・・・」

(お金、回収できてよかったね!もし、オレやったら“金額高過ぎて払えんから、取り出したゴミもう一度元に戻してください!”って言うね!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・オレもそう言えばよかった!」
医者嫌いも様々・・・Tさん、平日になればよかったんになぁ・・・ちょっとついてないなぁ・・・


〈よもやま289〉 〔2011年4月10日〕 【耳で起業】
「お客様 I 様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「もうちょっと、奥までやってもらえませんか?」
(もっと!?結構深いよ!耳掃除好きなんだね。)

「大好きです!毎日やってます!」
(お風呂の後とか?)

「お風呂の前でも後でも・・・日中でも・・・綿棒を携帯したいくらいです!」
{それならいつも耳にさしとけばいいがんないけ?}

「ええっ!耳掃除の最中に用事ができると耳にさしたまま歩いてますよ!」
(えーーーーーっ、すごーーーーーい!!)

{そしたら、携帯電話に綿棒を取り付けとけばどうけ?電話する度にサクっと綿棒が耳に入るって感じにワハハハハハ・・・“携帯綿棒”!どうけ?}
「いいですねぇ!角度をうまく調節しないと・・・でも、オレの携帯折りたたみ式ですけど・・・」

(曲げてもバネで戻る・・・みたいにしないと・・・長さもちゃんと計算して深く入り過ぎないように・・・)
「携帯しながらクリクリ動かすんですか?」

{な〜んっ、バイブでいいがんないけ!}
「電話がかかってくるまでずーっと待ってないといけないじゃないですか?」

{バイブのスイッチ付けとけば、いいがんないけ?}
「そうですね。大中小と選べるようにしとけば、いいですね!」

{そうや!いいやろ!}
(特許取らなきゃ!)

{当たれば大金持ちや!社長や!}
「今の会社辞められますね!明日から社長や!社員はオレ1人・・・ハハハハハハ・・・」

{ネットで商売すれば世界が相手や!}
(綿棒って世界共通なのかなぁ?・・・外国人の耳穴は大きくない?外国人仕様ってない?そこらへん調べないとね!)

「そうですよね!」
(取扱説明書は何カ国語も使って書かないと!)

{世界の大富豪から金やプラチナで作ってくれ!って注文がくるかも・・・ワハハハハハ・・・}
「当然です!オーダーメイドだから!・・・アイデア料出しますよ!・・・なんでこんなアホな話になったんですか?ハハハハハハ・・・」

{え、えっ!!アホ?・・・オレ I さんのために真剣に考えたんに・・・どういうこと?・・・ワハハハハハ・・・いやーっ、こんなに盛り上がったん、今日一番や!}
どこに儲け話がころがっとるか分かりませんから・・・


〈よもやま288〉 〔2011年4月3日〕 【名付け親】
「お客様A様」 (Mr.X)との会話

「この前、スーパー銭湯に行ってマッサージしてきたんです。そしたら、次の日、体はだるいしその上、熱まで出てネットで調べたら“揉み返し”にいき当たって散々でしたよ・・・」
(そりゃ、大変やったね・・・それでどうしたんけ?)

「ネットに2,3日ほっとけば治るって書いてあったんでほっときました。」
(治ってけ?)

「はい、すっきりと!」
(そのマッサージ師、男の人け?女の人け?)

「男の人でしたね。」
(う〜ん・・・多分、その人の名前“ヤス”って言うがんないけ・・・ワハハハハハ・・・“揉み返しのヤス”って有名やったりして・・・“揉み返しのヤス”どうけ?語路的にいいやろ!?ワハハハハハ・・・)

「はい、いいですね!ハハハハハハ・・・」
(次、又行ったら“そうでしょう!揉み返しきたでしょう!でも、その後すっきりしたでしょう!”って言われたりして・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうですかね?」
(“そうです!それがヤスのやり方なんです!”ってワハハハハハ・・・看板に“必殺マッサージ”って書いてなかったけ?ワハハハハハ・・・)

「なかったですね!」
(揉み返しはきついよね!もし“揉み返し返し”ができたらいいがんないけ?ワハハハハハ・・・)

「そうですね!安心ですね。何かいい方法あるんですか?」
(な〜んっ、ない!しかし“揉み返し返し!!”ってできれば防げるね!・・・でも、マッサージ師も必死でマッサージしたりして・・・“揉み返し返し返し”ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・バトルになったりして・・・」
(“よ〜しっ、もっとグリグリ揉んでやる!”みたいな・・・ワハハハハハ・・・)

「キャンペーン中で1時間¥6,000が¥5,000やったんです。」
(“只今、キャンペーン中につきもれなく揉み返しがついています!”って言っとらんかったけ?ワハハハハハ・・・)
揉み返しは辛かったでしょうね・・・ご注意を・・・


〈よもやま286〉 〔2011年3月22日〕 【続サンタの気持ち】〈よもやま275〉【サンタの気持ち】
「お客様Y様」 (Ms.Y)との会話

「とうとう、2番目の子も“サンタクロースなんてうそや!”って言い出した。」
(おやおや・・・小1やったけ?ちょっと、早いね。)

「それが・・・嫁方のばあちゃんがクリスマスに“サンタがばーちゃんの家に置いていったよ”って子どものジャンバーを3人分持ってきてくれたんや。それはよかったんやけど・・・それから3ヶ月後・・・ばーちゃんちに遊びに行った時“あのジャンバーすごく安かったんやって!!半額の半額やってんて!!超お買い得やったわぁ!!”って子ども達の前で力説して自慢しやがって・・・子どもら絶句や!ばーちゃんちから帰ってきてから“サンタクロースなんて本当はいないんや!”って言い出したわいね!オレの苦労はいったい何やったんや!大雪の中、命がけで車とばしてプレゼントの返品交換に行ったんに!・・・ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・おばあちゃん、安く買ったのがすごくうれしかったんやね!でも、お嫁さんのお母さんじゃ、文句言えないよねぇ・・・)

「言ったよ!チクチクと・・・“バーゲンで買うてんてぇ〜?”“クリスマスにぃ〜?”“サンタがバーゲン〜?”って言ったあたりで気が付いて“ハッ”て顔しとったわ“あっ、そうやったねぇ・・・サンタやった・・・”って・・・ハハハハハハ・・・せこいサンタやろ!?ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・1番下の子は?まだ信じとるんやろ?)

「そうや!だから、まだサンタせんなん・・・はょー、真実を言って楽になりたい!この苦労話を子ども達に聞かせてやりたいわ!“サンタさん、ありがとう!”じゃなくて“お父さん、ありがとう!”って言われたい!ハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・“お父さんのうそつき!”って言われなきゃいいけど・・・)
口は災いの元ですね・・・注意せんなん・・・目にはアイマスク、口にはチャック・・・


〈よもやま283〉 〔2011年3月5日〕 【鑑識】
「お客様K様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「最近、お父さん車かえてん、プリウスに。」
(いいなぁ〜!プリウス!)

「そしたら、車上狙いにあって・・・カーナビ盗られちゃった・・・」
(ゲっ!!それはつらい・・・お父さんへこんでる?)

「いやっ、そんなに“車上狙いに負けるな!!”って言ってる」
(すごい!めげないお父さんやね!)

「うちの他にも同じマンションで新車のカーナビとiPot盗られた人もいるんや!」
(連続犯や!盗賊団やね!ガラスとか割られんかった?)

「カーナビだけ・・・しかもビスとかきれいにはずして置いてった。」
(“このビス使ってまた、カーナビ付けてね!”って?・・・ハハハハハハ・・・)

{ドロボーから電話かかってこんかったけ?“カーナビの箱はないですか?その方が売りやすいんで・・・”って・・・ワハハハハハ・・・}
(几帳面なドロボーやね!保険で何とかなるの?)

「うん、そーみたい。お父さん、新型のカーナビが入るって喜んでた。」
(“この車、縁起が悪い”って言ってなかった?)

{“縁起が悪いしオレは新車買うから、この車はもう、いらん!お前にやる!”って言っとらんかったけ?ワハハハハハ・・・}
「ううん、ハハハハハハ・・・」

{お父さん、少々のことじゃ、へこまんのやね!今度、鍵持ってきて!オレ、車盗りに行くわ!ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・」

{でも、NeXtの店の前に止めといたら、バレバレや!・・・ワハハハハハ・・・}
(“あれ?オレの車や、帰りに乗ってくわ!”って言うかも・・・ハハハハハハ・・・)

「おまわりさんが来て、指紋とか採ってったんだけど“カーナビの被害額は?”って聞かれた“20万位かなぁ?”って言ったら“それって税込みですか?”って聞かれてんて・・・ちょっと平和ボケしとらん?お父さんの指紋も採っていったんやけど・・・」
(犯人のと区別するために・・・被害者なのにそんなんで指紋採られて、いやじゃない!?もう、悪いことできないね!・・・)

{車の中、指紋採るがに白い粉だらけにならんかったけ?}
(黒い粉なんじゃない?)

「黒い色の車やから、大丈夫!・・・指紋採る時“そっと押して下さい”って言うんやけど、おまわりさんがお父さんの指を上からギュッて押すもんやから、指紋が採れなくて黒丸になってしまって3回もやり直したんやって!ハハハハハハ・・・3回目には“自分でやるから!!”ってお父さん、一人でやったらうまく採れたって・・・ハハハハハハ・・・変なぬけたおまわりさんやったらしい・・・」

{おまわりさんに“お上手ですね!”って言われんかったんけ?ワハハハハハ・・・“もう、何回もやってますから・・・”ってワハハハハハ・・・}
(それじゃ、まるで前科あるみたいじゃない?ハハハハハハ・・・)

{そうやな・・・そんなこと言うとお父さん怒るな・・・まずいな・・・DNA鑑定はせんかったんけ?}
(口の中を綿棒で“あ〜ん”ってグリグリしなかった?)

「そんなことするん?」
{外国のTVドラマでよくやっとるやろ!・・・じゃ、鼻紋は採らんかったけ?}

「それ、何?」
{鼻の紋や!牛の鼻紋は一頭一頭違うらしいから・・・・ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・お父さん牛じゃないし!)
{これ、お父さんに言わんといて!カーナビじゃなくて、オレの心臓盗られそうやから・・・ワハハハハハハ・・・}
最近、カーナビを盗られる事件が多いって・・・まったく、ひどい話や!許せん!市中引き回しの上、貼り付け獄門!えーーーいっ、引っ立ていっ!・・・ガラスも割らずにきれいに盗る・・・職人技?


〈よもやま281〉 〔2011年2月10日〕 【続・3つのお願い】〈よもやま269〉【3つのお願い】
「お客様O様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(O君、サンタさんプレゼント持ってきた?)
「きたけど・・・サンタさんお父さんやし・・・ところでおじさん本当に仮面ライダーの変身ベルトほしかったん?」

{そうや!!ダメけ?ワハハハハハ・・・}
「変身したいが?」

{変身した〜い!!ワハハハハハ・・・}
「う〜ん、何か変・・・」

(でも、仮面ライダーの変身ベルトは大人用もあるんだよ!大人でも好きな人はコレクションしてるらしいよ!)
「ホントに?」

(そうや!サンタさん、O君のお願いしたもの持ってきてくれた?2つお願いしたんだったよね!?)
「う〜ん、お願いしたのと違ったし・・・やっぱりサンタさんはお父さんやよ!だって、お父さんの好きなものが入ってたもん!」

{え、えっワハハハハハ・・・お父さん、O君の欲しいものの代わりに自分の欲しいものお願いしたんかなぁ・・・}
「ちょっと、最低!!」

(O君がお願いしてる隣でお父さんもお願いしてたから、サンタさん聞き間違えたんじゃない?)
「だから、サンタじゃなくて、お父さんやって!!」

(O君、サンタさん信じてないんや、おばちゃんまだ信じとるよ!)
「うそつき!」

(どうして、サンタさんプレゼント持ってきてくれんのかなぁ・・・信じとるのに・・・)
「うそつき!!」

(O君、信じとらんから、サンタさんお願いしたもの持ってきてくれなかったんじゃない?)
「うそつき!!!」
ですよね!うそつきはいけませんよね!!もちつきにしようね!!!


〈よもやま279〉 〔2011年1月19日〕 【険しい芸の道】
「お客様N様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(時々、N君のお母さんがチワワの散歩してるの見かけるよ。N君は犬の散歩しないの?)
「最近、あんまり行ってないです。」

(こんな雪の日でも外に出たがるの?)
「うん、リードを見せると喜んで行きたがるよ。」

(でも、寒がるんじゃない?だから服を着せてるの?)
「毛が短いから・・・」

{それなら、毛足の長い他の犬の毛皮を着せたらいいがんないけ?ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・値段高いんじゃない?」

{じゃあ、部屋の中でルームランナーで走らせれば?ワハハハハハ・・・どうけ?}
「いや〜ぁ、走らないと思う。」

(N君がルームランナーで走ったら、いっしょになって乗ってこない?)
「興味は示すかもしれないけど、走らないと思う。」

{それじゃ、部屋の中でサッカーボールの上でコロコロコロコロ走らせれば、いいがんないけ?ワハハハハハハ・・・}
(ハハハハハハ・・・そんなことできたら、CMに出て稼げるよね!ソフトバンクの犬みたいに・・・いいんじゃない!?やってみれば?)

「ハハハハハハ・・・無理!」
(何か芸はしないの?)

「“おすわり”とか“お手”くらいするけど・・・」
{“反省!”は?“反省犬!”どうけ?いいがんないけ?ワハハハハハ・・・}

(悪いことしてないのに反省ばっかりさせんなんね!ハハハハハハ・・・)
{パクリやしなぁ・・・芸がないかぁ・・・}
オレもルームランナー欲しいなぁ・・・運動不足・・・犬のことより自分のことが心配。


〈よもやま277〉 〔2011年1月14日〕 【貢献度】
「お客様T様」 (Mr.X)との会話

「外食には行きますか?」
(いやーっ、うちはあんまり外食はせんね。Tさんは?)

「僕はよく行きます。独身なんで・・・」
(どんなところに行くがけ?)

「ラーメンとかすしとか・・・」
(リッチやね!)

「いやっ、すしといっても回っているところです。1皿105円とかの・・・安心して食えるんで・・・」
(どれくらい食べられるんけ?)

「多い時は20皿くらいいきますね!」
(わーーーっ、すごいね!ネタは何が好きなんけ?)

「サバとかウニとかカニみそとか・・・」
(ウニ!!やっぱり、リッチや!)

「でも、105円のところはウニは危険です。異常に黄色かったりして・・・ハハハハハハ・・・安いネタの方がうまいですよ。」
(サバ、アジとか青味魚が好きなんけ?)

「えーとっ、サバだけです。」
(アジはだめなんけ?)

「しめてあるサバが好きなんです。」
(そしたら、店員さんに“アジもしめてください!”って言えばいいがんないけ?ワハハハハハ・・・)

「しめアジって聞いたことないですね。しめれるんですか?ハハハハハハ・・・」
(そんなこと頼んだら店員さんに“お客さん、ちょっと裏まできてください”って言われて首しめられるかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうなりますか?」
(ワハハハハハ・・・“めいっぱいしめてください!”って言わんなんよ!)

「お腹いっぱいになる前に死んじゃいますね!ハハハハハハ・・・お腹いっぱいになってからお願いしたいなぁ・・・でも、僕、結構食べるんで客単価高いんで、お店の売上げに貢献してるでしょう!NeXtにはそうでもないかもしれないけど・・・ハハハハハハ・・・」
(じゃ、次のカットの時、オレ、クルクル回っとるから・・・ワハハハハハ・・・NeXtにももっと貢献して!)
いやいや、貢献していただいております。これからもずーっとよろしくお願いいたします。


〈よもやま275〉 〔2011年1月7日〕 【サンタの気持ち】
「お客様Y様」 (Ms.Y)との会話

「今回のクリスマスもクルシミマシタよ!アハハハハハ・・・前回のクリスマスは24日にプレゼントを買いに行ったらどこも売り切れで3〜4軒回ってやっと見つけたもんで、今回はそれを教訓にもう少し早く用意しようってことになって・・・子どもにサンタさんへの手紙を書かせて20日に買いに行ったんです、で、23日にもう1回サンタさんへの手紙を書かせてプレゼントが変わってないことを確認して“よしよし”と思ってたんですよ。」
(ダブルチェックやね!)

「そしたら、24日に嫁さんが子どもを学童保育へ迎えに行ったら・・・つまり24日の夕方やね・・・“今からプレゼント変えたらサンタさん持ってきてくれるかな?”と子どもが言い出したんですよ。」
(えーーーっ、この期に及んで・・・!)

「嫁さんも“今からサンタさんに手紙書いても、もう届かんやろーし、だいいちサンタさんもう出発してるやろ!”って言ったんやって、そしたら“そうやね、どーせサンタさんってお父さんやろーし、もうプレゼント買ってどこかに隠してるんやろ、もう無理やわね・・・”ときたもんだ!!アハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・え〜と、何年生やったっけ?)

「小3や去年から、もう疑ってはいたんやけど・・・嫁さんから電話で“こんなこと言ってるけど、どーする?”って言われて・・・アハハハハハ・・・困ったわいね!」
(そりゃ、もうしゃーないやろ!買っちゃったんやし・・・)

「でも、そこまで言われて“よーし、サンタさんにはできるしってところ見せてやろう!”と思ってさ、だめもとでプレゼント買った店へ電話したんやって“返品交換できませんか?”って・・・」
(うんうん)

「“理由にもよりますけど・・・”って言うから“こうこうこういう訳で親バカで申し訳ありませんが・・・”って言ったんやって、そしたら“閉店が9時なのでそれまでに来て頂ければ・・・”って言うからさ頼んだんよ。」
(よかったねぇ!)

「だけどさ、オレ仕事8時まででさ、家までバスで30分、プレゼント持って車で店まで30分なわけよ。何とかぎりぎり間に合うかどうかってとこでさ・・・だけど24日はすごい雪だったやろ!」
(あーーーっ、そうだったわ!ホワイトクリスマスって言ってたんだった!)

「こりゃ、間に合わんわってことでしょうがないからタクシーに乗って“運転手さんとばしてくれ!”って言ったんよ。そしたら“こんな雪道とばせん!お客さん何でそんなに急いでるんや?”って言うから“こうこうこういう訳で親バカで申し訳ないけど・・・”ってまた、言ったんや。」
(タクシーの運転手さん“よっしゃ!”ってとばしてくれたけ?)

「“お客さんこの雪道じゃ、間に合わん!”って言われたわいね・・・アハハハハハ・・・」
(“お客さん、自分で運転してって”って言われんかった?ハハハハハハ・・・)

「本当に自分で運転したかったわいね!でも“頼むこっちゃ急いでくれ!”って急がせながら、家から店までどの道通って行くのが1番速いか考えとってん。それで“道のプロに聞くけど、どの道通るのがいいかね?”ってタクシーの運ちゃんに聞いたんや、そしたら“山側環状は混むから町中通って行った方がいいやろ!”って言われたんやけど、オレは信号がない方がいいやろうと思って、結局家から山環へ走ったんや!」
(道のプロの言うことを聞かずに自分の直感を信じたんやね!)

「そうや!路面ツルツルでさ、滑る滑るそこをとばしたわいね!“オレ、クリスマスのプレゼントのために命落とすんじゃないけ?”って思いながらアハハハハハ・・・」
(危ないなぁ・・・サンタも命がけやね!それで間に合ったん?)

「本当命がけやよ!いつも30分かかるとこ20分で着いたわ!」
(すごい!閉店、5分前?10分前?)

「う〜ん、5分前位かな?」
(やったね!いいお父さんやなぁ・・・うちなら“もう、間に合わん!”っで終わりやなぁ・・・)

「で、25日の朝、枕元にプレゼント置いといたんや。ここまで頑張ったんやから“わーーーーぁ、サンタさん、ありがとう!!”って感動してくれるかな?と思うやろ?」
(うん、うん、何て言ってた?)

「“ほう、間に合ったか・・・”って感じで、何のリアクションもないんやて!!アハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・あれだけ苦労したのに・・・)

「もう“サンタはお父さん”でもいいから、もう少し喜んでくれればいいのに・・・実は今回、姉弟2人が同じゲームソフトを欲しがとってん、だから、“どっちか譲って違うのにすればいいんじゃないがぁ?”って言ったら“どーせ、お父さんが買うんじゃないんだから(サンタさんがくれるんやから)かまわんやろ?”って言われて“まぁ、そーやけど・・・”って」
(う〜ん、何かもったいないよね。違うのにすれば取り替えて楽しめのに・・・)

「そうや、だから店の人も“これ、同じソフトですけど・・・間違いないんですか?”って聞かれてん“はい、間違いありません!”って言って買ってきたんや、それを返品交換に行ってきてんよ!気まずい、気まずい・・・しかも、交換した方が安くて返金までしてもらったし・・・この苦労どーしてくれるんや!って感じや!はょー、この苦労話を子どもに語って聞かせたいわ!」
(“今日一日でプレゼントの交換、お客様で10人目になります!”って店員さんから言われんかった?ハハハハハハ・・・)
この時期、こういう話をよく耳にするなぁ・・・うちはもうサンタクローズ



◎2010年


〈よもやま273〉 〔2010年12月26日〕 【円VS四角】
「お客様S様」 (Mr.X)との会話

(前髪のここ、白髪がたまっとるね!)
「右側より左側の方が多いでしょう!何倍位ありますか?」

(左側が4倍ほど多いね。何か悩み事でもあるがけ?)
「いや〜っ、別に。」

(何か悪さして奥さんに怒られて白髪増えたんでないけ?ワハハハハハハ・・・)
「悪さって、どんなこと?」

(人に言えんこと!)
「そんなことないと思うけどなぁ・・・」

(そうけ、白髪切っとくね!)
「ええっ。でも、あんまり切り過ぎると円形と間違えられるでしょう?」

(ワハハハハハ・・・だから、四角く切っとる!誰かに“円形になったんじゃないけ?”って聞かれても“円形じゃない!四角や!”って言えるやろ!ワハハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・」

(最高に気使っとる!・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・その気の使い方おかしいでしょう?」

(ダメけ?まいったなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「四角よりまだ円形の方がいいかも・・・ハハハハハハ・・・」

(円形の方がかわいいけ?)
「うん!」
これも何かの縁(円)・・・変に気を回し過ぎました・・・三角の方がよかった!?


〈よもやま271〉 〔2010年12月24日〕 【ドラマのプレゼント】
「お客様F様」 (Ms.Y)との会話

「洗濯機の調子が悪くなって電器屋さんに来てもらった時についでにTVも見てもらったんですよ。“このTV地デジになっても見られるの?”って聞いたら“大丈夫ですよ・・・おっとダメだ!1つ型が古いですねぇ・・・”って」
(惜しかったですねぇ・・・)

「“まぁ、チューナーを付ければ使えますよ!”って言うからいろいろ説明してもらったんだけど、録画の仕方とか操作が面倒になるらしくって“年寄りには難しいんだ”って言われて・・・ハハハハハハ・・・」
(Fさんなら大丈夫でしょう!)

「いやいや、私に向かって言ってるんだから暗に“お前には無理だ!”って言ってるようなもんですよ。皆がTVを買い換える訳がやっとわかりましたよ。うちも買い換えなきゃだめかなぁと思っていたら、説明聞いているうちに奥さんが“そんならいらんわ!TV見んし!”って・・・ハハハハハハ・・・」
(えーーーっ、奥さんTV見ないんですか?ドラマとか・・・)

「ドラマはいつも自分で演じているから、人のドラマまで見なくていいんですよ!ハハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・日々ドラマチックな人生を送っているんですか?Fさんのうちでは・・・)

「そうです!そうです!嫁姑の確執や親子の断絶、単身赴任もやりましたからね!ハハハハハハハ・・・ドラマの題材はひととおりそろっています。」
(また〜っ、そんな壮絶な家庭じゃなでしょーに!ハハハハハハ・・・今日はクリスマスイブだし、ケーキとか食べるんですか?)

「う〜ん、ケーキは食べないけど・・・くつ下は買いましたよ。冬用の厚いくつ下を・・・」
(プレゼントを入れるための?)

「ハハハハハハ・・・奥さんが“この中にプレゼント入れてね!”って言ってましたから・・・」
(そのサイズのくつ下に入れるんなら“小さくて光るもの”ですかね!?やっぱり・・・)

「いや、“もう少し大きいものを入れてやるよ!”って言ったんです。」
(えーーーーーっ、何をプレゼントするんですか?)

「宝くじをね、入れてやるって・・・今から買ってこないと約束しちゃったから・・・」
(それでその宝くじが当たったら、また新しいドラマを演じられますね!その使い道をめぐって・・・ハハハハハハ・・・)
小さくて重いもの、大きくて軽いもの・・・プレゼントは重さじゃないですよね!ドラマの大きさですよね・・・


〈よもやま255〉 〔2010年8月28日〕 【海の幸】
「お客様S様」 (Mr.X)との会話

(最近、サーフィンしとるけ?)
「海に行って波を見るんですけど、最近ベターっと鏡のように波がないんですよ。」

(ワハハハハハ・・・歩いて北朝鮮まで行けそうやね!)
「ハハハハハハ・・・そうですね!以前、サーフィンのボードが眉間に水平に当たってすごく痛かったですよ。もう、やめようかなって・・・」

(ワハハハハハ・・・斜めに当たればよかったんにね。水平じゃ“う〜ん、パっ”桃太郎侍になれんね!)
「ハハハハハハ・・・傷跡はないんで・・・ボードって硬くて危ないんですよ!しかもショートのボードは先がとがってるし、ロングは丸いんですけど・・・」

(そんなに硬いがけ?)
「硬いですよ!それにボードの裏に付いてるフィンがまた危ないんです!あれで切る人いるんですよ!」

(何枚付いとるがけ?)
「1枚とか2枚とか・・・」

(ワハハハハハ・・・たまたま魚がフィンの所を通ったとしたら、どうなるけ?)
「ハハハハハハ・・・おろされますね!」

(フィンが2枚の所を通ったとしたら、どうなるけ?)
「ハハハハハハ・・・すぐ3枚におろされますね!」

(ワハハハハハ・・・魚屋さんいらんね!)
「ハハハハハハ・・・そうですね!そのままボードの上でしょうゆかけて刺身で食べられますね!」
海の板前さんや!最高に新鮮や・・・食べてみたい!しかし、魚も命がけや!


〈よもやま254〉 〔2010年8月15日〕 【アドバイス無用】
「お客様S様」 (Mr.X)との会話

「上の毛、立ちますかね・・・」
(ちょっと、難しいね・・・いつもヘルメットかぶっとるんやろ!?)

「え、え・・・」
(そのあとがついとるから、多分汗の中のアンモニアの成分がわざわいしとるんやと思うけど・・・)

「僕、すごく頭から汗をかくんです。上の方はそれほどでもないけど、まわりから・・・」
(顔は?)

「顔はプチプチってくらいです。それで前にかがむとドーっと汗が滝のように流れるんです!」
(ガハハハハハ・・・うっそや!・・・ワハハハハハ・・・そんな前にかがんだら滝のように流れるわけないがいね!オーバーやなぁ・・・)

「いや、本当ですって・・・普通、メットの中が頭にフィットするようになってて流れないんですけど、前にかがむと一部すき間ができて、そこから一気に流れるんです!」
(ワハハハハハ・・・ほんとに?)

「本当ですって!」
(う〜ん・・・じゃーっ、メットの下にオムツのパンパースでもかぶればいいがんないけ?ワハハハハハ・・・どうけ?)

「そんなっ、オムツ見えてみっともないでしょう!ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・大丈夫やって!オムツの上にメットかぶるから見えんし・・・高分子吸収体やからサラサラや!・・・ぜんぜん大丈夫や!)

「ハハハハハハ・・・頭にかぶれますかね?大きさが・・・」
(薬屋の店員のお姉さんに聞いてみればいいがんないけ?ワハハハハハ・・・“ちょっと頭のサイズ測らしてもらいますね!そうですね・・・Sサイズで大丈夫と思うんですけど・・・”って測ってくれるやろう!ワハハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・Sで大丈夫かなぁ・・・心配やなぁ・・・」
(“それでしたらMにします!?”ってワハハハハハ・・・)

「そんなっ、わざわざ店員のお姉さんに聞かんなんがですか?カッコ悪いじゃないですか!今、NeXtでアドバイス受けたんやから・・・ハハハハハハ・・・」
(まぁ、そうやね・・・帰りに買っていけば・・・)

「でも、両足が入る穴の部分がいらんでしょう!?」
(う〜ん・・・そうやね!・・・もっと目の所まで深くかぶれば見やすいかも・・・ワハハハハハ・・・)

「それって、暑いでしょう!ハハハハハハ・・・」
(メーカーに言えばいいがんないけ?“そんな用途もあるんですね!”って大喜びなんでないけ!頭にかぶる新商品、発売するかも・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハ・・・結局、他人事や・・・ハハハハハハ・・・つまり立ちにくい“そういうタチヒロシ!”やから無理なんですね!ハハハハハ・・・」
(何っ!ワハハハハハ・・・“そういうタチヒロシ”自分が元祖みたいな顔して使っとるし・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・もう、アドバイス受けないです!・・・」
(Sさんのため思ってかなり真剣に考えたんになぁ・・・残念!ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・絶対うそや!・・・メチャメチャ楽しんどるでしょう!・・・」
バレバレや・・・来年にはヘルメットの下に付ける汗を吸い取る商品が開発されるかも・・・“はちまきパンパース”・・・これは売れるわ!


〈よもやま251〉 〔2010年8月8日〕 【楽ちんの人】
「お客様T様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「昨日、銭湯でおじいちゃん久しぶりに見たよ。」
{えっ、昨日・・・???・・・う〜ん、い〜やっ、昨日、家で風呂入っとったよ。}

「うっそーやーっ、まちがいないって・・・見たって・・・」
{いや〜っ、確かに家で入ったって・・・}

「そうかなぁー・・・人まちがうってことないと思うけどな・・・絶対に!」
{ワハハハハハ・・・オレのこと信用してないやろ!?}

「うん!うそついとると思う!ハハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・ほんとやって・・・そんなら、Ms.Yに聞いてみるけ?昨日、じいちゃん家で風呂入ったよなぁ。}

(えっ、うちのおじいちゃん?・・・う〜ん、昨日、おそおそに家で入ったね。)
「あーっ、そんなら人まちがいやね!」

{はぁ?はやっ!ワハハハハハ・・・いつも皆そうなんや!オレが答えても“うっそやっ!”って言うけど、Ms.Yが答えると“あっ、そうなんやね!”って・・・ワハハハハハ・・・}
「信頼性の問題やね!・・・ハハハハハハ・・・」

{そうやね!もし、オレがTさんの立場やったとしたら、オレのこと疑うわ・・・ワハハハハハ・・・}
信頼性0・・・ワハハハハハ・・・皆よく見とるなぁ・・・気楽な人生!最高!


〈よもやま249〉 〔2010年8月7日〕 【寝込みを・・・】
「お客様T様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

{今日、どれくらいにするけ?}
「短めにお願いします。」

{えっ、今まで長めやったんに?}
「暑いんで・・・もっと年とったら、すごく短くするんでしょうね・・・」

{そんな勇気あるけ?}
「う〜ん・・・どうですかね・・・会社の同僚でその人の奥さんの実家が床屋で実家に帰るとお父さんにカットしてもらってたんです。それである日、寝てる間にボーズにされてしまって・・・ハハハハハ・・・」

{しかし、とんでもないオヤジやなぁ・・・よく寝とる間にカットするよなぁ・・・途中でよく気付かんかったね?・・・}
「そうなんですよ!爆睡してたらしいんです!その頃、野球を始めてて、その義理の父も野球してて“野球するならボーズだろっ!”って言われて・・・ハハハハハ・・・」

{バリカンの音で気付かんかったんかなぁ・・・}
「気付かなかったんでしょうね。すごい長髪だったのに一気にボーズですよ・・・ハハハハハハ・・・“もう、カットさせない!”って怒ってましたね。でも、義理の父じゃ文句も言えませんよね・・・ハハハハハ・・・“ボーズじゃなくてせめてスポーツ刈か角刈にしてほしかった”って言ってましたねハハハハハ・・・」

{電気バリカンでない手バリかなぁ・・・手で動かして切るバリカン・・・}
「あーあっ、昔ありましたね。あれなら音しないですね!」

{しかし、寝とる間にカットした毛、どうしたんかなぁ・・・布団につくよね?}
「えっ・・・???・・・布団?・・・ハハハハハ・・・寝てる間ってカットのイスに座って寝てる間ですよ!布団の中で寝てる時じゃないですから・・・ハハハハハ・・・」

{え、えっ、ワハハハハハ・・・そうなんけ?オレはてっきり布団の中でぐっすり寝静まってから、こっそり丸ボーズにしたんかと思って・・・ワハハハハハ・・・すっげえーっオヤジやなって・・・ワハハハハハ・・・}
(ハハハハハ・・・寝てる間にって子どもじゃないんだから、布団の中でカットするなんてあるわけないじゃない!ハハハハハ・・・)
ですよね!大胆過ぎるもんなぁ・・・


〈よもやま245〉 〔2010年8月1日〕 【土用の・・・】
「お客様 I 様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「“土用のうなぎ”の日はかなり、うなぎが売れるらしいですよ!うなぎ食べました?」
(ええ、ちょっとだけ食べました。近江町市場では列になるんですってね。)

「そうなんです。近江町市場じゃ、3,000本以上売れたらしいですよ。それでも売り切れが続出したらしいですよ!すごい・・・」
{う〜ん・・・それなら急きょ、“土用のうなじ”を用意すればよかったんでないけ?・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハ・・・そうですね!その方が色っぽいから喜ぶ人もいるかも・・・」
{“やっぱし、土用はうなじにかぎるなぁ!これで元気が出るわ!”って人、結構おったりして・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハ・・・私もその方がいいですね!ひとつお願いします!」
{あいよ〜っ、ばあさんのうなじでもいいけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハ・・・それはいただけませんね!」
{そりゃそうや!オレも若いきれいなうなじがいいけど、そんなことしたら土用のおやじ、土用のはなぢになるよね!ワハハハハハ・・・}
いや〜っ、すごく暑い夏でした!スタミナアップ!うなじで効果あり?


〈よもやま 239〉 〔2010年7月10日〕 【血糖値】
「お客様M様」 (Mr.X)との会話

「実は、入院しとったんですわ・・・」
(え、えっ、・・・???・・・どうしたんけ?)

「いつも主治医の所で血糖値の検査しとるんですけど・・・1ヶ月前に検査に行ったら数値が500以上あって“この状態じゃ、何が起きてもおかしくない!車で来とるやろうし、帰すわけにいかん!”って言われてもう、びっくりしたわ!」
(500って、すごいね!)

「元々、高いがや・・・それでインスリンの注射をすることになったんやけど、在庫がなくてA病院を紹介してもらって行ったんですわ・・・それで1週間、指導入院ですわ!」
(指導入院って食事の指導とかけ?)

「そうや!食事指導、運動指導とか・・・でも、1週間入っとると食事の量が少なくなって胃が小さなったんかね・・・退院してからも量少ないし、間食もせんようになったわ・・・」
(そりゃ、いいね!顔細くなったもんね!)

「5kgやせたわ!しかし、紹介された病院の糖尿病担当の先生が偉そうで、しかも、でかかった!オレもデブやけどオレよりもっと1.5倍でかかった。身長もオレより小さいし・・・娘も妻も“お父さんよりも1.5倍でかい!”って言っとったわガハハハハハ・・・」バクッ
(ガハハハハ・・・何て言うかガハハハハ・・・糖尿病の説得力ない先生やね・・・腹、痛てぇ〜)

「そうや!“あんたにやせろ!とか運動しろ!とか言われたくない!”って感じや!ガハハハハハ・・・しかも白衣がパッツン、パッツンのを着とるもんやから・・・ガハハハハハ・・・もう少し大きめのがないんかな・・・」バクッ
(それでめいっぱいでかいヤツなんでないがけ?ワハハハハハ・・・)

「その先生の“糖尿病の講演がある”って言われたけど、行く気にならんかったわ・・・ガハハハハハ・・・それで、後で看護婦さんに講演に何人位出席者あったか聞いたら2、3人やってガハハハハハ・・・あの体格じゃ、そうやろな・・・あの先生は絶対に糖尿病やわ・・・ガハハハハハ・・・」バクッ
(ガハハハハハ・・・)

「それで看護婦さんに“あの先生、運動とかしとるんかね?”って聞いたら“な〜ん、ない、ない!私、この病院に来て、10年以上になるけど、一度も運動しとるとこなんて見たこともない!”って言っとったわガハハハハハ・・・」バクッ
(ガハハハハハ・・・Mさん、運動の指導してあげたら、よかったんでないけ?)

「糖尿病の学会とやらに行ってみたいもんやな・・・ガハハハハハ・・・どんな体格の先生が出席しとるもんか見てみたいわ・・・ガハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・意外と太った先生が多かったりして・・・)

「そうや!きっと、そうや!オレもスポーツ関係の仕事しとるけど、スポーツメーカーの人って人にスポーツさせる発想があっても、自分がスポーツをする発想がないね!自分達で運動会をしょうとかそんなん一切ないわ!ガハハハハハ・・・」バクッ
(ワハハハハ・・・糖尿病の患者さんをやせさせようという発想があっても自分がやせようという発想がないがんかね?)

「ガハハハハハ・・・そうや!」
(血糖値下がってよかったですね!)

「高かった原因、わかったんや!オレいよかんが好きやから検査前の待ち時間に駐車場の車の中で1個食べたんや!いよかん・・・それがどうも悪かったみたいや・・・ガハハハハハ・・・」バクッ
(え、えっ・・・ワハハハハハ・・・)
いや〜っ、笑わせてもらいました!1年分・・・大事に至らずよかった!お大事に・・・血糖値の検査の時、いよかんはダメ、ダメ!


〈よもやま 230〉 〔2010年5月13日〕 【ギャンブル】
「お客様O様」 (Mr.X)との会話

(Oさん、趣味何け?)
「賭け事全般ですね!最近、競艇で少し儲けましたね!選手のトップになったら何億って稼ぎますから・・・」
(えーーーっ、そんなに!)

「そうですよ!だから、息子に“競艇の選手になったら!”って言っとるんですけど・・・どうもその気はないようです・・・残念・・・」
(よく競艇に行くがけ?)

「2ヶ月に1度くらいですかね・・・あとネットで見てます。競艇は奥が深いですよ!」
(どう深いがけ?)

「技がいろいろあって・・・例えば“ダンプ”とか・・・」
(“ダンプ”?ワハハハハハ・・・ダンプマツモトが出てきそうやね!)

「アッハッハッハッ・・・懐かしいですね!他の艇にわざとぶつかるんです。」
(危ないね!)

「危ないですよ!でも認められてますから・・・」
(じゃあ、ぶつけた選手がぶつけられた選手と入れ替わって1位でゴールしたら、どうなるがけ?)

「えっ・・・???・・・どういうこと?」
(前の艇にぶつけて、ぶつけられた選手が投げ出されて、ぶつけた選手がその衝撃で気がついたら前の艇に飛び移って、1位でゴールしたらどうなるんけ?)

「アッハッハッハッ・・・そんなこと絶対、絶対、絶対ないです!」
(万が一、起こったとしたら・・・)

「そんなこと絶対ないです!もしかあったとしたら、レース不成立でしょうね!アッハッハッハッ・・・すごい発想ですね!普通そんな発想しないでしょう!」
(そうけ!?技の名前は“身代わり!”や・・・ワハハハハハ・・・)

「アッハッハッハッ・・・“身代わり”ねぇ・・・いいですね!名前的には・・・」
(あとどんな技あるがけ?)

「あとレースではターンが重要なんです。スタートして初めてのターンで、ほぼ決まりますから・・・早くターンするために“モンキーターン”って技を使ってますね。ある選手があみ出した技で、今では皆使ってますね!」
(ワハハハハハ・・・何でモンキーなんかねぇ?その技あみ出した選手がさるに似とるとか・・・)

「アッハッハッハッ・・・う〜ん、何か理由がありましたね・・・何だったかなぁ・・・」
(ワハハハハハ・・・“ゴリラターン”じゃだめけ?)

「アッハッハッハッ・・・でかすぎて、だめです!」
(ワハハハハハ・・・“ヤンキーターン”は?)

「アッハッハッハッ・・・“ヤンキーターン”?」
(“お前、若すぎるぞ!”って感じけ?ワハハハハハ・・・)

「アッハッハッハッ・・・“ハッピーターン”もないです!先に言っときます!調子に乗りそうなんで・・・」
(ワハハハハハ・・・ハッピーターンの包み、食べる時じゃまねんて、なくていいんじゃないけ?食べるが遅くなる・・・ワハハハハハ・・・ターンの時遅かったら“今日のターンはハッピーターンやったなぁ・・・”ってどうけ?)

「アッハッハッハッ・・・そうですね!いいですね!・・・あと“ウィリー”とか“さし”とか“まくり”とかいろいろありますね・・・」
(“パクリ”は?ワハハハハハ・・・)

「アッハッハッハッ・・・“パクリ”はないです。どんな技ですか?」
(前の選手の後頭部を“パクリ”とかみつくとか・・・ワハハハハハ・・・)

「アッハッハッハッ・・・選手はヘルメットかぶってますから・・・」
(チェッ、無理け?残ね〜ん!)
スタートもきびしくてフライングすると出場停止とか、試合中は軟禁状態で外部との接触がたたれるとか、いろいろ教えてもらいました・・・しかし“ハッピーターン”おいしいところもってかれたなぁ・・・くやしい・・・


〈よもやま 225〉 〔2010年4月10日〕 【方言】
「お客様T様」 (Mr.X)との会話

「“雑談魂”見ましたよ!ありがとうございます。職場の同僚にもプリントアウトして見せましたよ!“これ、金沢弁なんですか?”って聞かれて、金沢弁はわからないらしいですね!私も初めはわからなかったです・・・」
(そうやろうね・・・あの内容でよかったけ?)

「ええっ、でもよく覚えてますよね・・・(キョロキョロしながら)どこかに隠しマイクしかけてあるんじゃないんですか・・・ハハハハハハ・・・」
(そんなことないよ!ニクソン大統領じゃあるまいし・・・ワハハハハハ・・・)

「そうですか?・・・なんかありそうな気がするなぁ(キョロキョロ)・・・方言ってほんと、わかりにくいですよね!函館にいた時、おもしろかったですよ!」
(北海道って標準語でないがけ?)

「標準語は札幌だけですよ。函館は海に囲まれているんで漁師言葉が多いんですよ!例えば・・・“なまら”ってわかります?」
(“なまら”?う〜ん・・・わからん・・・)

「“なまら”って“とても”って意味です。」
(若い女の人も使っとるんけ?)

「若い女の人も使ってますよ!」
(へーーーっ、“なまらくさい”って“とてもくさい”やねーっ・・・ワハハハハハ・・・)

「そうです!」
(じゃ・・・“私、なまらきれい!?”ってきれいな女の人が言ったら“私、とてもきれい!?”ってことやね・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハ・・・そうですけど・・・それは使わないですね・・・あと、“ばくる”ってわかります?」
(“ばくる”?・・・)

「初め職場の女性に“これ、ばくってもいいですか?”って聞かれて、私としては“盗る”って意味かなぁって思って“とっちゃ、ダメだ!”って言ったことがあるんですよ。周りの人は笑ってましたけどね・・・“交換する”って意味らしいんですよ・・・ハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・オオワダバク困るよね・・・オオワダバクがクルみたいな・・・バクがクル、バクルみたいな・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハ・・・朝からとばしますね!出身の静岡では“走ること”を“とぶ”って言うんですよ。職場の上司から“Tさん、急いでこれ、やってきて!”って言われて“はい、とんできます!”って言ったらびっくりして笑ってましたね・・・ハハハハハ・・・」
(とびます!とびます!みたいな・・・ワハハハハハ・・・?・・・)

「・・・」
(Tさん、オレの言うこと聞いとる?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハ・・・自分のことに集中してたんで・・・学校の廊下には“廊下はとばないこと”って張り紙してあるんですよ・・・本当に!・・・“廊下は走らないこと”ってことです。」
(へ〜っ・・・)

「秋田では“捨てること”を“なげる”って言うんですよ。秋田出身の同僚がゴミを捨てる時に“これ、なげる!”って言ったら、周りの人に“ゴミはなげるな!”って言われてましたね・・・ハハハハハ・・・おもしろいでしょ!」

(ワハハハハハ・・・じゃぁ、秋田じゃ、女性を捨てる時“女性をなげる”って言うげんね!ワハハハハハ・・・)
「・・・う〜ん・・・どうですかね・・・大阪では“かたづけること”を“なおす”って言うんです。大阪勤務の時、職場の人から“この書類、なおしておきますね!”って言われて“えっ、どこかなおすところある?”って聞いたことありましたね・・・ハハハハハ・・・」

(じゃぁ、大阪では女性と別れる時“女性をなおす”って言うげんね・・・ワハハハハハ・・・)
「・・・う〜ん・・・どうして無理矢理、きわどい話にもっていくんですか・・・ハハハハハハ・・・」
オレも“なまら”なまりすぎかなぁ・・・オレ“なげられた”り“なおされた”りせんように注意しよう・・・方言っておもしろいなぁ・・・


〈よもやま 219〉 〔2010年2月18日〕 【修学旅行】
「お客様O様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「もうすぐ修学旅行なんです。」
(いいなーぁ!!どこ行くの?)

「九州なんですけど、5泊もするんですよ。もーいやですよ。長すぎですよ。疲れます・・・」
(えーーーっ!楽しみじゃないの?5泊6日なんて最高じゃない!どーやって行くの?)

「行きは飛行機で、帰りはフェリーなんですけど・・・僕、飛行機初めてなんです。」
(飛行機落ちるかと思って心配なの?)

「いや、飛行機よりフェリーが・・・船酔いしないですかね?・・・」
(大きい船なら、たいしたことないでしょ!よっぽど海が荒れなければ大丈夫だよ!飛行機はチャーター便かな?全員乗れるの?)

「九州隊と東京隊に分かれて行くんです。」
{はは〜ん、わかった!!好きな子が東京隊なんで寂しいがんないけ?ワハハハハハ・・・そうやろ!そうや!そうや!きっとそうや!・・・}

「違いますよ!そんな子いないです!うちの学校の女子ひどいです。」
(いい子はいないの?)

「いませんね!言葉遣いが、もー悪すぎ・・・男みたいなんですよ・・・女らしいのはまーぁ1割いるかいないか・・・」
(言葉遣いが良くないとだめ?O君は言葉遣い丁寧やもんね!でも今時の女子高生にそれを求めるけ?古風な子がいいんだ!知的な感じ?)

「そう!そうです!」
{なるほど・・・じゃ、顔に“知”って書いてあればいいげんね!ほっぺに“知”“知”“知”って・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・それ危ないですよ!」
(それ、頭おかしーんじゃない!“知”じゃなくて、やまいだれの“痴”じゃない!ハハハハハハ・・・)

{ワハハハハハ・・・“知”と“痴”ね、うまいこと言うなぁ・・・でも今時、古風なのがいいがやったら、おばちゃんしかおらんじィ!ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・やですよ!!僕、その趣味ないですから・・・」

{“よし、よし”ってかわいがってくれるさけ、いいがんないけ?ワハハハハハ・・・でも、間違ってもお母さんより年上はだめや!そうやろ!ワハハハハハ・・・}
「やめてくださいよ!ないです!それは!」
楽しい思い出、いっぱいできるといいけどね!でも・・・おばちゃんもいいかも?・・・う〜ん“知”と“痴”ね・・・おいしいところ、もってかれたな・・・油断できん・・・


〈よもやま 214〉 〔2010年2月7日〕 【立会い】
「お客様M様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「子ども、産まれました!!」
(おめでとうございます!!)

{おめでとうございます!!}
(どっちだったの?)

「女の子でした!!」
(体重どれくらいあったの?)

「2,720g!ちょっと小さめ・・・」
(小さく産んで大きく育てよって言うから・・・立ち会ったの?)

「はい、感動しました!でも途中で“吸引する”って言われて、ちょっと焦りました。」
{“なんか最近キューインキューイン多くない!”みたいな・・・ワハハハハハ・・・}

「アハハハハハ・・・ちょっと違うでしょう!吸引ですから・・・」
{吸引ってどんな感じけ?トイレが詰まった時に使う、あのスッポン、スッポンみたいな感じけ?ワハハハハハ・・・}

「アハハハハハ・・・形的にはろうとにゴム管が付いとる感じで空気を抜いて吸い付けるって感じでしたね!」
(トイレの詰まった時のスッポンと比べるなんて、ちょっとあんましなんじゃない・・・ハハハハハハ・・・)

{スッポンやったら、すぐスッポンって産まれるがけ?}
「そうでしたね!すぐでした!」

(頭の形、とんがったりして変形しなかった?)
「大丈夫でした。心配したんですけど・・・」

{吸盤やね!タコの吸盤みたいやね!ワハハハハハ・・・タコの吸盤やったら、頭が変形せんからいいがんないけ?自然派で・・・ワハハハハハ・・・どうけ?}
「アハハハハハ・・・タコですか?・・・いいかも!」

{8本足の吸盤、くっつけてタコの頭を引っ張って吸引すれば、柔らかいし赤ちゃんの頭の変形もなく、スッポンやね!ワハハハハハ・・・}
(タコの吸盤のあとがついたりして・・・プチプチッといっぱい・・・ハハハハハハ・・・)

{あとを残さんようにタコを扱うのが先生の腕しだいやろ・・・ワハハハハハ・・・“先生!朝一番で、いきのいいヤツを仕入れました!”って感じで・・・ワハハハハハ・・・“これなら間違いなくスッポンです!”って毎日タコを持って病院へ行商に来たりして・・・ワハハハハハ・・・}
「アハハハハハ・・・」

{スッポン1つよりタコ足の吸盤全部使った方が赤ちゃんにやさしいんでないけ?ワハハハハハハ・・・}
かわいい赤ちゃんが産まれて、Mさんもうお父さんや!おめでとうございます!母子ともに元気でよかった!お幸せに・・・


〈よもやま 213〉 〔2010年1月9日〕 【心の縫合】
「お客様H様」 (Mr.X)との会話

「昨年11月初め、会社のワンボックス車の後ドアを閉める時に頭をかすめてしまって、ぜんぜん痛くなかったんですけど何か“汗ばんできたなぁ”って額に汗が流れてきたと思ったんです。そしたら血がタラタラ流れてきて本当にびっくりしましたよ!前髪が少し短いでしょう!縫う時に傷の周辺をそこらにあったハサミでジョキジョキって切られたんで短くなったんです。」
(えーっ、どこ?う〜ん、ここやね!傷跡2.5cmほどあるね!)

「そういう時って気が動転してオロオロしてしまって・・・血を見ると気分も悪くなるし出血性ショック死って、こんな時になるんかって思いましたよ・・・それで他の社員に助けを求めたら、その人もオロオロしてしまってどうなるんかなぁって思っていたら、1人くらいはいるんですよね!冷静な人って!その人“ちょっと傷見せて!”って言って“かなり切れとるな!とにかく傷口押さえて!”って落ち着いてるんですよ!」
(その人“縫わんなん!そこの針と糸持ってきて!”って言わんかったけ?・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハ・・・さすがにそれは言ってませんでしたね!それで医者まで送ってもらって7,8針縫いましたね!」
(整形外科け?)

「そうです!会社の近くの・・・それで縫い終わって先生が“ネットでもかぶせるか!”って言って、ネットを持ってきて頭にかぶせようとするんですけど、素人の私でさえ“どう見ても無理そうやな・・・”って思ってたら・・・“だめやなぁ!頭でかい!”って言ってあきらめたんです。そしたら、そばの看護婦さんが“ちょっと私にかしてみて!”って言ってそのネットをめいっぱい引っ張ってパンパンに伸ばしてるんですよ。私の目の前で・・・“ミチミチッ”って音してましたよ!ハハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・“ミチミチッ”てすごいね!ブチブチッて裂けんかったけ?ワハハハハハ・・・腹痛ーっ)

「どうみても伸びしろがまったくないんです。さらに4ヶ所ほどハサミを入れて広げようとしてるんですよ・・・ハハハハハハ・・・」
(すごいねーっ、チャレンジャーやなーっワハハハハハ・・・)

「それでどうしても頭に入らないんで、包帯を巻いてもらったんです。」
(そんなネット入るわけネットって言えばよかったんでないけ?ワハハハハハ・・・“スーパーの高級メロンのネットにしてくれ!”って言えばよかったんでないけ?ワハハハハハ・・・そしたら“スッポン!”って入ったんでないけ?ワハハハハハ・・・夕張の高級メロンのじゃないとだめやよって・・・)

「ハハハハハハ・・・その病院、年寄りの患者さんが多くて頭に使うネットなんて必要ないんでしょうね!せいぜい、足とか腕につけるネットくらいしか置いてなかったんでしょうね・・・ハハハハハハ・・・で、“頭やから化膿するとやっかいなことになるから2日に1度見せに来て!”って言われたんで、2日後に見せに行ったんです。待合室で待ってると“Sさ〜ん!”って呼ばれて“は〜い!”って元気良く診察室に入っていったら、その看護婦さん“えっ・・・???・・・”って顔してるんです。そして“Sさん、どこが悪いがけ?”って聞くんですよ。こっちも突然そんなこと聞かれて“えっ、頭が悪いんです!”って答えてしまって・・・ハハハハハ・・・後でおかしいやら・・・でもそう答えるしかなかったんですよ・・・ハハハハハハ・・・この展開は“雑談魂”にいけるなぁって思いましたよ!ハハハハハハ・・・」
(そんな状況でSさん、なかなかの余裕やね・・・看護婦さんに“Sさん、どうしたの?何か他の事考えてない?集中して!”って言われんかったけ?ワハハハハハ・・・その看護婦さん、前回無理矢理頭にネットをかぶせようとした人け?)

「う〜ん・・・違います!違いますね!呼ぶ時に名前しか見てないんでしょうけど、カルテを少し見ればどこが悪いのかわかりそうなもんでしょう!」
(ワハハハハハ・・・そりゃそうや!)

「よく考えてみると、年寄りの足引きずったヨボヨボの患者さんが多いんですよね・・・私が元気に診察室に入っていったから看護婦さんも“あれ〜っ?”って思ったんでしょうね・・・ハハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・それなら、Sさんも頭をゴロンゴロン引きずりながら入っていけばよかったんでないけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・それってヤバイでしょう!」
(ワハハハハハ・・・大丈夫や!って“Sさ〜ん!”って呼ばれて“は〜い!ゴロンゴロンゴロンゴロン・・・”って入っていけば“はい、頭ですね!”って頭だけに即答(頭)や!!ワハハハハハ・・・うける〜っ!)

「ハハハハハハ・・・頭って引きずりにくいでしょう!ハハハハハハ・・・」
(そうかなぁ?無理矢理腰曲げて引きずって入っていけば・・・ワハハハハハ・・・いけるって・・・ワハハハハハ・・・体硬いがけ?・・・また、頭切れたらその病院に行きたいけ?ワハハハハハ・・・)

「う〜ん・・・まぁ、別に行ってもいいですよ。ちょっとおもしろい看護婦さん2人もいるんで・・・ハハハハハ・・・」
(次に行ったら大きいサイズのネット仕入れてあるがんないけ?ワハハハハハ・・・しかも“H様専用”って書いてあったりして・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・まじで・・・VIPですね・・・」
(その看護婦さん、仲間内で“今日の頭が悪いんです!はうけたわよね!”って皆に話して笑っとったんでないけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうですかね!?・・・そういえば、あの瞬間笑ってましたね・・・あ〜あぁ・・・ちょっと傷つきますよね・・・」
(ワハハハハハ・・・心の傷は縫えんもんね!)
さすが、11月から1月まで大切にあたためてきたネタだけあって、どこぞの知事が喜びそうなくらい完熟やった!腹痛かった・・・お大事に!



◎2009年


〈よもやま 196〉 〔2009年12月12日〕 【紛らわしい点】
「お客様T様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(あれ?これピアスの穴?・・・じゃなくてホクロか・・・)
「あーっ、それ友達にも言われた。」

{まぎらわしいから黒のマジックでもっとでっかく塗ってやろうか・・・ワハハハハハ・・・}
「いいです!」

(学校はピアス禁止なのかな?)
「うん、うるさいですよ!服装チェックの時見られるし・・・」

(ピアスあけたくないの?)
「う〜ん、卒業したらしよーかな・・・でも痛いですか?」

(うん、ちょっとね・・・でも耳たぶはたいしたことないよ!その上の軟骨があるところが痛いらしい・・・いくつあけるの?両耳で10個位?)
「いやーっ、そんなに入れたらちぎれない?・・・1つでいいですよ・・・上の方がかっこいいかなって思ったんだけど・・・痛いのかあ〜」

(ピアッサー持ってきたら私があけてあげるよ!“ガン!”って・・・どの位痛いかやってみよー、やってみよー、T君の耳で!)
「えーっ、いいです!」

(鼻とか眉とか今、いろいろあけるとこあるからね・・・)
{眉間はどうけ?}

「それはないでしょう!」
{そうかなぁ・・・じゃ、鼻の頭は?ワハハハハハ・・・}

「そんなヤツ見たことない・・・ハハハハハ・・・」
(へそピアス、どう?)

{出べそなんけ?出べそならやりやすよね!ワハハハハハ・・・}
(ハハハハハ・・・それ、おかしーんじゃない!へそピアスはへそのまわりにするんじゃないの?)

{それはへそピアスじゃない!腹ピアスやろ!ワハハハハハ・・・・・・しりにしたらどうや!そしたら先生にもばれんよ!学校の帰り、しり出して歩けば見てもらえるし・・・ワハハハハハ・・・}
(ハハハハハ・・・座る時痛いんじゃない?)

「そうや!そうや!その通り!ハハハハハ・・・」
{T君、今日、なんかオレの意見に否定的やね!}

「ヘヘヘヘヘ・・・そうですか!?」
{高校生がピアスなんてもってのほかや!高校生がしていいのはピアスじゃなくて、ピースだけや!ワハハハハハ・・・どうけ?・・・}

「う〜ん・・・」ニタッ
(T君“あ〜あっ、何言うとれんて!”って感じやね・・・ハハハハハ・・・)

{T君、オレの言うこと無視や!人権無視や!ワハハハハハ・・・}
ピアスの穴あけすぎると切り取り線になって耳、ポロッて取れてしまうぞ!!過ぎたるは切り取り線のごとし・・・


〈よもやま 193〉 〔2009年12月3日〕 【生き地獄】
「お客様T様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「うちの会社、いろいろ決まりがあって“頼まれもしないのに肩をもんではいけない”とか・・・セクハラ関係がうるさいんですよ。」
(頼まれればもんでもいいの?反対にTさんが“もんでくれ!”って頼んだらどーなるの?)

「“もんでくれ!って強制された”ってことになるとまたまずいです。」
(気を使うねぇ!女の人の体には触れないね!・・・男同士なら大丈夫なんでしょ?)

「そりゃ、OKですよ!」
(でも、今はいろんな人がいるからね・・・男の人でもそっち系がいるかもしれないでしょ?“よう!調子どうや!”って背中ドン!て叩いたら“オレに気があるのかな?”とか思われたりして・・・)

「うわーっ、それ怖いですねぇ・・・」
{今晩、飯食いにこんか?って誘われたりして・・・ワハハハハハ・・・}

「怖いなぁーっ、きっぱり断ります!」
{もし、相手が上司やったら断れんやろ!?ワハハハハハ・・・}

「何言ってるんですか!断りますよ!最初が肝心ですから・・・アハハハハハ・・・」
{どうしても断りきれんかったら“1回だけですよ!”っていえば?ワハハハハハ・・・}

「だめです!だめです!!それなら僕、転勤願い出しますよ!アハハハハハ・・・」
(上司もいっしょに転勤してたりして・・・アパートも隣同士で手配してあったりして・・・ハハハハハハ・・・)

{入口は2つで中はつながっとったりして・・・ワハハハハハ・・・“もう、オレから逃げられんぞ!”って・・・ワハハハハハハ・・・}
「えーーーーっ」

(別々に入って中で“おかえり!”って・・・ハハハハハハ・・・)
「うわーっ、地獄ですね!アハハハハハ・・・僕、帰りません!会社に泊まりますね!」
危険がいっぱい・・・気つけんなん・・・


〈よもやま 191〉 〔2009年11月24日〕 【前撮り】
「お客様S様」(Ms.Y)との会話

(お姉さん、今度成人式やね!?)
「そうなんです。それがうちの姉、最近太ってきちゃって・・・どんどんふくらんでるんですよ・・・ハハハハ・・・」

(そうなんだ・・・)
「この間、成人式の前撮り写真を撮りに行ってきたんですよ。カメラマンが“ちょっとエラがはってるから、あごをあげて!”って言ったら、着付けの人が“これ、エラじゃないです!肉です!”って言ったんだって・・・ハハハハハハ・・・」

(えーーーーーっ、ひっひどい!あんまりじゃない!エラがはってるもひどいけど・・・肉・・・ですか・・・ハハハハハハ・・・)
「うちへ帰ってきて、お母さんがそのことを僕の前で言ったもんだから、姉が“弟の前でいわんでもいいでしょーっ!”って怒ってハハハハハ・・・ブーブー言ってました。お母さん“あら、お前いたの?ハハハハハ・・・”なんて悪びれたようすもなく・・・アハハハハハ・・・」

(ハハハハハ・・・お姉さん、かわいそーっ!そりゃ、怒るよ・・・)
・・・う〜ん・・・ひ・ど・いっ


〈よもやま 176〉 〔2009年8月27日〕 【雷雨のキャンプ】
「お客様M様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(夏休みどこか行った?)
「キャンプに行ってきた!」

(お父さんアウトドア派だったね。どこ行ったの?)
「戸隠、長野です。」

(あそこは山だから涼しかったでしょ?)
「うん、ずーっと雨だったから寒かった。」

(雨か・・・今年はお天気が悪かったからねぇ〜・・・雨の時って何してるの?)
「テントの中でトランプとか・・・」

(楽しかった?)
「うん!2泊してきた!」

(2泊!?雨の中を?・・・雨でもキャンプ楽しめるって達人だね!)
「行く前から大雨洪水警報でてたから、雷もすごかった!1秒くらいで落ちてたから・・・車に避難した。」

(えーっ、行く前から雨だってわかってても行くの?)
「うん!」

(家族の誰かが“やめようよ!”って言わないの?)
「うん、言わなかった。」

(皆、達人なんだねぇ!うちなんか、すぐ“今日はやめー!”ってことになるよ。)
「すごい雨だったから隣のテントの人達、水浸しになって帰っていったけど、うちのテントはスノーピークのいいテントだったから大丈夫だった!お父さんスノーピークにしてよかったって!」

(スノーピークか!!お父さん、こだわり派?)
「うん、けっこう・・・前はコールマンだったけど、スノーピークにレベルアップした!」

(ってことは・・・コールマンとスノーピークの2セットあるってこと?)
「うん!」

(コールマンのはもういらんよねぇ!うちにおいてってくれんかなぁ・・・)
「うーん・・・それは・・・」

(ごはん何作ったの?)
「今年お父さんダッチオーブン買ったから、それでピザ作りました。」

(ダッチオーブンかぁ!お父さんまたレベルアップしたね!次は丸ごとのローストチキンかな?とり肉は好き?)
「好きです!」

{とりの次は豚や!ローストポークや、豚の丸焼き!くるくる回して・・・うまいぞ!!}
「それは大きすぎてのらないから・・・」

(焚き火台3つくらい並べて・・・どう?)
{間が生焼けになったりして・・・豚刺しもうまいかぁ・・・ワハハハハハ・・・}

「うーん豚を持っていくのが大変・・・」
{眠らせて連れて行けば大丈夫やって!ブーブーいびきはうるさいけど、豚はよく寝るから・・・ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハ・・・そうそう、シートベルトしっかりつけてね!もう安心・・・でしょ?・・・全員シートベルトしてるから警察にも捕まらないし・・・)
{ワハハハハハ・・・途中で目が覚めたらブヒブヒいうかもね・・・そしたらまた、眠らせんなん!ワハハハハハ・・・}

「うーん、それはちょっと無理・・・8月下旬にもう一度、行くんだ!楽しみ!」
{豚も絶対連れてってよ!忘れるなよ!豚を怒らせると怖いぞ!}
家族全員キャンプ好きのアウトドア派!素晴らしい・・・


〈よもやま 169〉 〔2009年7月14日〕 【人生はドラマ】
「お客様F様」(Ms.Y)との会話

(Fさんの車はETCついてないんですか?)
「うちの車はついてないです。」

(あんまり遠出はしないんですか?)
「最近はあんまりねぇ・・・」

(奥さんは運転なさらないんですか?)
「うちの奥さんは車の運転はしないけど、夫を運転します。手を使わずに口だけで・・・しかもナビなしで・・・ハハハハハ・・・」

(ハハハハハ・・・・・・名ドライバーですね・・・右へ左へ言われた通りに動くんですか?)
「まあね、どこへでも・・・ハハハハハ・・・でも時々パンクしたり、岩に乗り上げたり、ガス欠になったりします!ハハハハハ・・・」

(そういう時は声を荒げてケンカしたりするんですか?・・・なんかFさんが大声出したりするの想像できませんねぇ・・・)
「だんまりです!ただひたすら、だんまりです・・・ハハハハハ・・・」

(そしたら、奥さんは?)
「燃料補給ですね!」

(おいしいもの作ってくれるんだ!ハイオク?レギュラー?ハハハハハ・・・それで仲直りですか?)
「食べて寝ます・・・ただひたすら寝ます・・・ハハハハハ・・・」

(Fさん趣味は?ドラマとか見ます?)
「ドラマは見ないですねぇ・・・日々、ドラマを演じているので・・・ハハハハハ・・・」

(奥さんもドラマ、見ないんですか?)
「奥さんも見ないですねぇ・・・日々、ドラマを演じてるだけで、手いっぱいのようですね・・・ハハハハハ・・・」
主役対主役!?脇役はいらない?


〈よもやま 164〉 〔2009年6月25日〕 【相方】
「お客様 I 様」(Ms.Y)との会話

(メガネお預かりします。)
「あっ、そうやった。メガネ、メガネ・・・私目が悪いからメガネないと何も見えんげ。この間、自分の部屋でメガネ探しとってん“あれ〜?メガネどこ置いたかなぁ”ってメガネはずしたら何も見えんし、はずすはずないのにおかしいなぁって、机の上手探りでパタパタやって・・・どこにもないし困ってしまって部屋中さんざん探した後、ふと顔に手をやったらメガネかけとってん・・・ほらっ、メガネかけとる人ってメガネずれると無意識に手で上げるやろ、それでかけとるって気付いてん・・・」

(えーっ、ずーっとかけとったんに気付かなかったん?)
「うん、そんな自分にしばらく呆然としてしまったわ・・・恥ずかしいーって・・・ハハハハハ・・・よくTVのコントでメガネかけたままメガネ探すのあるやろ!あれ見ながら“こんなことあるわけない!”って思ってたのに自分でやってしまって“本当にあるんや!!”ってビックリした。」

(ハハハ・・・かなり探したの?)
「そう・・・しかも自分はメガネかけてないと思ってるから“見えん、見えん”って手探りしとるげ、見えんからメガネ見つからんって・・・ハハハハ・・・」

(メガネかけとるのに・・・ハハハハ・・・本当は見えてるのに・・・ハハハハ・・・)
「私最近、そんなことが多くなって・・・TV見とってチャンネル変えようと思ってリモコン探すやろ“あれ〜リモコンない・・・”座布団とか服とか、み〜んなどけて探してもないし“あれ〜?”ってふと見ると片手にリモコン握り締めとってん・・・“さっきは確かになかった!!”って思うんやけど・・・しっかり握り締めてるし・・・」

(ハハハハ・・・私もあるある、買い物メモつくって、そのメモどこに置いたかどうしても見つからんとか・・・たいてい最初に探したところにあって・・・あれ〜、さっきは確かになかったのに・・・とか)
「そうそう仕事の帰りにハガキ出そうと思って、忘れないように左手の甲に“ハガキ”って書いて結局違う店寄ってハガキ出さんと帰ってきたり・・・」

(手の甲に書くが?中学生みたいやじ!うちの子、よくやってる・・・車運転する時よく見えるがいね・・・)
「そうねん、手の平に書くと見えんかもしれんと思ってわざわざ甲に書いたのに・・・私もう、若年性ボケかもしれんと思って・・・TVでボケ防止に100から7ずつ引いていく計算をするといいってやってたから、試してみたんやけど・・・“100から7引いて93やろ・・・また7引いて、えーっと・・・だめや!!私、数学苦手やった!”って・・・ハハハハハ・・・」

(ハハハハ・・・ボケがどうこうじゃなく、数学の勉強しなおさなならんって・・・)
「そうねん“今からこんなんで本当に年とったら、どーなるんやろー絶対、ボケるし!”って今から心配・・・」
ボケとつっこみで、1セット・・・つっこむ相方がほしい?・・・


〈よもやま 159〉 〔2009年5月10日〕 【たぬき里に帰らず】 お待たせしました・・・完結編
「お客様N様」(Mr.X)との会話

(N君、どう?元気?)
「はい、一応元気ですよ!」

(いや〜っ、N君じゃなくて、お母さん・・・)
「あ〜っ、元気です。お腹出して寝てますよ!ハハハハハ・・・」

(えっ、何でお腹出さないかんがけ?)
「ハハハハハ・・・たぬきなんで・・・」

(ワハハハハ・・・そうか!実は他のお客さんから“たぬきの話、その後どうなったんかね?”って聞かれたもんで、どうしとるかなぁって思って・・・)
「そうなんですか!今日は母の日なんで、何かプレゼントしようかなぁ・・・たぬきの着ぐるみなんて・・・ハハハハハ・・・でも、もうたぬきだし、いらないや・・・ハハハハ・・・何かカロリーの高いお菓子でも買おうかなぁ・・・」

(その後、お母さんの体重どう?)
「本人はやせたって言い張っているんですけど、相変わらず“ボ〜ンッ”てしてますね!ハハハハハ・・・」

(外見は変わってなくても、ぜい肉が筋肉になったんかも?・・・)
「ハハハハハ・・・それは絶対にないです!!ゴールデンウィークに里に帰るかなぁーって思ったんですけど、家でゴロゴロしてて里のたぬきに見捨てられたかなぁーってワハハハハハ・・・人間に化けるのがへたな、たぬきだから・・・」

(ワハハハハ・・・自然界のたぬきに見捨てられたんけ?)
「ハハハハハ・・・たぬき里に帰らず・・・」

(お母さん“雑談魂”見てないやろね!?頼むよ・・・ホントに・・・)
「う〜ん、多分・・・」

(なに!!“絶対見せない!阻止するから!”って言っとったんに!トーンダウンや信用しとったんに・・・ダメやって!オレだって命がけやよ!この話・・・ワハハハハハ・・・)
「この話、母親が見たらカンカンに怒ってやばいですよね!ハハハハハ・・・ばれたら医王山へ行きますか?ハハハハハ・・・」

(それヤバイってばれたら、オレここにおれんよ!・・・ダメやって・・・怖いな〜っ・・・医王山に行っていっしょに修行せんなん・・・たぬきの・・・ワハハハハハ・・・)
「ミヤザキハヤオの平成タヌキ合戦ポンポコってあったでしょう!あれを見るとうちのハハハハハ・・・母親もあんなふうにハハハハハ・・・人間に化けたのかなぁ・・・ハハハハハ・・・っていつも思うんです・・・」

(ワハハハハ・・・化ける時“ボーン”って・・・)
「そうそう、そろそろ第2弾のタヌキ合戦作ってくれないかな・・・うちの母親主役で・・・」

(ワハハハハ・・・お母さん、元気にやっていくよね!?)
「多分・・・そうだと思いますよ・・・ただ、そのうちわが家にタヌキインフルエンザが流行らないかと心配です・・・ハハハハハ・・・」
たぬきはこれで完結です。すべてのネタを出し切ったそうです・・・この前、N君のお母さん見かけたけど、元気に自転車に乗って走り回っとったぞ!・・・ぜんぜん元気そうやった!よかった!


〈よもやま 154〉 〔2009年5月7日〕 【おにぎり】
「お客様 I 様」(Mr.X)との会話

( I さん、ゴールデンウィークどっか行ったけ?)
「趣味のこま犬の写真を撮りに神社めぐりをしましたよ!」

(どこに行ったんけ?)
「砺波にある有名な神社に行ってその足で高岡へ行こうとしたんですけど、富山って“止まれ!”の標識がいっぱいあるじゃないですか!“止まれ!”“止まれ!”“止まれ!”ってたくさんあって、そのうちの一つをボーっとして見落としたらいきなり“ウ、ウーウーーッ”てきて、捕まっちゃいましたよ。ガクッ・・・まったく、ついてないというか・・・」

(富山は田んぼの所に“止まれ!”が結構あるもんね!)
「そうなんですよ。あれじゃ、進めないですよ!多過ぎて・・・」

(そうや!止まってばっかりおらんなん・・・)
「どこか行ったんですか?」

(娘と3人でバーベキューと陶芸に行ったんやけど・・・近いとこだけ・・・)
「いしかわ動物園もいっぱいだったらしいですね・・・5日の子どもの日は小学生以下は無料なんで・・・行ったことあります?」

(あるよ!何回か行ったわ・・・5日無料やったんや!そうかぁ!オレ、半ズボンはいて行けばよかったなぁ〜ワハハハハ・・・“ぼく、小学生や!動物が見たいし・・・”って・・・)
「アハハハハ・・・無理です!バレバレじゃないですか!すぐ分かりますよ!!まったく・・・」

(“ぼ、ぼくは動物が好きなんだなぁ!って言うてもダメかなぁ?ワハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・それじゃ、ヤマシタキヨシじゃないですか!そんな体してたりないふりしてもダメですよ!」

(ワハハハハ・・・たりないふり?じゃなくて、たりんげんて・・・ワハハハハ・・・)
「アハハハハ・・・そう言われれば・・・」

(“ぼ、ぼくはおにぎりが好きなんだなぁ!おにぎりを食べながらライオンさんが見たいんだなぁ!”って言うてもダメけ?ワハハハハハ・・・)
「ワハハハハ・・・ダメですよ!アハハハハ・・・警備員に“事務所まで来て!”って言われますよ!」

(“け、けいびの人はきれいな女の人がいいんだなぁ!”って言うでもダメけ?ワハハハハハ・・・)
「ワハハハハハ・・・ダメに決まってるじゃないですか!それじゃ、もっとあぶないじゃないですか!警察呼ばれますよ!ワハハハハハ・・・」
取調べ中、カツ丼とってもらえるかなぁ・・・おにぎりでもいいんだなぁ・・・できれば2個なんだなぁ・・・


〈よもやま 148〉 〔2009年4月25日〕 【深爪】
「お客様 I 様」(Mr.X)との会話

「今度、天気が晴れたら畑に行ってそろそろ作業しないと・・・」
(熊が出るがやったね?)

「そうです。畑が山にあるから、鈴付けて熊撃退スプレーを持って行くんですよ。射程距離が10mでとうがらしのきついヤツが結構勢い良く出るんです。そのスプレーを買った後、その店内でグリズリーがスプレーくらって両手で顔を覆っているポスターを見たんですよ。ハハハハハ・・・」
(何、それ!中に誰か入っとったんでないが!?出来すぎなんでない?ワハハハハ・・・)

「そうなんですよ!ちょっと笑いましたね!風下やったら自分にかかって自分が倒れますよワハハハハ・・・」
(そしたら、熊が“オレ、経験あるから”って I さんをマウスツーマウスで助けてくれたりして・・・ワハハハハ・・・熊の口臭凄いかな!?・・・)

「ワハハハハ・・・もっと気絶しますね!!それで奥さんが家で少しスプレーを出したんですよ!そしたら目が痛くて痛くてとても開けてられないんですよ!」
(そんなに凄いがけ?奥さん I さんを熊と間違えたんかね・・・ワハハハハ・・・)

「ワハハハハ・・・ですかね?一応ストッパーが付いているんですけど、実際突然熊に出会って、てんぱったらスプレー缶ごと投げつけるかもしれないですよ!ワハハハハ・・・」
(そんなことしたら、“こんな手荒なことする人初めてや!”って熊に怒られるかも・・・ワハハハハ・・・)

「ハハハハ・・・熊と話せたらいいですよね!」
(そうやね。そしたら、熊を教育せんなんね!“こんなに爪を長くしたら不衛生やから短く切ろうね!”って・・・“でもぼく今まで切ったことないから・・・ねぇ、ねぇ、お願いだからチョキチョキしてくれる?”って言われたりして・・・ワハハハハ・・・ちょっと深く切りすぎたら“痛い!痛い!深爪や!ぼく、深爪、がまんできん!って言われたりして・・・ワハハハハ・・・)

「ハハハハ・・・かわいい熊ですね・・・」
こんなかわいい熊おらん!過保護や、野生でない!熊出没注意・・・


〈よもやま 144〉 〔2009年4月14日〕 【カンチョー】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

「この前、仕事から帰って洗面台で顔洗っとったら、いきなり奥さんに“カンチョー!”されて、それが深く突き刺さって思わず“痛てぇー!!”って叫んだわ・・・まったく肛門裂けたかと思ったわ・・・アハハハハ・・・」
(まったく肛門様もびっくりやね!ワハハハハ・・・やり返さんかったんけ?)

「そんなことせん!」
(やり返せばよかったんに・・・カンチョー合戦になって面白かったんに!ワハハハハ・・・)

「奥さんニコニコな顔して喜んどるし・・・その後、また気配を感じたから今度は肛門に力入れとったら“カンチョー!”ってやられたけど、ガードして奥さんの指が“ボキッ!”て突き指して“痛〜いっ!”って叫んどったわ・・・ワハハハハ・・・オレの勝ちや・・・」
(ワハハハハ・・・家でも安心できんね!)

「そうなんや!うちの奥さん職場でも同僚、先輩、後輩にいたずらして犠牲者続出や・・・アハハハハ・・・」
(そんな風に見えんげんけどなぁ・・・優しそうな感じなんに・・・)

「な〜ん、そんなんでないわ・・・いたずら好きやから・・・アハハハハハ・・・そういう時って子どもがいたずらする時みたいに目キラキラさせとるんや・・・何かやらかしそうな時はあいつの目見ればすぐ分かる“また、その目やな!!”って・・・ワハハハハ・・・」
本当に可愛らしい奥さんや!でも深く突き刺さって中味出んでよかった・・・・あぶない・・・オレも力入れとこっと、肛門は力なり・・・


〈よもやま 143〉 〔2009年4月14日〕 【愛って・・・】
「お客様T様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「今日のオレの眉毛、まだらになっとるやろ!?」
{う〜ん、そうやねぇ・・・}

(本当やね!どうしたの?)
「うちの奥さんに“オレの眉毛ちょっと長くない?少し切りそろえて!”って言ったら切ってくれたんやけど・・・」

(眉バサミとくし使って?)
「いや、ちっちゃいハサミだけで・・・バッサバッサ毛が落ちてくるし・・・アハハハハ・・・鏡見て“お前、何やっとれんて!まだらになっとるやんか!!オレの顔何やと思っとるんや!!”って・・・アハハハハ・・・」

{そしたら奥さん何て言うたんけ?}
「“あんたの顔なんか、誰も見とらん!”って・・・アハハハハ・・・それで会話終わり・・・すぐ寝たわ・・・アハハハハ・・・」

(ハハハハハ・・・)大爆笑
{ワハハハハ・・・}大爆笑

「それで次の日、そのまま会社行ったんやけど・・・」
{何か言われたけ?}

「な〜ん、ぜんぜん・・・誰も何も言わんし、気付かんし・・・“本当に誰も見とらんのや!”って・・・納得した・・・アハハハハ・・・」
(え、えっ、誰も何も言わなかったの?)

{ワハハハハ・・・}大爆笑
(ハハハハハ・・・)大爆笑

(奥さん、自分の眉毛はどうしてるの?)
「鏡見ながら慎重にくしも使って、少しづつチョキチョキやっとるよ、自分のは・・・オレのはパソコンしながらや!“お前、どこ見て切っとんのや!”って・・・机の上毛だらけや・・・アハハハハ・・・」

(奥さんパソコンしながら?・・・ハハハハ・・・優しそうな奥さんなのに・・・)
「いや〜っ、あいつはヤクザや!アハハハハ・・・」

{ワハハハハ・・・もう、優しい時代は終わったけ?}
「前にも、新製品の眉毛シェーバーで眉毛の間、剃ってもらったら眉毛半分なくなったし・・・そん時も“あんたの顔ぐらい、どうなってもいい!”って言われて・・・まったくヤクザの方がまだましや・・・アハハハハ・・・ひどすぎる!!」怒

(ハハハハ・・・奥さん最高!これ雑談魂に頂きやね!)
「帰って奥さんに言わんなん“お前のせいで全国に配信される!”ってアハハハハ・・・」
これ見て、制裁がないように・・・アーメン・・・


〈よもやま 133〉 〔2009年2月27日〕 【フンフンフフフフフン】
「お客様M様」(Mr.X)との会話

「この前、仕事で新潟まで行って来たんですよ。」
(えーっ、そんな遠くまで・・・)

「そうなんです。あるコンビニの新潟から北陸までのエリアなんで・・・」
(どんな仕事なんけ?)

「コンビニのISDNの工事です!」
(な〜に!今さらISDNけ?)

「そうなんですよ。パケットでつなぎっぱなしでセキュリティーの面でもいいんです!」
(ポケット・・・ワハハハハ・・・パケットってどんなんけ?)

「ハハハハ・・・普通の電話は受話器を取ると料金が発生するけど、ISDNのパケットは受話器を取っても話さないと情報が伝わらないから料金が発生しないんですよ!だから・・・お得・・・」
(じゃぁ、鼻息で“フンフン、フフフフフン、フフフンフン”って本部とコンビニ店の間で暗号の解読書を持って、やり取りすれば料金発生せんげんね!ワハハハハ・・・話してないもんね!ワハハハハ・・・)

「アハハハハ・・・すごい発想ですね!そんな発想普通しませんよね!ハハハハハ・・・普通の頭じゃありませんよね!ハハハハ・・・うんでますね!ハハハハ・・・その発想何かにいかせないもんですかね!?」
(ワハハハ・・・それ!ぜんぜん、ほめ言葉になってないわ・・・ワハハハハ・・・そんなもん、今まで役に立ったこと一度もないわ・・・ワハハハハ・・・)
いかせられるものなら、とっくにいかしとるけどな・・・無理っ


〈よもやま 123〉 〔2009年1月9日〕 【便器】
「お客様N様」(Ms.Y)との会話

(あれっ!指輪してるじゃないですか?久しぶりに帰って来たと思ったら・・・侘しい1人暮らしみたいなふりしちゃって・・・しっかり楽しい私生活を送ってますね!右手の薬指ってことはまだ結婚してないですね?怪しげな指輪やね!?)
「まだしてないです!」

(次に来た時は右手から左手へ移ったりして・・・バスガイドさんのように“左手に見えますのが指輪です!”みたいな!・・・ハハハハ・・・えーと、今までもしてなかったよね?)
「いやいや、まだ一度もしてないですよ!」

(だよねっ!いや〜最近、うちのお客さんでも離婚する人多いから・・・でも、また再婚する人も多いよ。今は人生やり直せるから、大丈夫だよ!うん!!)
「って、まだしてないですって!・・・でも結婚するとささいな事でケンカするらしいですね!会社の人で夫婦で大ゲンカしたっていうんですけど、発端は玄関の靴の脱ぎ方だったって・・・」

(そうなのよ、ささいな事なのよね!トイレの便座を上げておくかどうかで、もめたっていう話も聞くよ!)
「トイレの便座はねぇ、あります、あります。オレがトイレに入った後、母親が入ったんですよ。かなり切羽詰まってたみたいで、便座が上がってるのに気付かずに座って、はまったらしくって、えらい怒られましたよ。言い返すことできませんでした。すごい怒ってたんで・・・ハハハハ・・・」

(お母さん、はまっちゃった!サイズぴったりだったんだ・・・ハハハハ・・・お尻臭くなかったかな?・・・便器われなかった?)
「ワハハハハ・・・あの無防備な状態ではまるとなさけないですよねー。冷たいでしょうし、恥ずかしくて助けも呼べないですよね!」

(そういう時、1人暮らしは困るよねー。家族ならまだ、“何やってんだ!”ですむけど・・・はまりこんじゃって、レスキュー呼ぶことになったりしたら・・・むちゃくちゃ情けないよね!ハハハハハ・・・)
「それだけは避けたいですねぇ・・・ハハハハ・・・」
レスキュー隊員も便器から尻を救出!は避けたいですよねぇ・・・便器も尻も粗末に扱えないし・・・冷え性になると大変だし・・・



◎2008年


〈よもやま 114〉 〔2008年12月17日〕 【日焦げ】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

(Tさん、首のところホクロあるじィ!知っとる?)
「ホクロですか?シミでないですか?年齢のせいかシミが増えて・・・」

(そうかな?シミかな?・・・しみませんって言えばよかった?ワハハハハ・・・)
「ワハハハ・・・誰に謝るんですか?・・・今年の夏、子どもとプールに行って日焼けしてすごいシミになったんですよ!日焼けと言えば去年はもっとすごかったんですよ。プールに子どもと行ったんですけど、そこのプールは裸足でないとだめでプールサイドで半日位で足の甲が日焼けして、すごい水ぶくれになったんですよ!」

(どれくらいけ?)
「足の甲から指先まで、パンパンに・・・全体に1.5センチ位の厚みで水ぶくれになりましたよ!日焼けというより焦げたんです!ハハハハ・・・」

(ワハハハハ・・・日焦げ?それでどうしたん?)
「医者に行きました。」

(何科け?)
「皮膚科に行ったんですけど、そこの先生に“日焼けでこんなんにならん!熱湯でもかけられたか?”って言われて・・・」

(夫婦間の虐待?ワハハハハ・・・UVじゃなくてDV!?ワハハハハ・・・)
「ワハハハハ・・・そうです!先生は“しばらくすれば、自然に水ぶくれは引くからこのままにしといた方がいい!”って言うんやけど、どうしても痛くて・・・そしたら“注射で水抜くしかない!”って言うから抜いてもらったんやけど・・・」

(注射で水抜いてもいいがけ?)
「もう、痛くて痛くて、そうするしか方法がなくて・・・それが水抜いたら、あまった皮膚がダブついて・・・ブヨブヨになって・・・」

(パンパンからブヨブヨ!?ワハハハ・・・カルテに日焦げ!って書いてあったけ?ワハハハハ・・・)
「ワハハハハ・・・重度の日焼けって書いてありましたね!会社には靴を履いて行けないから、包帯にサンダルで1週間位行きましたよ!」

(遠目に見るとちょっと大きめの小粋な白い靴を履いとるように見えるね!!ワハハハハ・・・)
「ワハハハ・・・そうですね!サンダルでも指の関節を曲げると痛いから、すり足で歩いてましたね!ハハハハ・・・」

(ワハハハ・・・剣道何段?)
「ハハハハ・・・家では毎日黄色のくさい薬をつけて包帯してました。薬をつける時皮膚が遊んどる感じで・・・ハハハハ・・・」

(皮膚が幽体離脱しとるんやね!!ワハハハハ・・・)
「ワハハハ・・・そうです!でも、その下の新しい皮膚まで日焦げで真っ黒でしたね!それから、1週間後に子どもが“海に行きたい!”って言い出すもんで、その状態で海に行きましたよ!」

(え、えっ、マ、マジで・・・その足でよく行ったね!?自殺行為や!オレなら行かんね!!)
「それでひざ位まで海に入ってたんですけど、水を抜いた注射の針の穴から砂が入ってしまって、足の周りを縁取るようになったんですよハハハハ・・・」

(それ!すごくないけ?縁取りわらじ?ワハハハ・・・皮膚科の先生に水抜いてもらった時、針の穴を縫ってくれ!って頼めばよかったんにワハハハハ・・・そしたら砂入らんかったんでない!)
「そうですかね・・・バイ菌が入ったらいけないから針の穴からマキロンを注入しましたよ!ハハハハ・・・」

(ワハハハハ・・・資本注入でなくてマキロン注入け?針の小さな穴から、よく入ったね・・・子どもさん“パパ!僕の試練によく耐えたね!って言わんかったけ?”ワハハハ・・・)
「もう、いじめでしたよ!大変でした!しばらくして足の甲から指先全体が厚み2ミリくらい“ガバッ”って一気にむけましたよ!ハハハハ・・・すごかったですよ!足を縁取った砂もきれいにとれましたよ。」

(ワハハハ・・・靴下を脱いだ感じやね・・・ガバッって音したけ?)
「それはせんかったけど・・・」

(全体に2ミリの厚さで?ワハハハ・・・前代未聞やね!!砂も取れてよかった!点々と砂が食い込んで残らんでよかった!去年に続いて今年も日焦げしたんや!懲りんかったんや!来年はどこ焼くが?・・・)
「ひ・み・つ・・・ハハハハ・・・」
今やから笑って話せるけど、その時は大変でしたね!本当に良き父親です!!脱帽です!日焼けはヤケドです・・・ご注意!


〈よもやま 113〉 〔2008年12月17日〕 【車のキー】
「お客様K様」(Ms.Y)との会話

「大学の頃、卓球をやってたんですけど大会へ車で行ってたんですよ。すごく強い先輩がいて第1シードだったから、待ち時間の間に“車貸してくれ!”って言われて何か買いに行ったんですよ。私の車で・・・」
(強い人は出番が遅いんですね!)

「そうそう、だけどちっとも帰ってこないんで、他の車で探しに行ったんです。」
(まだ携帯のない頃ですか?)

「そうです。はるか昔です。やっと見つけたら“車のカギをなくした!”って言うんですよ。怒るに怒れないし・・・」
(えーっ!)

「“指でくるくる回してたら飛んでった!”って・・・」
(どこにいったか見つからなかったんですか?)

「そうなんです。皆で探したんですけど・・・でも、試合時間は迫ってくるし、車はそのまま置いといて会場に戻ったんです。何せ、県1位の先輩なんで・・・」
(強〜い!!でも試合に出なきゃ勝てないしね!)

「結局、“ミスターキー”を呼んで新しいカギを作ってもらったんですよ。そしたら、そこへ先輩が試合終わってやってきて“カギあったわ!”って・・・」
(えーっ、カギ作っちゃってからですか?)

「そうなんですよ。どこから出てきたと思います?試合終わって着がえてたらポロッてパンツの中から・・・もう、まいりましたよ・・・」
(えーっ、どうやって、そこへ・・・ミスターマリックもびっくり“きてます!きてます!”ハハハハ・・・パンツもびっくりですよね!パンツも無断で進入されたんじゃ驚きを隠せないですよね!ハハハハハ・・・)

「ハハハハ・・・まったく、どんなふうに引っかかってたのか、よく試合中に落ちなかったと思って・・・ここがキーポイントなんですけど、しぶといキーでしょう!ハハハハ・・・」
(ハハハハ・・・違和感なかったんですかね・・・それってユニホームのパンツの中なのか、本当のパンツの中なのかハハハハ・・・)

「作った車のカギ“これ、買いませんか?”って先輩に聞きましたよ!」
(いやっ、パンツの中から出てきた古いほうのカギを買ってもらった方が安全でいいと思いますよ!本人の臭いは本人にはわからないでしょう!?ハハハハ・・・)
パンツって不思議ですよね!いつだったか芸能界の大物もパンツの中に隠してましたよね・・・ブツを・・・魔法のパンツの魔力!!ドラえもん?


〈よもやま 105〉 〔2008年11月15日〕 【最近のテスト】
「お客様Y様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「最近の中学生はテストの時に先生から“シャーペンと消しゴムを持って来なさい!”って言われないと持って来ないらしいですね。」
{エーっ、そんなもん、オレが先生なら“帰れ!受験する資格なし!”って言うよ。}

(そう、昔はそんな感じでしたよね!友達に借りるとかしましたよね・・・)
「友達の消しゴム、半分ちぎってもらうとかしましたよね!」

{オレなら、パンツのゴム引き抜いてでもやるね!!}
「ワハハハハ・・・それじゃ、布に包まれてるから消せないでしょう?」

{そんなことないよ!ないよりましや!気合や!布むいてゴムむき出しにして消しゴムとして使うね!!ワハハハハ・・・あると思います!}
「ワハハハハ・・・ないと思います!」
パンツのゴム引き抜いたら、学校帰りが心配かな・・・


〈よもやま 97〉 〔2008年10月18日〕 【ATMのおじぎ】
「お客様S様」 (Ms.Y)との会話

「リーマンブラザースつぶれましたね。」
(アメリカも大変ですよね。日本の景気もどうなりますかねぇ?)

「銀行には公的資金が投入されて・・・確かに銀行がつぶれると困るけど、なんかずるいですよね!」
(本当に。うちの店つぶれても誰も助けてくれませんよね!)

「日本の銀行も今は結構、儲かっているのにろくに利息も付けないで・・・手数料ばっかり取るんだから・・・」
(皆そう言ってますよ。時間外におろすと手数料取られるって怒ってますよ。“これ、オレの金だぞ!!”って)

「僕、前に夕方6時ぎりぎりにATMにすべり込んでカード入れたら、なんとか間にあったんです!暗証番号打って金額打って・・・機械がパタパタパタ・・・ってお札数えてるのが聞こえるんですよ!よかったぁ〜ってホッとしてたら、いきなり機械の画面が“申し訳ありません。本日のお取引は終了しました。”って女の人の絵がおじぎしてるんです。」
(えーっ、お札数えといて出してくれないのー!?)

「そうなんですよ。数えてる最中に6時になったんでしょうね。思わず笑っちゃいましたよ。ハハハハ・・・」
(私なら機械相手に怒っちゃいますよ!“ちょっと、それはないだろう!返せ!びた一文まけない!”ってハハハハ・・・)

「例えばラーメン屋さんで注文したみそラーメンを目の前で作ってて、できあがった瞬間6時になったからって“お客さん閉店時間なんで明日の朝また食べに来てください。”なんて言わないじゃないですか!ふつう・・・」
(そーだよねー!カード受付たんなら、せめてその取引までは、ちゃんとやってくれなきゃ!それが人情ってもんでしょ!ハハハハ・・・)

「まぁ、相手は機械ですけど・・・でももし、6時になったのがお金の取り出し口が開いた瞬間だったら、どうなってたんだろうって・・・」
(手を入れたとたん、閉まったりして・・・手がはさまれたりして・・・もしかしたら指がちぎれたかも、プツンって・・・ハハハハ・・・機械情ってないんですかね・・・プログラムしとけばいいのに・・・)

「機械が“やめてください。ドロボー”って叫んだりして・・・ハハハハ・・・」
(警報が鳴って警備員が飛んできたりして・・・そしたら“オレの金!オレの金!!返せ!すぐ返せ!!”って言わんなんよね!)

「ハハハ・・・それ以来、そこのATMは行ってないです!縁起が悪いんで・・・」
通帳の残高も減ってなくてよかったけど、パタパタパタと数えたお札はどこへ行ったのかなぁ?おじぎしたお姉さんの懐?・・・


〈よもやま 96〉 〔2008年10月12日〕 【お産にカツ】
「お客様F様」 (Ms.Y)との会話

(○○君も大きくなったねぇ!もう小学4年生だもんね!)
「生まれた時は小さかったんにねぇ!3千足らずだったんですよ。隣に4千いくつの子がいたもんだから、うちの子小さくてかわいいなぁって・・・お産が大変だったんですよ。おしるしがあって入院したんだけど、子どもがちっとも下におりてこなくて、10分間隔になってもまだおりてこない・・・とうとう2日かかっちゃったんですよ!」

(時間がかかると体力消耗しますよねぇ。)
「入院してすぐダンナの親とうちの親と弟まで皆、病院に集まっちゃって・・・なのに、なかなか生まれないもんだから、皆で産婦人科の見学ツアーみたいになっちゃってハハハハ・・・“ここが分娩室かぁ〜”なんてね!」

(なかなか、普段見られる所じゃないから・・・皆興味津々でしょうね!)
「そうなんですよ!それでとうとう看護士さんが“まだまだ生まれないから皆さん帰ってもらって!”って言われちゃって・・・ハハハハ・・・」

(あらあら、追い返されちゃったんだ!ハハハハ・・・)
「2日間ろくに食べんと痛いわ、おりてこんわで苦しんでるところへまた、うちのお母さんがやって来て“お産に勝つ!やトンカツ食べ!!”って揚げたてのトンカツ持ってきて・・・」

(“お産に勝つ!”ですか、それは初めて聞いたなぁ〜ハハハ・・・部活とかで“試合に勝つ!”はよく言ったけど・・・お弁当にトンカツ入れてもらいました。懐かしいなぁ!母の愛ってやつですね!)
「“こんなに痛いのにトンカツなんて、食べれん!”って言うたら、うちのお母さんダンナに“あんたもお産に勝たんなんから、食べ食べ!”ってハハハハ・・・ダンナも私が食べれんのやから、外で食べますとか言えばいいのに“ごちそうさまです!”って私の目の前でパクパク食べるんやから・・・まったく、もう!!ハハハハ・・・人が苦しんでるのに・・・」

(ハハハ・・・本当に大変なお産やったんやねぇ!そういう経験しちゃうと2人目はもう、いらんって気持ちになりますか?)
「ううん、本当はもう1人女の子が欲しい気持ちもあったんやけど、親の健康状態とかいろいろあって・・・間があいちゃってねぇ・・・」

(時期をのがしちゃったんや!)
「そう・・・それでこの子に幼稚園ぐらいの時かなぁ“弟か妹が欲しいか?”って聞いたらしばらく考えて“お父ちゃんとお母ちゃんと僕の3人で仲良く生きていこうよ”って・・・ハハハハ・・・」

(うわぁ・・・○○君が幼稚園の時にそんなセリフを言ったの?すごーい!名言やね!!ハハハハ・・・)
「まぁ、つまり両親を1人占めって訳やね!」

(名言の上に意味も深い・・・)
○○君とってもかしこくって素直・・・いつまでも素直なままでいてほしいもの・・・


〈よもやま 89〉 〔2008年9月19日〕 【切り渡し】
「お客様 I 様」 (Mr.X)との会話

「雑談魂見てますよ!」
(本当に?ありがとう!)

「今度ネタ考えて来んなんですねぇ・・・ネタ考えとってワハハハ・・・お客さんの頭トラ刈りにしたことハハハ・・・ないんですか?ワハハハ・・・」
(ワハハハ・・・それヤブイって!)

「ワハハハ・・・ヤバイでしょ!」
(そっか!ワハハハ・・・それってヤブ切り!?ヤブ切りして渡す?ヤブ切りの渡し!ワハハハ・・・何かあったよね!昔・・・ワハハハ・・・矢切の渡しか?違うかぁ!)

「それそれ、ホソカワタカシの!ワハハハ・・・」
(そんなヤブ切りして渡せんよ。ヤバすぎや!)

「ワハハハ・・・ヤバイです!」
(そんなことしたらもう、リストラや・・・トラ刈りだけに・・・)
これ!何かめちゃくちゃひどくないけ?皆さん、どう思います?強引?暴走?本当、腹痛かったです、ヤブ切りの渡しのところが・・・


〈よもやま 84〉 〔2008年9月13日〕 【胃カメラ】
「お客様N様」 (Ms.Y)との会話

「最近、ちょっと調子が悪くて胃カメラのんできたんです。」
(麻酔した?)

「喉のところだけ・・・家の近くの消化器系の医院なんだけど、看護婦さんが“うちの先生、上手だから麻酔なしで大丈夫ですよ!”っていうから・・・」
(上手やった?)

「ぜんぜん・・・ゲーゲーやっとったら、先生が“ゲーゲーやらんといて!”って言うんやけど、そんなの無理やろ!!ハハハハ・・・ゲーゲー出るもんは出るし・・・」
(大変やったねぇ!初めてなのに・・・)

「年寄り先生なんやけど、カメラ見ながらやたら、しゃべるんやて・・・“ほー”とか“ありゃ”“これ、なんや?”とか“こんなん、初めて見た!”とか実況中継しながらやっとるし気が気じゃなくて・・・終わったところで、看護婦さんにこそっと“何かできとったんけ?”って聞いたら“それは先生から聞いてください”って言うもんやから、かえって何かあったんじゃないかと心配で心配で・・・覚悟したわ・・・結局ポリープ2つと火星のクレーターみたいのと潰瘍があったんやけど、良性やから大丈夫やって・・・薬もらってきてん。」
(薬だけで治ったんや!よかったね!でも月のクレーターと違っとった?ハハハ・・・)

「うん、表面の形が少し・・・ハハハハ・・・でもその先生やたら“仕事どうや?儲かっとるか?”とかうちの経済状況を聞くんやって!だから、ぜんぜん儲かってない、大変なんやって言ったんや。そしたら“それなら薬少なめにしとくね!”って言うんやって、儲かっとったら、いらん薬まで出すんかなぁ?とか思ってさ。」
(え〜っ!何それ!ちょっとひどくない?人によって値段違ったりして・・・お医者さんの値段って言い値だもんね!分かんないよね!私達には・・・)

「そうやろー!会計の人まで“大変な時は言って下さいね!”なんて言うんやよ!ハハハハ・・・それって、どうなん?って感じするやろ?」
(お金なかったら割引してくれるんかな?それやったら、儲かってないって言った方がいいよね!)

「胃カメラの他にも検査して2万円くらい払ってきたんやけど・・・検査の結果が2、3日後に出るって言うから、2、3日して行ってんて、そしたら先生“調子どうや〜?”って言うから、どうやじゃなくて、検査結果聞きにきてんてって思ってんけど“検査の結果どうですか?”って聞いたら“検査したっけ?”って・・・」
(えーっ!!!とぼけ過ぎやね!黙っとったらまた、胃カメラのまされて、ゲーゲーになるね!胃カメラのむの上手になるけど、また2万円や・・・ハハハハ・・・)

「パソコン見たら“あーっ、あった、あった!”って・・・冗談じゃないって!!」
(ハハハ・・・パソコンには入ってるけど、先生の頭の中にはぜんぜん入ってないんや・・・)

「そうそう、もうしっかりしてよって感じでさー!パソコンと頭、ケーブルでつなげといてって感じや!ハハハハ・・・まいったよ・・・」
(そうやって、何回も何回も検査繰り返して、儲けたりして・・・)
経済状況で値段決まったら、困るよねー!あると思います!


〈よもやま 80〉 〔2008年9月4日〕 【消えぼっくい】
「お客様 I 様」 (Mr.X)との会話

「この前、スーパーで買い物して袋に入れようとしてたら、昔付き合っとった人がこっちに向かって歩いてくるんですよ・・・自然と名前をつぶやいてましたね・・・焦りましたよ。」
(声かけんかったんけ?)

「いやいや、それがあまりに変わってて昔のイメージと全然違うもんで・・・すっげえ、おばさんになってたんで、もうがっかり・・・」
(ワハハハ・・・あまりに変わり過ぎてイヤやったんやね!そんなにひどかったんけ?でも、I さんよく気付いたよね!?)

「そうなんですよ!初めは何者?って思いました。」
(マジで?・・・何者?って・・・くせ者!?ワハハハ・・・)

「ハハハ・・・それで見られたくないので背を向けて丸まって袋に入れてたんですけど、オレそのまま袋に入りたかったですよ!スポンって・・・頭だけでも・・・ハハハハ・・・そのうちいなくなってたんで本当によかった!!」
(ワハハハ・・・もしかして、向こうも気付いとったんでないけ?本当に頭だけでも入ればよかったぁ?)

「ワハハハ、ですかね?・・・でも、もう少し若く見えたら、声かけてましたよ、ギンギンで・・・エヘヘヘ・・・」
(ワハハハ・・・もっと分厚く化粧しとったらよかったかなぁ・・・焼けぼっくいに火が付いたりして・・・)

「そんなことないですけど・・・若い頃のイメージが粉々に壊れてもう、なんだか哀しくなりましたよ・・・ア〜アぁ、人生ってこんなもんですよねぇ・・・」
(そうやねぇ。思い出は昔のそのままの方がいいよね・・・)
そのスーパーもう、行けんね・・・また会ったらもっと哀しくなるから・・・時の流れって怖い・・・


〈よもやま 75〉 〔2008年8月19日〕 【ディズニーランド】
「お客様U様」 (Mr.X)との会話

「以前、ディーズニーランドに行ったときなんですけどプーさんのハニーハントで妻と子どもがいっしょに乗って、私は別のカートになってしまったんです。2列のカートで私が1人で前列で後に別の恋人カップルと乗ることになってしまって・・・プーさん乗ったことあります?」
(ないわ・・・)

「鏡の前に止まるところがあるんですよ。3つのカートのうち、1つだけプシューって空気が吹き出すところに止まるんです。それが当たりなんですけど・・・今日は当たらなきゃいいなぁ〜って思ってたんですよ。そしたら、そういう時に限って運悪く当たるんですよねぇ〜これが・・・もう、ガックリですよ。普通はプシューってなってみんな大喜びで鏡に向かって手を振るんですけど、こっちはおやじ1人でしょ、手を振ったらおかしいじゃないですか!」
(別に!いいがんないけ?ワハハハ・・・)

「え、えっ!何言ってるんですか!後のカップルといっしょに鏡に映るんですよ!!どうリアクションしたらいいのか・・・なんか、情けなくってガクッって・・・撃沈でした。いじめですよ・・・もう、途中で降りたかったですよ。本当に・・・」
(ワハハハ・・・ニコニコ笑って手振ればよかったんに、仲良し三人組や!・・・クールな顔してピースをしてもよかったし・・・鏡に映った自分の顔に酔いしれてもよかったし・・・鏡を独り占めしてもよかったし・・・ワハハハ・・・)

「ワハハハ・・・できないです!できないですって!!」
(それなら、初めから後向きに座って恋人達と向き合って乗ればよかったんでないけ?そしたら鏡に映っても平気やし・・・)

「ワハハハ・・・完全に他人事で言ってますよねっ!まったく、何言ってるんですか!わかります?あの状況で乗ったものじゃないとあの時の気持ちはわからないですよ!プーさんはおやじ1人で乗るもんじゃないですよ・・・さらし者ですよ!」
1人で乗るはめになった、おやじ達を乗せるための専用カートを用意してくれればよかったんになぁ・・・そしたらおやじ達楽しめたよね・・・残念!!


〈よもやま 74〉 〔2008年8月19日〕 【USJ】
「お客様U様」 (Mr.X)との会話

「2日前にUSJに行ってきたんですよ。時間的に余裕がなかったんで、お金を出して優先チケット買ってスイスイ乗れましたよ!エヘヘヘ・・・」
(ワハハハ・・・金にものをいわせて乗ったんやね・・・)

「そんなんじゃないですって・・・名前は忘れたんですけど横一列、4人乗りで足がブラブラするジェットコースターに乗ったんです。怖かったですよ・・・それでたまたま、隣が高校生位のお兄さん達だったんで、大きい声出せないなぁって思ってたんですけど、走り出したらそのお兄さん達が“降ろしてくれ!!”“死にそうだ!!”“殺してくれ!!”とか派手に叫びだしたんですよ。」
(隣のお兄さん達が叫ぶたびにお兄さんの方に向いて“オレも・・・”“オレも・・・”って言えばよかったんに・・・ワハハハ・・・)

「ハハハ・・・それってかなり変でしょ?」
(大丈夫や、大丈夫やって!!面白いがいね!仲間になれたんに・・・)

「無理です!できないです!でも、これは負けちゃいられないなぁと思って私も“わーっ、降ろしてくれ!!”とか大声で叫びましたよ!」
(ワハハハ・・・一体感を味わえたんやね・・・)

「一体感?それはないです・・・でも、かなりスッキリしました・・・」
(そうなんや、ストレス解消やね!)
話している時のUさん、少年のような目をしてかなり、うれしそうでした!ストレス解消できてよかった・・・病みつきや・・・


〈よもやま 55〉 〔2008年5月11日〕 【続・続・タヌキ】〈よもやま 31〉【続・タヌキ】〈よもやま 20〉【タヌキ】の続・続編です。
「お客様N様」 (Mr.X)との会話

(N君、お母さんどう?バレてないけ?)
「大丈夫!見せてないから、安心して・・・でも、最近、お母さん体重のこと一切言わなくなって、かなり増えたみたいです。TVでダイエット番組が始まるとチャンネル変えるんですよ!グルメツアーの番組とかに・・・ハハハ・・・」

(それって、体重かなり増えたんけ?お医者さん行っとる?)
「お母さん、医者でいろいろ言われるのがいやみたいで・・・行ってないです。そうとう増えてます!!きっと・・・コロコロしてて毎日増えてるって感じなんで・・・」激笑

(ウーハハハ・・・腹痛てーェ!それ、ヤバイよねぇ!)
「多分・・・エヘヘヘ・・・」

(心配でないがけ?)
「ちっとも心配でないです。今は、クリーム系のケーキがカロリー高いし、コンビニのケーキが安くてボリュームあるんで2個買って“僕、クリーム系が苦手だから・・・”って言ってお母さんに食べさせてます。」笑

(それって、マズイって、一度聞きたかったんやけどN君、お母さんをどうしたいがけ?最終的にどうなれば満足なんけ?)
「メタボがどこまでいくのか、見てみたいんです・・・すすんだメタボがどれくらい体に悪いのかも見てみたいし・・・ヘヘヘ・・・」

(そんなもん、メタボってだけで体に悪いこと知っとるやろ!?)
「でも、この目で見てみたいから・・・この企みお母さん以外の家族みんな知ってます。お父さんはお母さんに運動させないようにスーパーに買い物にも行くんです。」

(何?お前は行かなくていい、カロリーを使うなって感じで?)
「そう、で、お酒が入るとお父さんも“タヌキ”って呼んでます。みんなで“タヌキ”って呼ぶんです!お姉ちゃんも何かで切れたら“タヌキ”って・・・」笑

(お父さん、“タヌキ、お酒のおかわり”って感じで言うがけ?)
「そうです・・・ハハハハ・・・」

(お母さん怒らんがけ?)
「怒らないです。」笑

(お母さんに何か言うことない?)
「メタボに負けるな!どんどん増やしてがんばれって感じです。ハハハハ・・・」

(N君、そうやって楽しんでるようやけど、オレ達も楽しでいいがけ?)
「いいですよ!オレ、友達にもこの話してるから・・・楽しんでもらえれば・・・」笑
何かだんだん、マヒしてきたわ・・・レッドゾーン突入や・・・好きにして・・・Give me!平常心・・・


〈よもやま 53〉 〔2008年5月3日〕 【リハビリ】
「お客様T様」 (Mr.X)との会話

「スポーツのしすぎで左足の筋肉疲労で整形外科のリハビリに行って電気をかけてたんですよ。」
(効いたけ?)

「結構、効果がありましたね!それである日、気持ちよく横になってたら、隣に腰痛のおばあさんがリハビリで電気をかけに来たんです。おばあさんの機器のボリュームが小さかったのか神経が鈍くて感じなかったのか、そのおばあさん自分で勝手にボリュームを上げたんですよ。そしたら、オレのがだんだん強くなってきて・・・でも、そのおばあさん“何かぜんぜん効かんわ!”ってつぶやきながらボリュームをどんどん上げていってギュイーンってMAXまで上げたんです。そんなもん、オレの足の痛いこと痛いこと“痛てぇ!!”って叫びましたよ。」
(ギュイーンって音したんけ?)

「それはしてないですけど・・・そのおばあさん自分の機器のボリュームでなくてオレのを上げやがって・・・」
(そのおばあさん、何て言うたんけ?)

「“効いたけ?”って普通の顔して・・・もう冗談じゃないですよ!!お前は医者か?って・・・
(ワハハハ・・・お前は医者か?って言うたんけ?)

「それは言ってないですけど・・・言いたかったですよ!!足は勝手に踊ってドッコン、ドッコンいってるし・・・ババア!殺す気かって・・・」
(ワハハハ・・・ババア!殺す気かって、言うたんけ?)

「それも言ってないですけど・・・心で叫びましたよ!!天国から地獄や、まったく、最近の年寄りときたら・・・」
(ワハハハ・・・まったく、最近の年寄りときたらって言うたんけ?)

「それも言ってないですけど・・・心でつぶやきましたよ・・・」
(思ったことあんまり、言えんかったんやね・・・そのおばあさんのボリュームもMAXまで上げてやればよかったんに・・・)

「そんなことしておばあさん、動かんくなったらどうするんですか?」
(まぁ、そりゃそうやね・・・冷たくなったら・・・ヤバイし・・・)
勝手に機器をさわったらいけませんよね。ましてや、他人のをいじるなんて・・・しかもMAXまで・・・


〈よもやま 45〉 〔2008年4月10日〕 【カメラマン】
「お客様 I 様」 (Ms.Y)との会話

(最近、写真撮ってますか?)
「ちょこちょこ行ってるんですけど、この前、東山へ行ってきたんです。古い看板があって、レトロな感じがいいんですよ。」

(ほーっ、いいのが撮れました?)
「うん、まあまあ・・・その時、若い女の子3人組に“写真撮ってください!”って、頼まれたんです・・・」

(I さん、いい人に見られたんですね!よかったですねっ!!かわいい子いました?)
「エヘヘヘ・・・ええ、なかなか・・・でうれしくなっちゃって・・・久々に興奮しました・・・でも、見たことないようなデジカメなんで“ここ押せばいいんですね!”って張り切ってシャッター切ったら、2人目の女の子もデジカメ持ってきて“これでも、撮って下さい!”って・・・でまた張り切ってシャッター切ったら3人目の女の子もまた、持ってくるんですよ。ついてるって言うか何て言うか・・・うれしさ3倍!?・・・独り占め?・・・」

(女の子3人にカメラ3台ですか・・・)
「でも、3人目のカメラに液晶がないんですよ、変だなぁと思いつつ、丸い穴があったからのぞいたんだけど、何も見えないんで・・・あれぇ〜と思ってたら“それ、反対です!”って言われて・・・僕レンズの方をのぞいてたんです・・・3人して爆笑してるんですよ・・・もう、顔から火が出そうでした、穴があったら入りたかったですよ・・・レンズの穴じゃ、小さいし・・・」

(見知らぬ人にたばこ吸いたいから顔の火貸してくれって言われませんでしたか?)
「ワハハハ・・・それはなかったです!あったら貸しましたよ・・・マジで・・・」

(うけました?って切り替えさなかったんですか?)
「だって、もう顔真っ赤ですもん・・・シャッター押して走って逃げましたよ。振り返ったら、3人して頭よせて、ちゃんと撮れてるか確認してました。もう、恥ずかしくって恥ずかしくって・・・バカなおやじと思われたでしょうねぇ・・・でも、反対向きに渡す方も渡す方でしょ?」

(思いやりに欠けてますよね。デジカメもいろんな種類が出てるから、わかりませんよねぇ!でも、女の子と話せてよかったでしょう!!10才は若返りましたね!!)
「ええ、まぁ、確かに・・・次の機会には失敗しないでちゃんと撮ってみせますよ・・・」
I さんは爽やかな人だから、それに酒も入ってなかったし、目がギロギロしてなくてよかった・・・次はバッチリ決めてねッ!


〈よもやま 37〉 〔2008年3月22日〕 【抜け毛】
「お客様M様」 (Mr.X)との会話

「最近、抜け毛が止まったようなんやけど、薄くなってない?」
(ぜんぜん、気にすることないよ。もし、人間生まれた時から頭に毛が生えてなかったらハゲで悩むこともなくてよかったんにねぇ!)

「頭に毛がなかったらこの商売どうなるんけ?」
(違う仕事しとったよ。でも、突然変異で頭に毛が生える人がいたら、きっと学校でいじめられるよねぇ!)

「そしたら、みんなツルツルにそるやろ!反対にヅラつけるのがおしゃれなファッションになったりして・・・みんなその日の気分でいろんなヅラつけるようになるかもしれんねぇ。ヅラのレンタルなんていい商売になるんじゃないけ?」
(“レンタルヅラ”やね!!)

「値段は1泊2日で1,000円くらいかなぁ。クリーニングもせんなんから・・・」
(レンタル料金100円の時ないがけ?)

「サービスデーとかウィークデーは100円やねぇ!でも、そんなことしたら殺到するねぇ。」
(在庫ヅラなくなることないがけ?)

「正月とかゴールデンウィークの頃はそうなるかもねぇ!そういう時期は割増料金にせんなんね!!」
(でも、忙しすぎてクリーニングしとる暇ないかもね・・・)

「そのときは“クリーニングしてないんですけどよろしいですか?お安くしときますよ。”って断って貸す出しになるねぇ。」
(臭いじィ!ワハハハ・・・)

「そしたら、簡易消臭剤を使うことになるねぇ!!」
(ファブ○−ズとか?)

「ファッションヅラやから、いろんな色があればいいねぇ。例えば電子レンジで赤なら何分、青なら何分とかチンして発色するげんて!」
(電子レンジやりすぎて焦げることないがけ?)

「チリチリになってアフロヘアーやねぇ。ハハハ・・・その時は弁償してもらわんなん。貸し出す時、補償料もらっとかんなんなぁ。」
(でも、そのままアフロヘアーヅラで貸し出せば・・・どうけ?・・・)

「頭皮の温度で変色するのもいいかもねぇ!怒って頭の温度が上がると赤くなるとか・・・上司が怒り出したらダンダン赤くなったりして・・・」
(ご機嫌のバロメーターやねぇ。赤い時は噴火といっしょやから近づいたらダメねんよ!!)
限りなく話が広がっていくM様でした・・・縮小版でお届けしました・・・


〈よもやま 33〉 〔2008年3月7日〕 【一人暮らし】
「お客様M様」 (Ms.Y)との会話

「うちの一人娘が大学で県外のアパート借りてた時に・・・テレビ見てるとよくやってるでしょ、一人暮らしの女の子が襲われたとか、殺されたとか・・・」
(親としては心配ですよねぇ〜一人娘ならなおさら、ストーカーの事件とかもあるし・・・)

「そーなのよ、それで娘に戸締りしたかとか夜遅くなるなとかしょっちゅう電話してたのよ。心配で・・・心配で・・・」
(そーでしょうねぇ、初めて親元から離れた訳だし・・・)

「でも、あんまりしょっちゅう電話するもんだから娘が“お母さん、もっとよくTVを見てみなよ、襲われてるのはきれいな子ばっかりなんだから私は大丈夫だよ!”って・・・で、TVをよく見ると確かに娘の言う通り、きれいな子ばっかりなんだわ、これが!!な〜るほどと思ってそれ以来、あんまり心配しなくなったの・・・ハハハ・・・」
(ハハハ・・・確かに言われてみれば、きれいな子が多いかも・・・でも、そこで納得しちゃっていいんですかぁ〜まぁ、本人が自分で言うんだからいいか・・・)
コメント・・・一切できません・・・


〈よもやま 29〉 〔2008年2月27日〕 【命の水】
「お客様S様」 (Ms.Y)との会話

(お酒は強いんでしたっけ?)
「毎晩飲みますよ。量はたいしたことないですけど・・・海外勤務している時にむこうでおいしいウォッカがあってよく飲んでたんです。日本に戻って来る時にこれが最後になるかもしれないと思って、1本買ってきたんです。」

(お気に入りのお酒だったんですね。)
「そうなんです。免税店で日本円にして2,000円くらいだったかなぁ。右手に子ども、左手にウォッカ、それこそ、命の次かその次くらいの感じで大事に大事に持って帰ってきたんですよ。子どもは落としてケガしても治るけど、ウォッカは割れたらもう飲めませんからね・・・」

(割れたらその場で飲み干せばいいじゃないですか!少々、口の中切ってもアルコール消毒されますよ!!)
「ハハハ・・・なるほど・・・確かに!それで最近、飛行機はテロ対策で液体ものの持ち込みはうるさいじゃないですか!書類書いて、タオルに巻いて、トランクに入れて・・・何せ割れたら荷物が大変なことになると思って・・・」

(その場で飲んでみろって言われなかったんですか?)
「いや、それは言われなかったですね。でも、言われたら飲みましたよ!喜んで・・・だけど日本に帰ってきて、しばらくしてから酒の量販店に行ったらあるんですよ、あのウォッカが・・・」

(よかったじゃないですか!日本でも飲めて・・・)
「それはよかったんだけど・・・免税店で買ったのに、安いんですよ日本の方が・・・1,500円くらいだったんですよ。」

(えーーーっ!!!)
「あんなに大事に持って帰ってきたのはいったい何だったんだ!ってがっくりきちゃって・・・妻には“あなた、バッカじゃないのーっ!”って言われてかたなしですよ。ハハハ・・・」

(あっちは福祉国家だから、ぜいたく品は高いんですかねぇ。)
ちなみにスウェーデンではガソリン1リットルあたり200円くらいだそうです・・・高っ。


〈よもやま 20〉 〔2008年1月10日〕 【タヌキ】
「お客様N様」 (Ms.Y)との会話

「うちのお母さん、お医者さんで4キロやせろって言われてきたんです。だから僕、わざと肉まん買って帰って“食べる?”って聞くんですよ。」
(えーっ、それって意地悪なんじゃないの?お母さんキレない?)

「ううん、満面の笑顔で“ありがとう!”って食べるんです。」
(それ、まずいでしょ!お母さん、自覚ないの?)

「そー。で、うちのお母さんタヌキに似てるんです。体形とか・・・」
(・・・・・・)笑

「だから、言ったんですよ。“タヌキなんだから、もう少しうまく人間に化けられたら授業参観に来てもいいよ”って」
(・・・・・・)笑

「僕、うちのお母さんに対する決め言葉があるんですよ。タヌキって医王山にいるんですってね、だから“医王山へ帰れ!!”って言うんです。」
(えーっ、お母さんキレない?そしたら何て言ってた?お母さん・・・)

「“医王山は里じゃない!!”って」
(・・・・・・)笑・・・そりゃそうだ、里じゃない・・・巣?・・・

「しっぽをくるくる回して飛んでけ!って言ったんです。そしたら、ねえちゃんが“途中で重すぎてしっぽがちぎれて地面に激突!!”って」
(・・・・・・何も言ってないよ、私・・・一言も・・・ノーコメント!・・・この話おもしろいからネクストのHPの雑談魂に載せたいけど・・・)笑

「いいですよっ!!」
(って、でもこれ、お母さんに見られたらバレバレだよ!)

「大丈夫!見せないから、ちゃんと阻止するから!」
(でも・・・お母さんパソコンしないの?)

「ブログしてる。」
(えーっ!!やっぱ、やばいって!!期間限定掲載・・・かな・・・)
この〈よもやま 20〉に関してネクストは一切・・・関知・・・絶対に・・・一言も・・・お~っ、神様・・・早く削除したい・・・



Top
Home
雑談魂(一)
雑談魂(二)
雑談魂(三)
雑談魂(四)
雑談魂(五)
雑談魂(六)
雑談魂(七)

美容室と理容室の融合ヘアーサロン [HairTheNeXt]

Copyright (C) Hair The NeXt. All Rights Reserved.