雑談魂(その五)[Hair The NeXt]


ようこそ “雑談魂”(その五)へ

・・・NeXtのお客様との楽しい会話“雑談魂”(その五)のページです・・・


2014年6月30日(月)スタート

《誤字、脱字お許しください。》

閉じる
Home
雑談魂(一)
雑談魂(二)
雑談魂(三)
雑談魂(四)
雑談魂(六)
雑談魂(七)
雑談魂Pick Up

〈よもやま 500〉になってしまいました。
これからも皆様のご協力をお願い致します。
〈よもやま 501〉からは“雑談魂”(その六)になります。


〈よもやま 500〉 〔2016年2月11日〕 【3回転半】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

(今日は天気いいねぇ。雲一つないぞいね。Hさん!)
「そうですか。」

(スキー日和やねぇ。スキー行かんがけ?)
「どうしようかなぁ・・・って思ってたんですけど、行かないです。」

(スキーいつ行ったんけ?)
「先週行ってきました。」

(スキー場、スキー客多いけ?)
「昔と違って少ないけど、家族連れはそこそこいますね。」

(昔みたいにリフト待ちせんなんがけ?)
「リフト待ちはないです。」

(スキー場も変わったねぇ。)
「変わりましたね。」

(これで冬も終わりかなぁ・・・)
「どうでしょう・・・」

(こんな冬やったら、雪降った日は車に乗らんとけばスタッドレスタイヤに変えんでも、いいがんないけ?)
「でも、去年12月かなぁ、職場に行く間に所々道路が凍った所があってツルツルでスケートリンクみたいになっとって怖かったですよ。3ヶ所ほど車が事故ってましたね。」

(そんなに事故っとったら救急車足りんから順番に拾って行くことになるんかなぁ・・・それやったらスタッドレスタイヤでないと怖いねぇ・・・危ない!)
「そうでしょう。」

(スケートリンクみたいやったらアサダマオおらんかったけ?3回転半しとらんかったけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・いませんでしたね。回ってませんでした・・・ハハハハハハ・・・」

(アサダマオ回っとらんかったけど、車はスピンして回っとったんや!ワハハハハハ・・・)
小さいスケートリンクやったら3回転半はできんよなぁ・・・


〈よもやま 499〉 〔2016年2月7日〕 【誤解されそうな冷たい話】
「お客様A様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「最近のパソコン欲しいなぁ・・・」
{ノートパソコン欲しいがけ?}

「な〜ん、ノートはいらん。タブレットがあるから・・・」
{どこのや?}

「ソニーのタブレットや。いいよ。防水になっとるから、お風呂に入っとる時、いつも見とる。オレ、お風呂入るが長いから、1時間入っとる。」
{長いねぇ。そんなに入っとったらタブレットゆで上がらんけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・大丈夫や!ソニーは放熱に関してすごく研究されとるから、熱こもらんから。」
{風呂の蒸気とかも大丈夫なんけ?}

「大丈夫や!お風呂につけても平気やから・・・」
{え、えっ、すごいなぁ・・・}

「すごいやろ!ハハハハハハ・・・いいよ。うちのお風呂ヤマハのお風呂ねんけど、天井にスピーカー付いとって脱衣場にブルートゥースとかのインターフェイスあるから音楽も聴けるし、タブレットで映像も見れるから、いいよ!!」
{いいなぁ・・・うらやましいなぁ・・・うちのお風呂なんて古いからなぁ・・・音楽なんて聴けんしなぁ・・・今晩、風呂入りに行くわ!何時に行けばいいけ?ワハハハハハ・・・}

「え、えっ、ハハハハハハ・・・う・・・ん・・・何時にしようかなぁ・・・」
{何時がいいが?ワハハハハハ・・・}

「何時にしようかなぁ・・・お風呂が冷え切った頃に・・・ハハハハハハ・・・」
{ひっでぇ、ひごくないけ!ワハハハハハ・・・ねぇ、Ms.Y、Aさんひどいこと言うげんよ。“風呂、冷え切った頃に入りに来い”ってワハハハハハ・・・オレといっしょに入りたないがや!普通“じゃぁ、いっしょに入ろうね!”って言うやろ!?ワハハハハハ・・・}

(それはそれで気持ち悪くない?ハハハハハハ・・・)
確かに気持ち悪いって言えば気持ちわるいなぁ・・・


〈よもやま 498〉 〔2016年2月6日〕 【タトゥー】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「バンドやってる人って、タトゥーを入れてる人が多いからタトゥー入れたいんだけど・・・」
(バンド、K君何やってるの?)

「ドラムです。」
(バンドやってる人達ってタトゥー入れてる人多いの?)

「入れてる人多いです。あと、筋肉ムキムキの人とか。」
(タトゥー入れて大丈夫?)

「う・・・ん・・・入れたい。でも、将来的にはまずいかなぁ・・・」
(バンドマンで生きていくならいいけどね。サラリーマンになるならまずいかなぁ。筋肉ムキムキにしたら?)

「でも、最近、お腹がたるんできてしまって・・・」
(えっ?K君、体操してたから、しまってるんじゃないの?)

「それが今は運動してないから、ぜんぜんたるんでます。」
(服着てるから、そんなふうに見えないけど・・・)

「また、前みたいに鍛えなきゃいけないんだけどなぁ・・・」
{じゃぁ、それなら、お腹に腹筋模様のタトゥー入れればいいがんないけ?ワハハハハハ・・・どうけ?}

「ハハハハハハ・・・かっこ悪っ!いやです。」
{亀みたいなお腹のタトゥー。一石二鳥やぞ!ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・絶対いやです。笑いものです。」
見た目、腹筋模様のタトゥーやったら触られたら軟らかい腹筋プヨプヨや!力入れてみてって言われるか。でも、力入れてもプヨプヨや!って・・・


〈よもやま 497〉 〔2016年2月6日〕 【内緒の作業】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{K君、久々やねっ!元気やったんけ?}
{はい。バイトがバレてボーズに・・・ハハハハハハ・・・3mmでした。」

{何かボーズ頭に目が釘付けねんけど・・・ワハハハハハ・・・}
(前髪、短いね。横と比べても前髪がやけに短いよね!)

{ほんとや!前髪、短いなぁ。}
「早く伸びて欲しいのに・・・」

(前髪は伸びが悪いのよね。 教科書的には横より前髪の伸びは遅いと書いてあったんだけど、本当、その通りだよね!)
{先生が授業中にK君が寝たら3mmのバリカンで切っとるがんないけ?前髪だけ。ワハハハハハ・・・先生“K君、寝てもいいぞ!!”って言うとらんかったけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・言ってないです。」
{それとも夜に先生がK君の家に来てお父さんに“もう、寝ましたかね?”って聞いて“もう、寝込んだようです。”“じゃ、失礼します。”って、夜にK君の部屋に入って前髪だけ切っとるがんないけ?ワハハハハハ・・・あり得るやろ!?}

「ハハハハハハ・・・そんなぁ・・・」
(でも、横の髪と前髪との差が大きくない?)

{ワハハハハハ・・・“この差って何ですか?”って感じやワハハハハハ・・・頭の皮膚、ギュ、ギュ、ギュ、ギュ、ギューーーって横が前にくるようにずらすけ?ワハハハハハ・・・}
(そしたら、バランス悪くない?ハハハハハハ・・・でも、サイドは短く切るからいいのか!?)

{そうや!そうしよう。解決や!ワハハハハハ・・・}
何が解決したのかよくわからんけど、バイドがバレて大変なことになったようでした。


〈よもやま 496〉 〔2016年1月31日〕 【アメリカ出張】
「お客様O様」(Mr.X)との会話

「アメリカ、行ってきましたよ。」
(あっ、そうかぁ・・・出張やたねぇ・・・何か目、青くなってないけ?ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・なってるわけないでしょう!1週間ですよ。1週間。」
(どうやったけ?)

「もう、ステーキばっかりで、あきましたね。」
(ごはんは?)

「ごはんは食べなかったですね。肉、肉、肉、肉ばっかり。500gのステーキに2種類の副菜を選べるんですけど、野菜サラダは日本ならこの手のこぶし位の大きさの器じゃないですか。アメリカはでっかいボールに山盛りです。もう、食べきれなくて残しましたね。」
(え、えっ、Oさん残したんけ?)

「はい。肉、食べきれなくて残したの初めてですね。」
(えーーーっ、そうなん。あり得んよね。あと、どうやったけ?きれいな女の人おったけ?)

「いえ、デブばっかりでした。アハハハハハ・・・」
(アメリカ型のデブけ?)

「そうです。あっ、ファーストフードの店員さんはデブじゃなかったですね。でも、何って言うのかなぁ・・・英語しゃべれないんでちょっと小バカにしているような態度なんですよねぇ・・・」
(えっ、何っ、お客やぞ!お客さんを小バカにするって、どう〜いうことけ?“お・も・て・な・し!”がなってないって言えばよかったんでないけ?ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・何て言うかぁ・・・注文する時も“早く注文しろよ!”って感じなんですよね。なかなか注文できなくて・・・上から目線で言ってるって感じるんですよね。」
(“お前の母ちゃんデベソ!ついでにお前もデベソ!”って早口で言ってやれば、その店員英語で何か言われたって思ったんでないけ?ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・言えないですよ。そんなこと・・・でも、今年の年末頃から3ヶ月か4ヶ月また、アメリカ出張になりそうなんですよ。」
(行きたくないがけ?)

「行きたくないわけじゃないんですけどね・・・行ってもいいんですけど、食事がね・・・」
(日本食のレストランないがけ?)

「あるんですけど、長いから自炊することになるでしょうね・・・あっ、今回のアメリカ出張中はほとんど英語をしゃべらなくてよかったんですけど、帰りの成田からの成田エクスプレスでたまたま隣の席に外国人の女性が座っていたんです。それで英語で声をかけられましたよ。」
(きれいな人やったけ?)

「う〜ん、おばちゃんでした。」
(何て声かけられたんけ?)

「日本のことを聞かれたんです。それで少し英語で会話しました。その電車の中が一番英語をしゃべったかなぁ・・・アハハハハハ・・・いっしょに行った同僚もちょっとびっくりした顔で見てました。アハハハハハ・・・」
(さすがOさん、やる〜っ!3、4ヶ月もアメリカにおったら英語ペラペラになったりして・・・ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・そうなりたいですね。」
(英語ペラペラになってNeXtに来て全部英語でしゃべることにして、日本語でしゃべったら罰金¥1,000とか言うがんないやろね!?ワハハハハハ・・・)
Oさんが肉を残すとはかなりの量やなぁ・・・英語も鍛えんなんけど、胃袋も鍛えんなんなぁ。


〈よもやま 495〉 〔2016年1月30日〕 【折り目】
「お客様M様」(Mr.X)との会話

(今日はどっか行ってきたんけ?)
「スーツのスラックスを修理に出してあったんで取りに行って来ました。」

(どこを直したんけ?)
「腹回りを・・・」

(ぜんぜん太ってないがいねぇ!)
「ちょっときつかったんで・・・」

(いつも会社にはスーツ着て行くがや!?)
「いえっ、普段着で行きます。」

(えっ、普段着?じゃぁ、ジーンズでもいいがけ?)
「ジーンズはだめです。」

(じゃぁ、ジーンズの前と後ろにアイロンで折り目をピシっと付けて行けばいいがんないけ?ダサっ・・・どうけ?)
「それでもだめです。」

(結構、厳しいねぇ。社長、ジーンズ嫌いなんかなぁ?)
「多分そうです。」

(じゃぁ、前後に折り目の付いたジーンズにジーンズ生地で作った上着にワイシャツ着てジーンズ生地で作ったネクタイして行ったら、どうけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・どうでしょうかね?」

(じゃぁ、いつもスラックスの上は何を着て行くがけ?)
「カジュアルなシャツです。」

(じゃぁ、靴は?)
「靴?何でも・・・」

(下駄でもいいがけ?)
「下駄?・・・う・・・ん・・・無理かなぁ・・・最近、下駄を売っている店ないでしょう?探すの大変ですよね・・・」

(そうや。下駄屋さんてないもんねぇ・・・でも“Mさん、いいね!渋いね!”って社長に気に入られたりして・・・ワハハハハハ・・・何かあると“Mさん、ちょっとこれどう思うかね?”って相談されたりして・・・ワハハハハハ・・・どうけ?)
「ハハハハハハ・・・それはちょっと困ります。」
Mさん、性格がピシっとしとるからなぁ。性格に折り目が付いとるよなぁ。


〈よもやま 494〉 〔2016年1月30日〕 【経済を回す?】
「お客様I様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(お年玉もらった?)
「はい。」

(たくさん?)
「見てないから・・・」

(えっ?総額いくらか計算しないの?)
「もらっても中は見ないです。」

(えーーーっ、見ないでそのままお母さんに貯金してもらっちゃうの?)
「はい。」

(お母さんのこと信用してるんだ!私が代わりに見といてあげるよ!うちへ持って来て!それで袋の中見て“みんな千円だったよ。”って千円ずつ入れて返してあげるから・・・)
「フフフフフ・・・」

{あれ?I君、お年玉使ってないがけ?}
「はい。」

{アベノミクスでは“お年玉もらって1ヶ月以内に使わんかったら、近所の好きでもないおじさんに持って行って使ってもらいなさい”ってことになっとるから・・・ワハハハハハ・・・}
(そうそう、そうやって経済を回さないと・・・ハハハハハハ・・・)

{好きでもないおじさんって、そこまで言えば誰かわかるやろ!?ワハハハハハ・・・今日中に持って来て!}
(お金がないところに回さないと・・・それって、うちだから・・・)

「いやです・・・」
{クレームはアベに!}
なかなか思うように回ってこんなぁ・・・もう一息やったのに・・・NeXtのデフレ脱却?無理!残念!


〈よもやま 493〉 〔2016年1月28日〕 【速報→大臣辞任】
「お客様S様」(Mr.X)との会話

(あれ?アマリ大臣、辞任したんけ?)
「え、え、さっき記者会見で言ってましたね。」

(TV速報で後任にイシハラ大臣やって。)
「もう、決まったんですか?」

(そうみたいや。アマリ大臣ようかんもらったんやろ!?何本もらったんかなぁ・・・2本か、3本か、それ以上かなぁ気になるなぁ・・・名前からして甘党やろうしなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「そこ?ハハハハハハ・・・ようかんの本数なんてどうでもいいでしょう!」

(いや、いやっ、何本もらってどれだけ食べたかで、どれ位の甘党なんかわかるやろ!ワハハハハハ・・・記者も聞けばいいがになぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そんなこと気にする人って日本中で1人しかいませんよ。」

(ワハハハハハ・・・もしかしてオレのことけ!?オレだけけ?・・・ようかんの本数が気になるって、ある意味うれしいなぁ。皆、気にせんところが気になるげんから・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・普通、誰も気にならんでしょう・・・」

(そうけ?1人で食べたんかなぁ・・・秘書と食べたんかなぁ・・・)
「ハハハハハハ・・・どうでもいいことでしょう!?」

(オレが記者なら“アマリ大臣、ようかんアマリませんでしたか?”って聞くなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そんなこと聞いたら即、退場です。」

(ワハハハハハ・・・そうなるけ?)
できれば、ようかん、つぶあんやったかどうかも聞きたかったなぁ・・・


〈よもやま 492〉 〔2016年1月24日〕 【明朗会計】
「お客様H様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{今日、これから何か予定あるが?}
「今日は何もないです。」

{そしたら、帰りに雪すかしして行ってや!}
「えっ、あっ、勉強しないと・・・」

(あれ?急に勉強熱心になったんじゃない?)
{勉強するがわかっとるけど、雪すかしして帰って!玄関にスコップとかあるさけ・・・ワハハハハハ・・・}

「それなら、料金の方をちょっと・・・」
(ハハハハハハ・・・そりゃそうだ。交渉上手だね!さすがH君!)

{料金は通常料金ですよ〜っ!雪が積もっとるから割増料金になりま〜す。明朗会計やろ!ワハハハハハ・・・}
「えっ、えっ、1cmでどれ位上がるんですか?」

{1cmで10%UPや!明朗会計やろ!ワハハハハハ・・・}
「えっ、高いですね。2cmで20%UP、10cm積もったら倍、払うんですね。それなら、午後の方が高くなるんですね!?」

{そうや。明朗会計やろ!H君、帰るまでに10cm積もらんかなぁ・・・早くもっと降らんかなぁ・・・ワハハハハハ・・・}
(何か積もりそうな、いやな雪じゃない。細かい雪が降ってるし・・・こういうの“ホワイトアウト”って言うんだっけ?)

「そうですね。」
{“ホワイトセーフ”はないがかなぁ・・・“日本政府”でもいいけど・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・そっちのセーフね・・・雪は風が強くて吹き飛ばされてそんなに積もりそうでもないですね。」
{もっとドカーーーンって降らんかなぁ・・・誰かトラックでドーーーンと雪持ってこんかなぁ・・・ワハハハハハ・・・あこぎさが明朗やろ!?}

「そんなのあり?・・・」
{そうや。そんなのあり!}
こんなに大雪が待ち遠しいことはなかったなぁ・・・


〈よもやま 491〉 〔2016年1月9日〕 【インパクト】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

「今回、金沢に帰るの決めてたんですけど、髪が気になって切っちゃいました・・・自分で・・・アハハハハハ・・・」
(すごいなぁ・・・このヘアースタイルで仕事行ったんけ?)

「行きましたよ!」
(何回行ったんけ?)

「う〜〜〜んっ、4、5日」
(職場で後輩とかに“Yさん、すっごいですね!”って言われんかったんけ?)

「言われないですね。あまり、いじられないんで・・・」
(本当はいじって欲しかったんやろ!?ワハハハハハ・・・)

「まぁ・・・ちょっと寂しいですよね・・・かみさんには“すご過ぎない?”って言われたんですけどね・・・」
(そりゃそうや、インパクトあり過ぎやもんなぁ・・・ワハハハハハ・・・ところで今回、帰ってくるバスの中で何かなかったんけ?)

「それが今回、JRバスの3列シートで帰って来たんですけど。」
(何列目やったんけ?)

「9のCです。一番後ろから2番目です。」
(9のCって左け?右け?真ん中け?)

「右の窓側です。それで金沢に着くまでに3回休憩するんです。最後の休憩が有磯海だったんです。私の後ろの年配の男の人がバスから降りたんですけど、戻ってこなくて“あれ?あれ?どうしたのかなぁ・・・”って思ってたんです。私の隣の座席が夫婦の男女でその女の人も“あれ?あれ?”て顔してて、そのうちバスが走り出して・・・」
(それなら“運転手さん、後ろの座席の人が戻ってないんです。”って言わんなんやろ!運転手も運転手や、普通“周りの人で戻ってない人いますか?”って聞くやろ!?)

「それがJRバスは聞かないですよ。他の民間のバスは聞くんですけど、JRバスはドライというか聞かないんです。」
(え、えっ・・・そうなんけ。それならYさん言わんなんやろ!?“戻ってないです。”って・・・)

「でも、もし乗り遅れたらどうなるのかなぁって思って・・・Mr.Xに話すと喜ぶかなぁって思ったもんですから・・・アハハハハハ・・・ちょっとワクワクしたもんですから・・・それで“あと10分で金沢に到着します。”ってアナウンスがあって・・・」
(ちょっと待って有磯海から到着10分前までの間はどうやったんけ?)

「戻って来ないからどうなるのかなぁ・・・って荷物もあるし・・・」
(運転手知ったら大騒ぎになるなぁ・・・)

「それが突然、前の方からその男の人が歩いて来るんですよ。」
(え、えっ、どういうことけ?)

「前の座席に座っていたんでしょうね。私のイビキがうるさかったのかなぁ・・・隣の座席の女性も“あれ?”って顔してて・・・アハハハハハ・・・」
(えっ、えっ、それだけ?何かインパクトに欠けるなぁ・・・)

「アハハハハハ・・・そうなんですよ。最後のオチがねぇ・・・Mr.Xが喜びそうな転回にならなくて・・・残念です。」
(もう少しざわつけば、よかったんになぁ・・・)

「そうなんですよ。ざわつくの期待したんですけどねぇ・・・」
(ワハハハハハ・・・この話よりYさんの頭の方がインパクトあったわ・・・もう少し、後輩にもざわついて欲しかったなぁ・・・)
やっぱり、今回は頭かなぁ・・・すごかった。


〈よもやま 490〉 〔2015年12月30日〕 【悩み相談→即答】
「お客様T様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(夕ご飯食べてきた?)
「まだです。」

(大変、じゃ腹ペコだ!)
{お腹すいたんでないけ?宅配ピザでも頼む?オレ達の分も含めてワハハハハハ・・・1人Mサイズで、T君のお金で・・・ワハハハハハ・・・}

「いやです。1つ聞いてもいいですか?」
(何?何?)

「自分の髪、何か最近、茶色くないですか?」
(う〜ん・・・確かに!私もちょっと茶色くなったような気が・・・何かしたの?)

「いいえ、何にもしてないんです。けど・・・親にも言ったら“そう言えばそうやな!”って・・・今まで真っ黒がトレードマークだったのに・・・」
(ねぇ、ねぇ、最近、T君髪が茶色くなってきたんだって。)

{あれ?ほんとや、これで眉毛をもう少し細めにすれば、現役のヤンキーや!髪染めんでいいし、いいじィ・・・ワハハハハハ・・・}
「いやです。」

(T君のお父さんもおじさんも白髪多いよね!?家系的には白髪家系なんじゃないの?)
「でも、こんなに若い時から白髪じゃないって・・・」

{わーーーっ、わかった!最近、背伸びたさけ髪に栄養いかんがんないけ?}
「・・・ハハハハハハ・・・」

(お母さんの家系は?)
「お母さんも白髪あります・・・こんなふうに途中から色が変わることってあるんですか?」

(う〜ん・・・これは私の個人的見解なんですが・・・思春期頃ってホルモンが働き始めるじゃないですか体が変化する時期なんだよね。私の甥っ子なんか子どもの頃、天使の輪ができるほど直毛だったのに中学か高校のあたりですごい天パーになっちゃったよ。お父さんも天パーだあったから遺伝的に素質を持っててホルモンの働きにあわせて出てきたのかな?って感じ・・・多分、T君も白髪の素質を持ってて、それが出てきたのかもしれないね。)
{でも、あんまり気にせんでいいがんないけ!オレも最近、思春期むかえて白髪生えてきたけど、ぜんぜん大丈夫や!ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・それはちょっと無理があるんじゃない?・・・)
{えっ?無理?って?何が無理なんけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・無理すぎ!」
“1つ聞いてもいいですか?”やって、2つでも3でも聞いてや!即答や!


〈よもやま 489〉 〔2015年10月21日〕 【貧乏ゆすりと富豪ゆすり】
「お客様K様」(Ms.Y)との会話

「すねの筋肉を鍛えたいんですよね。足の先の方に人を乗せて持ち上げるといいらしいんですよ。サッカー部の人に教えてもらったんです。」
(サッカーだとボールをリフトするのにすねの筋肉を使うよね。K君は何で、すね?)

「バンドでドラムやってるんで足でたたくんですよ。はやい人は1秒間に4回とかたたくんです。」
(1秒間に4回!?すごすぎる、足つるよね?)

「しかも、右と左と違う速さでとか・・・」
(ドラムって両手両足みんな違う動きするでしょ?難しいよね?)

「練習のために普段から常に足を動かしてるんですよ。」
(ドラムたたいてない時も?)

「そうそう、で、ラーメン屋さん行った時にも動かしてたらカウンターで隣に座ってた70代ぐらいのおじいさんに“お兄ちゃん、貧乏ゆすりはやいねぇ!”って言われましたハハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・貧乏ゆすりかぁ!そこで“ドラムの練習で・・・”って解説しなかったの?)

「面倒だったんで・・・“はい、癖で・・・”ってごまかしました。」
(“その貧乏ゆすりやめろ!!”とは言われなかったの?)

「はい、言われませんでした。」
(いいおじいさんやったね。“どっちがはやいか勝負しましょう!”って言えばよかったのに・・・)

「ハハハハハハ・・・」
(もし、勝ったらラーメンおごってくれたかもよ!?ハハハハハハ・・・)
そのおじいさんにラーメンおごらせてもし、そのおじいさんが富豪やったら富豪ゆすり・たかりになってしまうかも・・・


〈よもやま 488〉 〔2015年10月10日〕 【夜ザル反省会】〈よもやま 396〉【悪ノリ】
「お客様I様」(Mr.X)との会話

「最近、頭がかゆいんですよ。何かできてないですか?」
(う〜ん、大丈夫や!ちょっと赤いかなぁ・・・)

「円形できてない?」
(うん、できてない。もう、完治しとる。)

「そうですか。ステロイド剤7ヶ月も付けたもんね。治るまで長かったなぁ・・・ところで“夜ザル”知り合いで見ている人いるんですよ。」
(え、えっ・・・ちょっとやめてや!何か恥ずかしいなぁ・・・)

「アハハハハハ・・・しかし、ヨザクラ→ヨザクル→ヨザルって活用がやばかったですよね・・・アハハハハハ・・・結構、強引でしたよね。」
(ワハハハハハ・・・そうけ?流れるような活用形やったと思うけど・・・三段活用や!)

「夜ザルが円形になったら、やばくないですか?夜ザルの円形の円はさるの猿やったりしてアハハハハハ・・・猿形!」
(ワハハハハハ・・・女形でない、さる形や!“よーーーっ、日本一、サルザワトミオ!”)

「アハハハハハ・・・そっち!?アハハハハハ・・・さるが着物着たら変でないですか?」
(ワハハハハハ・・・大丈夫や!)

「ほとんど毛だるまですよ!アハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・顔が少し赤い・・・紅のさし過ぎや!)

「アハハハハハ・・・猿形かぁ・・・サークルでない猿や・・・」
(ワハハハハハ・・・モンキーや!“何かモンキーあっか!”って・・・ガハハハハハ・・・)

「“何かモンキーあっか!”って・・・ガハハハハハ・・・単純なだけにおもしろいっすね!ガハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・あーーーっ、腹いてーーーっ)

「しかし“夜ザル”は何で“スコンコンコン”なんですか?本当はトントントンでしょう。」
(“スコンコンコン”の方がパワーあるやろ!パワーや!パワーっワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・そうかなぁ・・・」
(そうやって!“何かモンキーあっか!”ガハハハハハ・・・)
Iさん、また歌い出すし、ノリノリで楽しみました。これじゃ、反省してないなぁ。


〈よもやま 487〉 〔2015年9月9日〕 【厄介な誘惑】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

「この前、年に一度の会社の検診があったんです。去年まで視力が2.0、2.0あったんですけど、半分になってしまって・・・ガッカリ・・・」
(視力どれだけになったんけ?)

「右目が1.2で左目が0.9です。去年までは張ってある視力の表を見て検査したんですけど、今年は視力検査の機械を覗き込むようにして検査したんです。それがすごく見難くくて・・・普段の生活には支障はないですけどね・・・」
(半分かぁ・・・半分、半分て落ちていったら来年怖いなぁ・・・0.6と0.45や。再来年はもっとすごいことになるなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・そうですね。」
(仕事でパソコン見ることが多いがけ?)

「そうですね。パソコンは見ますね。それとゲームも結構してるんで・・・」
(そうかぁ・・・原因はそこやね。)

「はい。仕事で疲れてくると0.9の左目が何か、だら〜んと垂れるというか疲れて閉じてくるような感じになるんですよ。」
(えっ、それやばいなぁ・・・仕事中に疲れて左目閉じてきたらウインクしとるみたいになって取引先のおばちゃん“あら〜んっ、Hさん、だめよ〜んっ。まだ、仕事中よ!Hさん私のことそういうふうに見てたの?”って言わたら、どうするげんて!ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・ちょっ、ちょっと待ってくださいよ!アハハハハハ・・・そ、そんなことにならないですから・・・」
(でも、わからんよ。変に誤解されたりして・・・ワハハハハハ・・・おばちゃん、大喜びや!ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・僕、おばちゃんには興味ありませんから・・・」
Hさん、イケメンやもんなぁ・・・・心配!


〈よもやま 486〉 〔2015年8月30日〕 【何形?】
「お客様E様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{Eさん、自分で何かしたけ?}
「・・・え、えっ?・・・」

{じぶんで襟剃ったけ?}
「いや〜っ、少し前、襟にできものができてそのあと“円形ができとるよ”って言われて触ってみたらツルツルしとった・・・」

{う〜ん、多分、円形やと思う。そのこと切る前に言うてや・・・}
「元にもどして!」

{ワハハハハハ・・・瞬間接着剤あったけ?}
(うん、あると思う・・・持ってくる?ハハハハハハ・・・)

「ストレスかなぁ・・・」
{多分、そうやと思う。ストレスのせいにすればいいってもんじゃないかもしれんけど、何でもかんでもストレスって診断すれば、し易いもんなぁ。}

(大丈夫!必ず治るから・・・心配なら脱毛外来もあるから。)
「嫁のせいや!」

{奥さんのストレスあるがけ?ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・ある。家に帰ったら言わんなん。」

{何て言うがけ?}
「オレ、遠回しに言うから・・・」

{何てけ?}
「“結婚してからどうも体調がよくない”って・・・」

{ワハハハハハ・・・それ顔面に剛速球投げとるって、遠回しでないって・・・}
「嫁のせいで円形になった。」

(ハハハハハハ・・・もし、奥さんが円形になって“Eさんのせいで円形になった。”って言われたらどうするの?)
「う、う・・・ん・・・どうするって・・・」

{そしたら、円形の周りを四角く剃って“お前のは円形じゃない!”って言い張ればいいって・・・ワハハハハハ・・・}
「“お前のは角形や!”って・・・ハハハハハハ・・・」
かなり時間がかかるけど、Eさん順調に回復しとるからよかった。奥さんのストレスもなくなったのかなぁ・・・


〈よもやま 485〉 〔2015年8月25日〕 【回転おにぎり】
「お客様M様」(Mr.X)との会話

(最近の犯罪で監視カメラで犯人が捕まるよね。)
「そうですよね。あっちこっちに監視カメラがあって、すっごいですよ。」

(監視カメラの取り付けの仕事しとるがけ?)
「はい、してますよ。この前はコンビニの食品の生産ラインにカメラを取り付けましたね。すごく衛生的なんですよ。」

(食品の生産ラインに監視カメラって必要なんけ?)
「う・・・ん・・・何かあった時のために映像を残しておきたいんでしょうね。」

(取り付けるが大変なんけ?)
「生産ラインはいくつもあるんで、何時から何時まではこのラインを止めるので時間を追って取り付けるので大変なんですよ。あのラインて金属が落ちると自動で感知するので、カメラを取り付ける時の結束バンドも普通の結束バンドじゃなくて金属入りの結束バンドを使います。劣化して結束バンドが落ちてもすぐにわかるでしょう・・・」

(金属入りやったら結び難くないけ?)
「細い金属なので大丈夫です。でも、値段が高いです。おにぎりとかのご飯はすっごく大きい釜でゆっくり回って炊くんです。」

(ワハハハハハ・・・“どんだけーーーっ”ってゆっくり回っとったりして・・・)
「そ、そっちのカマですか・・・ハハハハハハ・・・」

(そんなカマ、回っとったら気持ち悪いだけや・・・ワハハハハハ・・・その釜に工事中、誤って落ちたらどうなるがけ?)
「ゆっくり回ってかき混ぜられますね・・・ハハハハハハ・・・」

(それで顔にのりでも巻かれたら・・・ワハハハハハ・・・でっかいおにぎりや!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうなりますね。」
世の中全体カメラ社会や。なるべく映らんようにと思っても無理やなぁ・・・


〈よもやま 484〉 〔2015年8月15日〕 【妙案】
「お客様T様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「車買うためにお金貯めてるんですけど・・・その前にバイク買おうかなって思ってるんです。通学用に。」
(車じゃ通えないの?)

「車禁止なんで・・・バイクなら駅とかにとめられるし・・・それにドラムのせるために車はハイエースが欲しいし・・・」
(T君がハイエース乗ったら絶対、おまわりさんに止められるよね!?“子どもが運転してる!”って・・・ハハハハハハ・・・)

「そうそう・・・だからヒゲはやさないと・・・」
(私の友達で小さくて見た目も小学生?って感じの女の子がいて、免許取りたての頃、運転してるとおまわりさんによくとめられたんだって“免許証を見せて下さい!”って、それでバックから出そうとすると“あっ、あるんならいいです。”って・・・“せめて免許証見てよ〜!”ってよく言ってたハハハハハハ・・・おまわりさん“絶対子どもが運転してる!”って思ったんだろうね。何せ、小さくて外から見ると車のウィンドーから首の上しか出てないんだから・・・ハハハハハハ・・・)

{そしたら、T君車に乗ったらおでこに免許証を張っとけばいいがんないけ!?警察官にとめられても“免許証持ってますか?”って聞かれても“あっ、もっ・て・いますね!”って言われるやろ!ワハハハハハ・・・」
(T君、20歳になっても大変だよね。20歳に見えないから、年齢を証明しなくちゃならないから・・・コンビニとかでタバコやお酒買う時、必ず“20歳ですか?”って聞かれるじゃん。)

{ワハハハハハ・・・だから、コンビニとか入る時、おでこに免許証ペタって張っとけばいいって、そうやろ!}
「絶対、いや!」
一目瞭然、なかなかいい案やと思うけどなぁ・・・受け入れられんなぁ・・・


〈よもやま 483〉 〔2015年8月15日〕 【難聴】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

(今、何しとったんけ?)
「スタジオでドラムたたいてました。」

(どこけ?BanBanけ?)
「はい。」

(BanBanて防音になっとるさけドラムたたいとる時、バーンッバーンッて拳銃撃っても大丈夫やろ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・さすがにそれはだめです。」

(じゃ、ドラムたたいとる時、へーしても大丈夫やろ!?)
「ハハハハハハ・・・はい、それなら大丈夫です。多少音はもれるんですけど・・・」

(ワハハハハハ・・・“へーーーっ”みたいな・・・バンバンたたいても平気や!)
「ドラムやってるから耳が遠くなってやばいんです。TVでモスキートーンの番組やってて聴こえたのが70歳でした・・・」

(ワハハハハハ・・・70歳!?ワハハハハハ・・・ジジイや・・・その時急に背中曲がらんかったけ?ガクガクガクッてワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それはならなかったです。」
10代で骨粗しょう症になるわけないもんなぁ・・・


〈よもやま 482〉 〔2015年8月2日〕 【日会話】
「お客様Y様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「この前、新幹線に乗ってきたよ。」
{どうやったけ?}

「速かったですよ。寝て起きたら東京って感じで・・・新幹線は金額の高い座席のほうからどんどん、うまっていくらしいですよ。」
{えーーーっ、そうなんけ?お金持ち多いなぁ・・・グランクラスで行ったんけ?}

「いやっ、普通車で・・・グランクラス、グリーン車は座席がいいけど、普通車の座席はいまいちショボイかなぁ・・・ハハハハハハ・・・」
{グランクラスもグリーン車も金額高いさけ、オレ普通車でいいわ!}

「新幹線ができて外国人が増えたよね!駅周辺すごく多いですよ。」
{そうらしいね。最近、NeXtの周辺にも外国人がおって・・・浅黒い西アジア系の人なんやけど・・・あっ、Ms.Yが孫に・・・口にくわえさせるやつ・・・ほらっ・・・何て言うたかなぁ・・・子どもの口にくわえさせるやつ・・・えーーーっと・・・}

「おしゃぶりですね!」
{そうや!それ、それ!おしゃぶりくわえさせてNeXtの前の公園に行った時、外国人に言われてん、なぁっ!}

(“そ・れ、よ・く・な・い・で・す・よ!”って注意されました。“お・か・あ・さ・ん・は・い・い・け・ど、こ・ど・も・に・よ・く・な・い・ね!どーし・て・か、わ・か・る?う・え・の・あ・ご・が・ま・が・る・ね。や・め・た・ほ・う・が・い・い・ね!”って言われて。私“はい、わかりました!”って言いました・・・ハハハハハハ・・・いつも、くわえさせているわけじゃないんだけど、久しぶりに見つけてくわえさせたら、気にいっちゃって離さなくなったもんだから、そのまま外へ出たんだよね。)
{“こ・れ、お・しゃ・ぶ・り!あ・な・た、お・しゃ・べ・り!”って言わんかったんけ?ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・それは言わなかった。あんまり、よくないのは知ってたけど・・・孫が離したすきに洗って片付けました。)
英会話でなくて、日本語の会話でした。


〈よもやま 481〉 〔2015年7月28日〕 【低確率】
「お客様H様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{あれ?蚊、おるんじゃないけ・・・やっぱり蚊、おるわ!}
(Hさん、刺されてない?)

{Hさんの顔にとまるがんないかなぁって心配で・・・とまったらパチンってやらんなんやろ・・・ワハハハハハ・・・これはしょうがないねぇ!}
「一発でしとめてくださいよ!ハハハハハハ・・・」

{そんなら、Ms.Y裏からスリッパ持って来てくれんけ!スリッパでパチーーーンってワハハハハハ・・・}
(スリッパの面積広くないとだめ?)

「一発でしとめる時スリッパ位の広さいりますか?」
{そりゃそうやろ。“一発でしとめて!”ってプレッシャーかけるげんもん!ワハハハハハ・・・}
Hさん、蚊に刺されんでよかった!でも言葉のやり取りが心に刺さったかも・・・


〈よもやま 480〉 〔2015年7月25日〕 【昆虫】
「お客様M様」(Ms.Y)との会話

「今日、昆虫館のそば通ったら、すごい人の列でしたよ。そう言えば世の中は夏休みなんやね。イベントでもやってたのかなぁ?」
(そうかぁ、夏休みの自由研究にぴったりだもんね!)

「そう言えばネットでも山口県の昆虫館で“世界のゴキブリと触れ合う”って言うイベントが話題になってましたよ。」
(えっ、ゴキブリですかぁ?世界のってことは特大のとかいたりして・・・石川県の昆虫館にもゴキブリの標本はあるけど・・・)

「“ふれあい”ってことは生きてるんやろうね。」
(えっ、マジで?ゲゲゲーーーっ。ゴキブリは家にいるので十分じゃない!)

「“ふれあい”って言うからにはたくさんいるんやろうね。家からゴキブリを持っていったら入場料がただになるとかやったら、たくさん集まるんじゃないけ?」
(生きたゴキブリ10匹で家族3人、入場料無料とか?)

「ゴキブリホイホイごと持ってかんなんね。持ってったゴキブリの大きさで競い合ったりして・・・アハハハハハ・・・」
(“○○さんちのゴキブリが一等賞!”とか?それ、うれしくないんじゃない?ハハハハハハ・・・)

「家族の写真入で張り出されたりして“子どもニッコリ、親ガッカリ”・・・アハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・ご近所の人に見られたくないよね。“○○さんちってゴキブリ大発生中!”なんて言われちゃうよ。)

「“○○さんちに遊びにいっちゃだめよ。汚いから。”とか言われそうやね。アハハハハハ・・・」
(“おやつもらっても食べちゃだめよ。”とか・・・ハハハハハハ・・・)
昆虫もぴんからきり・・・昆虫の王様はクワガタかなぁ?


〈よもやま 479〉 〔2015年7月25日〕 【吸血】
「お客様O様」(Mr.X)との会話

「明日、白馬岳に行くんです。」
(家族で行くがけ?)

「いや、友達3人で、それで虫よけのスプレーを作ったんです。ハッカ油とエタノールと水で作るんですけど、ハッカ油は薬屋さんは高いからネットで買って作りました。」
(ハッカ油って虫よけの効果あるがけ?)

「ありますよ!エタノールにハッカ油を数滴入れてそのあと水を加えてできあがりなんです。エタノールは揮発するから虫は寄ってきませんね。」
(CMでやっとるやろ。蚊は壁にとまっとるから壁にスプレーして蚊を殺すみたいな“ひきょうですね!?”“ひきょうだろう!”って。)

「あ、あっ、サノタカシのCMね。」
(そうや、それみたいに揮発せんでも皮膚の所にきたらハッカ油に気付くみたいな感じじゃ、だめなんけ?ワハハハハハ・・・そしたら蚊は何て言うがけ?)

「え、えっ、何て・・・???・・・何て言うんですか?」
(“ハッカったな!”ってワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・虫はガンガン飛んでくるんで揮発した方が周りから近づいてこないから、いいんです。」
(虫ってどんな虫け?)

「アブとかブヨとかオロロとか・・・」
(アブ、ブヨ、オロロってどう違うがけ?)

「アブは高度の下の方にいて、それより上の方にブヨ、さらに上の方にオロロがおるんです。」
(沖縄の方におるがは何て言うがけ?)

「え、えっ・・・沖縄の方・・・え、えっ・・・何ですか?」
(ワハハハハハ・・・キロロ!)

「古っ!」
(古っタチイリロウ!ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・いや〜っ、気付かなかったです。キロロって頭の記憶から完全になくなってたもんで・・・」
(え、えっ、ど真ん中やと思ったんになぁ・・・どんな歌、歌っとったかは知らんけど・・・)

「♪ずーっと見守っているからって♪笑顔でいつも♪・・・って感じの・・・」
(ファンや!ファンやろ!)

「違います!それでアブとブヨはハエみたいでオロロはハエとハチの中間位の感じで、アブに刺されるとプチってなって、ブヨは血がタラーーーっと流れて、オロロは刺された瞬間“いーたーっ”てなります。」
(いーたっ、ミジューゾウってなるがや!ワハハハハハ・・・)

「そうです。いーたっ、ミジューゾウです!1週間位すっごくかゆいです。」
(虫のこと詳しいなぁ・・・刺されんように気を付けて行ってきて!)
Oさんよく登山に行くけど、虫のことよく知っとるなぁ。虫博士や!すごい!無視できん。


〈よもやま 478〉 〔2015年7月24日〕 【焼肉のたび】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

「この前、新幹線に乗ってきました。」
(どこに行ってきたんけ?)

「東京のビッグサイトで展示会があって行ったきました。」
(ビッグサイトの横にスモールサイトあったけ?ワハハハハハ・・・)

「それはなかったですね・・・ハハハハハハ・・・」
(どうやったけ?新幹線)

「う・・・ん・・・どうかなぁ・・・次からは飛行機かなぁ・・・」
(え、えっ、どういうことけ?)

「新幹線スピードが速すぎて酔いそうになって気分が悪くなってしまって・・・」
(誰と乗ったんけ?)

「会社の上司と新幹線オタクの同僚と・・・富山位から2時間程寝てたんですけど、乗り換えなくても2時間半は長かったです。上司はビールをガンガン飲んでできあがってるし、同僚はあの新幹線がどうのこうのって話してるし、私は新幹線興味がないんですよね。ハハハハハハ・・・」
(でも、子どもさんが“新幹線乗りたい!”って言うたら乗らんなんやろ!?)

「う・・・ん・・・ですかね・・・」
(そりゃそうやろ!)

「で、新幹線コンセントが付いているんですよ!2個!」
(1つの座席に2個ついとるがけ?)

「はい・・・う・・・ん・・・、どうやったかなぁ・・・3列の座席に2個かなぁ・・・」
(そんなんやったら早い者勝ちやじィ・・・ケンカになるがんないけ?“これ私が先に使ってるんで”って・・・)

「う・・・ん・・・そうですね・・・」
(コンセント何に使うがけ?)

「パソコンで仕事もできますよ。上司はスマホを充電したました。」
(それならホットプレート持っていって焼肉してもいいね!焼肉ジュージュー子どもさんも喜ぶよ!ワハハハハハ・・・焼肉食べながら東京へ!)

「う・・・んっ、どうかなぁ・・・ギリギリ、アウトかなぁ・・・お湯を沸かしてコーヒーを入れる位はギリギリ、セーフかなぁ・・・ハハハハハハ・・・」
(だめけ?でも、コンセントついとるんやろ、焼肉してもいいがんないかなぁ・・・それなら、焼肉弁当の駅弁を買って冷めたし、肉をホットプレートで焼くがはOKやろ!?ワハハハハハ・・・)

「う・・・ん・・・どうですかね・・・」
(駅弁買っとるがに?だめけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そのうちホットプレートで焼肉やる人出てきそうですね。今度、新幹線オタクの同僚に聞いてきます。」
座席にファブリーズを備え付けにした方がいいなぁ、臭いが付きそうやし。マツオカシュウゾウに怒られる。


〈よもやま 477〉 〔2015年7月21日〕 【老け作り】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(今日は顔そりしないの?)
「バイト先で幼く見られるのいやなんで、ひげを生やしてちょっと老け顔になりたいから・・・若く見られるのすごくいやなんで・・・」

{あれ?何かおっさん顔やじィ・・・ワハハハハハ・・・}
「ありがとうございます。この前も40代のおばさんに“すっごくかわいい!!”って言われて、一応“ありがとうございます。”って言っときましたけど、心の中ではすっごくいやでした。」

(“何歳?”って聞かれないの?)
「聞かれます。“17歳です。”って答えます。」

{そんな正直に言わんでも・・・“25歳です。”って言えばいいがに・・・ワハハハハハ・・・}
(そんなこと言ったらその40代のおばさんに“もう、成人してるんだ。お持ち帰りしようかしら・・・”って言われちゃうよ!ハハハハハハ・・・)

{ワハハハハハ・・・もう、のがれられんね!}
(ハハハハハハ・・・“何かごちそうしてくれますか?”って・・・)

{ワハハハハハ・・・そのおばさん“私がごちそうよ!”って言うぞ!ガハハハハハ・・・}
「わーーーーーっ、気持ちわるーーーーーっ“ゲロ、ゲロ”ですね。ハハハハハハ・・・吐いちゃいます。」
老けて見られるようにするがも大変や!年齢聞かれたらもっと若く15歳位に言っといた方が安全かも・・・


〈よもやま 476〉 〔2015年7月17日〕 【血統書】
「お客様S様」(Ms.Y)との会話

(日に焼けましたね。)
「そうですか?ちょっと田んぼの見回りに行ってきただけなんですけど・・・」

(あっ、そうーっ、田んぼ見回りするんですか?各農家の?“今年の出来はどうか”とか?)
「いや、いや、種米作ってるんでその見回りです。病気とか出てないか。」

(種米って・・・じゃ、そのお米は市場に出さず、来年の苗のためのもの?)
「そうなんです。品種が混ざらないように作って“こしひかりの種米です”って売るんです。」

(じゃ、農家の人って今年とれた自分の田んぼの米を来年、種米にするんじゃないの?)
「う〜んっ、それだと売る時に“こしひかり”って証明できないでしょ。自分で食べる分を作ってるんならいいんですけど、売りに出すとなると・・・」

(“どこの馬の骨かわからない米”ってことになるの?いいとこのお嬢ちゃん、お坊ちゃんの苗じゃないとだめなの?)
「“血統書付き”じゃないと・・・だから売った後、その種米の苗に病気が出たりすると困るんですよね。保証金払わなきゃいけなくなったりして・・・」

(えーーーーーっ、植えた後、病気をもらったかもしれないじゃないですか!?)
「だから、必ず種米を少し残しておいて培養して病気が出るかどうか確認するんです。出なければ種米のせいじゃないと・・・」

(わーーーっ、たいへんですね!!)
生ものを育てるのは大変や!


〈よもやま 475〉 〔2015年7月9日〕 【微妙な会話】
「お客様Y様」(Ms.Y)との会話

「最近、走り始めたし、ちょっとやせてきてんて!」
(すごーーーいっ。しぼってるんだ!私、ぜんぜんだめ!この暑さでよく走れるよねぇ。私、死んじゃう。)

「金沢マラソン目指して練習しとるんや。今までブクブク成長し続けてきたんやけど、久々に70kgを切ってんて!」
(やったね!何kg減?)

「8kgくらいかなぁ・・・裸で体重計乗ったら70kg切って、69.8とかやったし、これは写メ撮っとかんなんと思って、携帯構えてまた体重計乗ってんて、そしたら今度は70kg切らんのや!何回乗っても・・・」
(体重計って多少誤差あるよね?)

「そうねんて!それで翌日、会社でその話をしたんやって。そしたら会社の人に“当たり前やろ!!お前携帯持って、乗ったんやろ!?携帯の分増えとるに決まっとるやん!”って言われたわ・・・アハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・そりゃそうだ!気付かなかったわ!)

「オレもアホやなぁ〜と思ったわ!」
非常に微妙な話やわ・・・でも、その通り!


〈よもやま 474〉 〔2015年7月9日〕 【抜け駆け】
「お客様Y様」(Ms.Y)との会話

「金沢マラソン、当たっちゃったんだよねぇ・・・」
(えーーーっ!走るの?すごーーーいっ!!)

「それが、オレより太った友達が“金沢マラソン申し込みました!”ってフェイスブックに載せてくるし・・・“お前、走るんか?”って聞いたら“お祭りみたいなもんや!当たるかどうかわからんし”って言うし、そうやなぁ、お祭りならオレも参加せんなんやろうと思って。“走る練習しとるんか?”って聞いたら“ぜんぜんやってない。当たったら考えるわ。”って言うから、それもそうやなぁと思って・・・倍率2.7倍やし、当たらんやろと思って申し込んでんて・・・」
(倍率高いよねぇ。びっくり!!)

「で、6/1に抽選があって“当たってんて!!”」
(すごいじゃない!!)

「なんで当たるかなぁ・・・弱った・・・」
(その友達も当たったの?)

「そうねんて、当たってんて・・・で、“どーする?練習せんなんかなぁ?”ってメールしてんて、そしたら“スマホのアプリで勝手にペースとか計測してくれるやつがあるから、あれやってみんか?”って言われて・・・登録してみてんて。」
(へーーーぇっ、便利なのがあるんだ。時速何キロとか出るの?)

「そうそう、それでいろんな人の記録が見れるようになってて今、誰それが走ってますとかでるんや。」
(プレシャーかけるねぇ。“お前は走らんのか?”って感じ?)

「そう、それで試しにそいつの走ってるのとか見てみたら、速い速い。とてもじゃないがついていけん位速いんやて・・・で、いつから練習してるのかさかのぼって見たら、なんと申し込みした日からやっとれんて。」
(えーーーっ、ぜんぜんやってないって言っといて!)

「そうや!ひどいやろ!うそばっかしや。」
(それって裏切り者やね。)

「裏切り者や!」
(抜け駆けだね!走るだけに・・・ハハハハハハ・・・)

「そうや、そうや。抜け駆けや!アハハハハハ・・・」
お祭りで42キロかぁ・・・ハードなお祭りや・・・無理!


〈よもやま 473〉 〔2015年7月1日〕 【DV】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(腱鞘炎なんです。)
「働き過ぎや。」

(ステロイド注射で一時よくなったんだけど、3ケ月で再発です。整形外科の先生は“手を使わないように”って言うけど、手を使わずに生活できませんよねぇ・・・)
「そうや、そうや!無理やよね。」

(いや、指の使い方がよくないのかなぁ・・・つまり、老化です。)
{裏でムチで“もっと働け!働け!”ってピシッピシッとやっとるワハハハハハ・・・}

「職業病や!」
{オレは大丈夫や!}

「ムチでたたいて“働け!働け!”って言うだけやから・・・ハハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・背中からお尻にかけてムチの痕がいっぱいあると思うわ・・・ワハハハハハ・・・}

(“もっとたたいて!”とか言ってたら怖いねハハハハハハ・・・M!?)
{ドMかド変態や!ワハハハハハ・・・}

「DVや!訴えんなん・・・ハハハハハハ・・・」
{“DVDや!”って言うわ・・・ワハハハハハ・・・}
腱鞘炎は治るのに時間がかかるようや・・・


〈よもやま 472〉 〔2015年6月24日〕 【新商品】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

(Hさん、白髪増えてきたね。)
「はい、そうなんですよ。自分でもそう思います。」

(いいがいねぇ!ハゲでないげんから・・・白髪家系やろ!オレなんてハゲ家系やから、いつ地雷踏むか心配や!自爆テロや!ワハハハハハ・・・)
「いっきにハゲるんですかねぇ・・・徐々にハゲていくんでしょう?」

(どうかなぁ・・・最近、朝の通販で“母の悩みのために作ったキミエホワイト、今なら半額!”ってやっとるやろ!?知っとる?見たことある?)
「はい、ありますね。以前は深夜にやってたんですけど、今、朝やってますね。」

(多分、あの人のお父さんはキミオって名前でハゲやろうから、飲んで生えてくる“キミオブラック”って薬作ったら売れるがんないけ?ワハハハハハ・・・ご両親にって・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・うまいですねぇ。じゃぁ、飲めば顔が黒くなる“シゲルブラック”ってどうですか?ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・それ、肌や!毛でない!毛生えてこんからクレームくるって・・・)
「ハハハハハハ・・・そうですね。キミオブラックより母のキミエホワイトの方が売れそうじゃないですか?」

(そうかなぁ・・・そしたら、抱き合わせ販売や!どうけ?公正取引委員会から注意されるかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そしたら両方いっしょにしてしまえば、いいんじゃないですか?」

(ワハハハハハ・・・そんなことしたら“キミオキミエグレー”になってしまうじィ・・・)
「そうなりますか?そしたら、ちょっとインパクト弱くなりますねぇ・・・まずいですねぇ・・・ハハハハハハ・・・」

(やっぱり、ホワイトとブラックで白黒つけんなんて・・・ワハハハハハ・・・)
“シゲルブラック”って肌が黒くなるだけでなく歌もうまくなるんかなぁ・・・


〈よもやま 471〉 〔2015年6月24日〕 【責任の所在】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

(暑いねぇ。こんな暑かったら夏になる前に夏バテになりそうねんけど・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・ほんと暑いですね。」

(こんな日は帰ってキューっとビールでも飲むがけ?)
「そうですね。350mlのビールですかね。500mlだったらちょっと多いんで・・・」

(ビール好きなんや!)
「そうですね。ビールかウォッカで割ったチューハイもおいしいですよ。」

(チューハイ、たくさん飲むがけ?)
「いやっ、350mlですかね。」

(ハイチューもおいしいよね。ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・ハイチューもおいしいんですけど、あれって歯にくっつくでしょう。歯の詰め物にくっついて、とれるんじゃないかって怖いんですよね。」

(そうや!殺菌接着剤キッドがあれば自分でくっつけられるがになぁ・・・そしたらすぐにつけられるし殺菌できて瞬間接着やから、いいがになぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「それって1発でくっつけるのって難しくないですか?」

(そうやね、逆にくっつけたらガリガリするしなぁ。じゃぁ、2回まで修正できるがにしよう。そして訂正印を押さんなんよ。歯医者に言ったら先生がすぐわかるやろ!“はい、ここですね。わかりましたよ。”って・・・ワハハハハハ・・・)
「専用の印鑑がいるんですね。」

(そうや!でも、上下の歯にうつったら両方削られるなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうなりますね。歯医者って“痛かったら手を上げてください。”って言われるんですけど、どの程度の痛みで手を上げたらいいか難しくないですか?0か100でしょう・・・ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・そうやね。じゃぁ、Hさん、今度歯医者に行ったら初めから手を上げといて指を折っていけば、いいがんないけ?痛み出したら指1本か2本折って、中位になったら3本折って、かなりの痛さになったら4本、もう限界になったら5本全部折ってって・・・どう?わかりやすくないけ?ワハハハハハ・・・)
「そうですか?」

(5段階のレベルで痛みが視覚でわかるげんよ!いいがんないけ?先生喜ぶよ!“君!なかなかわかりやすい方法を教えてくれてありがとう!”って“これ、学会で発表するから!”ってワハハハハハ・・・だめけ?)
「そんなに言うんなら、まぁ・・・やってみますから・・・」
Hさん、本当にやってみたかなぁ・・・自己責任でお願いします。


〈よもやま 470〉 〔2015年6月7日〕 【サーカスの一芸】
「お客様N様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「昨日、サーカス行ってきたんですよ。百万石行列ですいてるんじゃないかなぁって思ったんですけど、いや、いや、いっぱいでした。」
{どうやった?楽しかったけ?}

「売りがホワイトライオンなんですけど・・・白なのかなぁ・・・」
{えっ?どういうことけ?}

「白と言われれば、ホワイトライオンなんですけど、微妙なんですよねぇ・・・ちょっと茶色って言うか・・・」
{本当のホワイトライオンは都会のサーカスに行っとったりして・・・地方はこの茶色ぽいライオンでって・・・ワハハハハハ・・・}

「どうなんでしょう・・・そんなことあります?」
{ワハハハハハ・・・裏で白のスプレーでシューって・・・“これでいけますか!?”って・・・}

「ハハハハハハ・・・」
{それともブリーチしとったりして・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・そんなことしたら毛、抜けないですか?」
{ワハハハハハ・・・大丈夫やろ!あいつら剛毛やぞ!}

「そうですか?それが何て言うのかなぁ・・・すごく太ってて・・・動きが鈍いんですよねぇ・・・」
{機敏でなかったんけ?}

「そうなんです。もう少し“ガオーっ”とか野生的かなって思ってたんですけど・・・調教師が棒で台をコンコンてやっても動かないから棒でつついて、やっとノッソノッソって感じで台に上がるんですよねぇ・・・」
{同じことを何回も何回もやらされてホワイトライオンももう、いやなんでないがけ?ワハハハハハ・・・“もう、どんだけ〜”って・・・オカマや!ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・ホワイトライオンって頭悪いの?)
「ハハハハハハ・・・それはどうなんでしょうねぇ・・・でも、体がすっごく太り過ぎなんですよ。運動不足ですよ。」

{ワハハハハハ・・・餌もいい肉食べとるんやろうなぁ・・・アメリカ産の赤身のゴムみたいな肉なんか食べんよ。さしの入った霜ふりのA5ランクの飛騨牛しか食べんて・・・ワハハハハハ・・・口に入ったら噛まんでもとける肉でないと・・・ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・元々、そんなに噛まないでしょう。丸呑みでしょう。座ってる所から台の所まで移動して、また元の所に移動するってだけの芸なんですけどね・・・あとね、空中ブランコがすごかったですよ!外国人が多かったですね。」

{外国人って何人け?}
「アイススケートの選手みたいなタイプのロシア人かなぁ・・・」

{ワハハハハハ・・・それもカラーコンタクト入れて、髪の毛をブリーチしとったんでないけ?ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・それはないでしょう。6月末までやってますから是非行ってみてください。」
猛獣も運動不足かぁ・・・明日はわが身かぁ・・・そんなにいいもん食べてないげんけどなぁ


〈よもやま 469〉 〔2015年5月21日〕 【ギャグカモ】
「お客様O様」(Mr.X)との会話

「そろそろ車欲しいですね。」
(前からベルがいいって言っとったんに・・・)

「そうなんですけど、新型のベルの顔のデザインがね・・・いまいちなんですよ・・・前の顔は良かったんですけどね・・・」
(そんなに変わったんけ?)

「変わりましたね・・・息子も“これはなしやなぁ・・・”って言うし・・・」
(ベルがだめなら、どうするがけ?)

「ベルがだめならエスですかね・・・」
(エスの顔はいいがけ?)

「エスの顔はOKです。」
(奥さんに欲しいって言うたんけ?)

「はい、言いました。」
(奥さん、何て言うたんけ?)

「“いいよ!”って!」
(え、えっ、いい奥さんや!なかなかそう言ってくれる奥さんおらんよ!)

「そうなんですかね・・・で“お金、用意しとけや!”って・・・」
(え、えっ、そんな命令口調でけ?)

「いや、いや、“お金用意しといてね!”って・・・」
(そしたら?)

「“わかったよ!”って。」
(いい奥さんやなぁ・・・うらやましい、オレなんて言えん。言うた瞬間、家、出てかんなん。ワハハハハハ・・・前の公園でホームレスや・・・ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・次はハイブリッドが欲しいなぁ・・・って思ってるんですよ。」
(ハイブリッドって高いがんないけ?)

「500万位ですね。」
(えっ、高っ!ダジュンジ!ワハハハハハ・・・)

「え、えっ?・・・アハハハハハ・・・」
(最近、芸能人の名前シリーズのギャグ、考えとるんやって。この前もお客さんと話しとって“早っ!ミユウ”って言うたら“古っ!”って言われて、古っ!ダチイチロウってワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・ほんと古いですね。あと、どんなのがあります?」
(元々、名前シリーズは“オレ、タチヒロシ”っていうのが始まりで“そこんトコロジョージ”“オレにイワシタらシマ”“く〜さっ!カリマサオ”とか・・・)

「アハハハハハ・・・古すぎですね。若い人わからんでしょう。」
(そうねんけど、娘と話しとって“早っ!ミユウ”って言うたら“古っ!”って言われたって言うたらモコミチがいいんじゃないって言われたんやけど、モコミチの名字がわからんって言うたら“速水やから”って・・・)

「アハハハハハ・・・それいいんじゃないですか!?“若っ!”って言われるかも・・・」
(そしたら、“若っ!ハナダお兄ちゃん”ってワハハハハハ・・・それで娘が“そうやって考えとったら、ボケんね”って・・・ワハハハハハ・・・)

「確かにボケないですね。」
(大体、最近は“高っ!”とか“速っ!”とか“安っ!”とか、そういう言い方するもんなぁ・・・)

「そうなんですよね。“安っ!”って言われたら何てかえすんですか?」
(“安っ!ダ大サーカス”・・・ワハハハハハ・・・)

「古っ!アハハハハハ・・・」
(で、2日前に思いついたんが“いたっ!ミジュウゾウ”・・・どうけ?)

「アハハハハハ・・・古っ!マルサの女ですね。もう亡くなってますよ。」
(そうねんけど、それしかないやろ?何かあるけ?)

「う〜〜〜んっ・・・確かに・・・ないですね。」
(そうやろ!毎日こんなことばっかり考えとれんよ。ワハハハハハ・・・)

「毎日って、考えてない時もあるんでしょう?」
(ほぼ、朝から晩まで・・・ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・ある意味幸せですね。そのギャグ全てのお客さんに言ってるんですか?」
(それはないね。このくだらなさを許してくれる人にだけ・・・ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・そうなんですか。できたら、まず奥さんに聞いてもらうんですか?」
(な〜んっ、言わん。どうせ相手にしてくれんから・・・即、許してくれるお客さんに・・・ワハハハハハ・・・Oさんがカモや!ワハハハハハ・・・)
新車の話から新ギャグの話に何とかもっていけて良かった。満足、満足。早っ!ミユウ、ヒルナンデスに出とった。まだまだ使える!


〈よもやま 468〉 〔2015年5月21日〕 【スイミングトレーニング】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

(最近、バス釣行っとる?)
「行ってないね。海釣に行っとるね。」

(え、えっ、あんなにバス釣に行っとったんに・・・海なんや・・・)
「6月に入れば鮎釣になるね。」

(あの長い釣竿で釣るんやろ?)
「そうや。結構、竿も高いから・・・今、使っとる竿は4万円位の竿やけど・・・」

(え、えっ、4万?高っ!)
「それでも安い方や。高くなると10万、20万、30万ってあるから・・・“いつになったら、高い竿に変えるんや”って、よく言われる。」

(わーーーあっ、オレ、鮎釣できんわ、無理!)
「鮎釣って、とも釣で釣んやけど。やり出した時は結構、残酷な釣やって思ったわ。」

(え、えっ、どういうことけ?)
「おとりの鮎に針付けて、引っかけるわけで変わった釣やから・・・」

(針ってどうやって付けるがけ?)
「糸を鼻に付けて、そこから尻付近に付けて針を付けるって感じやね。」

(鼻と尻に針で刺すがけ?)
「そうやね。」

(うわーーーっ、痛っ!鮎痛ないがけ?ワハハハハハ・・・)
「う〜ん、痛いやろうね。ハハハハハハ・・・」

(とも釣って必ず釣れるがけ?)
「何回も何回もやって、そのうち鮎の体に針が引っかかって釣れるって感じやから・・・」

(1匹のおとりでずーっと釣るがけ?)
「いやっ、釣れれば新しい鮎をおとりとして使うよ。」

(そうか、じゃ釣れんかったら初めのおとりをずーーーっと使うがけ?)
「ずーーーっとは使えんね。」

(ずーーーっと釣しとって、おとり達が疲れ切ったらどうするがけ?)
「鮎の中で一番元気そうな鮎を使うことになるね。」

(“え、えーーーっ、またオレけ?あーーー、あーーーっ、”ってならんけ?ワハハハハハ・・・)
「なるね。ハハハハハハ・・・」

(おとりの鮎バテバテになるがけ?ワハハハハハ・・・)
「そうやね。浮いてきたり、流されたりするね。」

(それなら、リポビタンDみたいな鮎用のドリンク剤ないがけ?“ファイト1発!”みたいな・・・ワハハハハハ・・・だめけ?)
「ハハハハハハ・・・あればいいね。飲んだらすぐに元気いっぱいになればいいね。」

(ワハハハハハ・・・ドリンク剤切れたら、すっげえ疲れてしまうかもしれんね。)
「でも、そんなドリンク剤飲んだ鮎、食べたくないね。ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・そりゃそうや!ドーピングに引っかかったらヤバイもんなぁ・・・)
鮎も体力必要なんやなぁ・・・厳しい現実や!


〈よもやま 467〉 〔2015年5月16日〕 【ガチ球技大会】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

(あれっ?右手薬指どうしたん?)
「骨折しました。」

(え、えっ、どうして・・・)
「2日前に球技大会があってソフトボールで・・・」

(ソフトボール?グローブ左手やろ?サウスポーけ?)
「サウスポーじゃないんですけど、右手で取り損ねて・・・1回戦目に教職員チームと当たって、先生方がかなり本気でやる気出したんで・・・」

(痛かったやろ?すぐ骨折したってわかったんけ?)
「保健室に行ったんですけど、保健の先生に“医者に行った方がいいよ。”って言われて学校に近くの整形外科に行ってレントゲン撮ったら曲がってて骨折ってわかりました。」

(お医者さんに“元通りに治してください。”って言うたんけ?)
「いやっ、言ってないです。1週間後に診せに来るようにって・・・」

(今、指真っ直ぐになっとるんけ?)
「曲がってます・・・」

(完全に治るかなぁ・・・治っても何かを握ろうとしてつかんだら薬指だけ、反対方向に曲がるってことないやろうなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「・・・今度行ったら“元通りに治してください。”って言おうかなぁ・・・」

(そうやなぁ、そう言うた方がいいなぁ・・・右手やから不便やし・・・)
「はい。」

(自分でシャンプーする時、どうするがけ?)
「お風呂で薬指を曲げないように伸ばしてシャンプーします。」

(やり難いなぁ・・・お母さんにシャンプーしてもらえば・・・ワハハハハハ・・・)
「いやです。」

(それなら、お父さんに洗ってもらえば・・・ワハハハハハ・・・)
「いやです。」

(打った先生が責任感じて“お風呂で洗ってやる!”って言うたらどうする?)
「女の先生です。」

(いやっ、女の先生でも“私がお風呂で洗ってあげる!”って言うたら・・・ワハハハハハ・・・)
「いやです。」

(そうかぁ・・・そうやなぁ・・・字書くが大変やなぁ・・・テストなかったんけ?)
「小テストがあったんですけど、先生が“書けたか?”って・・・」

(“いやっ、ぜんぜん書けませんでした。実力の半分も出せませんでした。”って言うたんやろ!?ワハハハハハ・・・“点数×3にしてください!”ってワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・言ってないです。×3になったら100点越えます・・・ハハハハハハ・・・」

(100点超えしてもいいやろ!ワハハハハハ・・・ノートに黒板の字書く時、どうしとるが?)
「薬指を曲げないようにしてなんとか書いてます。」

(この際、左手で書く練習したらどうけ?)
「そうですね・・・」

(そうや!!スマホで写真撮ればいいがんないけ?)
「でも、スマホは授業中、使ったらだめなんです。」

(今回は特別や!右手骨折やぞ!・・・先生に聞いてみれば。)
「う・・・ん・・・聞けないです。」

(お願いすれば“今回だけやぞ。”って言いそうやけどなぁ・・・)
「でも・・・」

(そうか・・・じゃ、ケツ拭く時は?ワハハハハハ・・・)
「左手で拭いてます・・・ハハハハハハ・・・」

(不便やなぁ・・・お母さんに拭いてもらえば?ワハハハハハ・・・)
「いやです。」

(じゃ、お父さんに・・・)
「いやです。」

(打った先生が責任感じて“私が拭いてあげる!”って)
「いやです。」

(そうかぁ・・・先生方、そんなにムキにならんとけばなぁ・・・こんなことにならんかったんになぁ・・・)
「はい、かなりガチできたんで・・・」

(そうやなぁ・・・ガチでなて、ゴチでくればよかったんになぁ・・・“ゴチになります!”って・・・ワハハハハハ・・・)
お大事に!もし、オレが先生ならなぁ・・・シャンプーするしスマホもOKや!でも、ケツ拭くのはマジ勘弁!


〈よもやま 466〉 〔2015年5月6日〕 【タクシーの迷ドライバー】
「お客様O様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{ゴールデンウィーク中、車の事故多かったね。高速の逆走とか・・・}
「そうらしいですね。」

{急に逆走の車、現れたらうまく対応できるかなぁ?}
「冷静に対応することは無理でしょう。」

{高速を逆走するって高齢者が多いがかなぁ?}
「多分、そうでしょう。」

{オレ思っとるげんけど、カーナビに逆走した時に“逆走です、逆走です。”って警告するシステムを入れればいいがんないかなぁ・・・ってできるやろ!高齢者もカーナビ取り付けとるやろうし、どうけ?}
「そうですね。できそうですね!」

{これから自動運転システムができて、万が一事故になったら責任はどこにあるがかなぁ・・・“ちゃんとデーターを入力してその後、寝てました。責任はメーカーにあります。”とか・・・}
「いや〜っ、最後はやっぱり人間に責任があるでしょう。」

(でも、自動運転の番組見てたら、外国のでしたけど、運転席に誰も座ってなかったですよ!後ろの席にサロンみたいにして4人が向かい合って座って飲み物を飲んでいましたよ。)
{しかも、男女2人づつペアで和気あいあいと・・・あれじゃ、運転者いないから責任問えないんじゃないけ?}

「う〜ん、そういうこともできるってことでやってたんでしょうけど・・・日本じゃ考えられないでしょう。」
(あんなふうに後ろに座ってて、事故になったら人はぶっ飛ぶよね?シートベルトしてたかなぁ?)

{シートベルトしてないと“発車できません”って警告するシステムになっとるやろ!}
(それなら、体にシートベルト回さないで体のの後ろで“カチャッ”て留めて座っていればOKなんじゃない?)

{そんな簡単なシステムじゃないげんて、ボリュームを感じんなんげんて!}
(じゃ、大きいぬいぐるみにシートベルトかけとけば、OKなんじゃない?)

「ハハハハハハ・・・そこまでしますか?」
(シートベルトといえば、以前タクシーの運転手さんでシートベルトしてない人がいたんですよ。シートベルトは引き出してあって、肩の巻き戻るところをクリップで留めてあって、もう1つ左の金具の近くもクリップで留めてあって、あと5cmで“カッチャン”てできるところまで、引っ張ってあるんだけど、留めてないって感じなの。)

{どうして、そんなことしとれんろ?・・・わからんなぁ・・・}
「そうですよね・・・わかりませんよね・・・そこまで引っ張ってあるのなら、留めればいいじゃないですかねぇ?ハハハハハハ・・・」

(そうだよね。すごいおじいさんなんだけど、私、これ“カッチャン”て留めないことに何の意味があるのかなぁ?って乗ってる間、ずーっと考えてたんだよねぇ。“留めると何か体に影響があるのかなぁ?”とか“人を乗せる仕事をしてて大丈夫なのかなぁ?”とか、そして“同乗者は注意しなかったんですか?”とかって私が責任問われないかなぁとか・・・そう聞かれたら“ぜんぜん気が付きませんでした。”って言わなきゃね!?だって、私、お客だし・・・)
{ワハハハハハ・・・Ms.Y、運賃、たくさん払ったんでないがけ?お客さんの目をシートベルトに釘付けにしておいて、つり銭を多く払わせるとか・・・ワハハハハハ・・・どう?これ?}

(ううん、多く払ってない。)
{もしかして、その運転手の名前がカツオでシートベルトをカッチャンって入れると“カッチャン”って自分の名前を呼ばれたような気になっていやなんでないけ?ワハハハハハ・・・有り得るかなぁ・・・どう?これ?}

「ハハハハハハ・・・さすがにそれはないでしょう。」
{運転手の名前がカツオ説、採用してくれんがけ?}

「う・・・んっ、無理です。ハハハハハハ・・・シートベルトが壊れてたんじゃないですか?」
{あーーーあっ、チェッ。結構、いいと思ったんになぁ・・・ワハハハハハ・・・残念!}
カツオ説、無理かぁ・・・もしかして、カツアキって名前やったりして・・・カツアキ説は?


〈よもやま 465〉 〔2015年5月1日〕 【逆転劇】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

「会社の同僚で酒を飲むとすっごく変わって“ガーーーっ”とか、あばれる人がいるんですよ。」
(ワハハハハハ・・・あばれる君やじィ・・・)

「アハハハハハ・・・そう、そうです。で、他に小動物のうさぎみたいな性格で仕事中もあまりしゃべることなく、もくもくと仕事をする後輩がいるんです。あばれる君はうさぎみたいな後輩がかなり年下なんで、かわいいもんやから“おーーーっ、酒飲みに行くぞ!”ってよく酒飲みに連れて行くようになったんですよ。」
(うさぎみたいな後輩は酒、強いがけ?)

「いや〜っ、弱かったです。小動物のうさぎなんで・・・アハハハハハ・・・初めの頃はよく吐いたらしいです。でも、うさぎみたいな後輩も鍛えられてだんだん強くなって、そのうち逆転してしまって、うさぎみたいな後輩の方が酒強くなって“ガーーーっ”ってあばれるようになったんですよ。」
(ワハハハハハ・・・あばれる君以上にあばれる君やじィ!?)

「そうなんですよ。それで仲間内ではうさぎみたいな後輩のことを“片町のトラ”って呼ぶようになりました・・・周りの人達に“片町のトラを怒らせるなよ!”って・・・アハハハハハ・・・」
(その“片町のトラ”って体大きいがけ?)

「それが小柄で引き締まった体してますね。」
(あばれる君は?)

「あばれる君は普通の小ささですね。」
(“片町のトラ”は首輪しとるがけ?ワハハハハハ・・・)

「してないです。野放しです・・・アハハハハハ・・・」
(危ないじィ・・・トラだけにとらえることできんね!ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・ですよね!」
(飲みに行ったらすぐに“片町のトラ”になるがけ?)

「めちゃくちゃ強くなったからビール、焼酎をかなり飲んだら“片町のトラ”です。」
(その“片町のトラ”って飲んだ次の日、前日の“片町のトラ”になっとったこと覚えとるがけ?)

「いやっ、覚えてないでしょう。」
(じゃ、自分が“片町のトラ”ってことわからんげね?)

「そうです。皆で“片町のトラ”のことを話してても自分のことを話していると思ってないですから・・・アハハハハハ・・・あばれる君は以前、飲みに誘う時“おーーーっ、飲みに行くぞ!”って言ってたんですけど“おーーーっ、飲みに行きましょうよ!”ってなりましたね・・・アハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・すっげえ、変わり様や・・・)

「逆転されるとは思っていなかったんでしょうね・・・あばれる君は“片町のトラ”に酒を教えるんじゃなかったって後悔してました・・・アハハハハハ・・・」
あばれる君とトラやったらやっぱり、トラの方が強いもんなぁ・・・


〈よもやま 464〉 〔2015年4月25日〕 【新バーベキュー】
「お客様N様」(Mr.X)との会話

(いい天気やね。)
「いい天気ですね。バーベキューしたいですね。」

(そうや。でも、毎年、連絡がないげんけど・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・まだ、日程が決まっていないんで・・・」

(ワハハハハハ・・・毎年、そう言っとる気がするげんけど・・・何のバーベキューするがけ?)
「やっぱし、海鮮ですかね・・・」

(海鮮やったら何け?)
「ホタテですね。」

(さすがやね!いいなぁ・・・食べたいなぁ・・・ホタテの貝柱いっぺんに口に入れて、しゃべれんくらいになりたいなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうですね。」

(後ろ頭、ポンって叩かれてホタテ飛び出して“しゃべれます。”ってワハハハハハ・・・ホタテ入れたり出したりしたいなぁ・・・ワハハハハハ・・・ホタテ1人何個なんけ?)
「1人、1個か2個ですかね。」

(もっと食べたかったら他の人の取って食べてもいいがけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・早い者勝ちなんで・・・」

(そうか、OK、了解!後、何焼くがけ?)
「牛肉、豚肉ですね。」

(いや〜っ、安心したわ。肉がないとねっ。何かパワーにかけるというか、物足りないというか・・・ワハハハハハ・・・後は?)
「ホルモンも焼きますね。」

(え、えっ、ホルモン?わーーーーーっ、無理。オレそういったたぐいの嫌いなんやって・・・後は?)
「レバーも焼きますね。」

(わーーーーーっ、レバー食べられんげんて・・・)
「レバーもだめなんですか?」

(だめや。食卓に出たら、その日は断食や!)
「レバー食べたことあるんですか?」

(あるよ。口に入れた瞬間、飛び出したわ。後ろ頭ポンって叩かれんでも・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・レバーのどこがだめなんですか?」

(何から何まで、見た目、色、匂い、形、食感すべてだめねんて・・・いつもバーベキュー何人くらいでするがけ?)
「う〜んっ、6〜10数人でするね。」

(食材、用意するが大変やね・・・どこで買うがけ?)
「スーパーの肉屋さん、バーベキュー用の肉をセットで用意してくれるんで・・・」

(“肉、焼いときますね。新サービスです。”って言われんけ?バーベキュー行ってすぐ“チン”して食べられるしいいね!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・バーベキューに行く意味ないでしょう!」

(いやっ、すぐに食べたい人にはいいがんないけ?肉屋さんの店頭に“電子レンジをお忘れなく!”って書いてなかったけ?ワハハハハハ・・・)
「それはなかったです・・・ハハハハハハ・・・」
ほんと?あれば楽なんになぁ・・・残念!


〈よもやま 463〉 〔2015年4月18日〕 【格言ってこう、かくげん】
「お客様S様」(Ms.Y){父}との会話

「この写真の“花には水を妻には愛を”かぁ・・・これって何?」
(湯のみに書いてある“格言”かな?どういう意味だと思う?)

「“生きものに必要なもの”かな・・・」
(なるほど!!うまいこと言うね!!)

「“子には愛を”だね!」
(なるほど!!そりゃそうだね。子には愛が必要だね。じゃぁ、父には?)

「“父には酒を”だね。」
(そうなの?K君のお父さん、お酒飲むの?)

「飲むよ!最近、箱で買ってるもん“今日の分、明日の分、月曜日の分・・・”とか言って・・・」
(何を飲むの?)

「ビンのビールの時もあるし、あとは、えーーーっと・・・何だったかなぁ・・・う〜ん、ハイボール!ハイボールだと3本飲むよ。」
(結構、飲むのね。お父さん、お酒飲むとどうなるの?裸で踊ったりする?ハハハハハハ・・・)

「ううん、しない。けど、怖くなるよ。“そんなこというと泣いちゃうよ”って言うと“泣いたってかまわん!”とか言うんだよ。」
(そうなんだ!お父さんは泣かないの?ハハハハハハ・・・)

「泣かない“うちのお父さん、こんなに怖かったかなぁ?”って思う。」
(じゃ、おねだりはお酒飲んでない時がいいね!?)

「そうそう、お酒飲んでる時は絶対だめ!」
父{み〜んな、聞こえてるんですけど・・・アハハハハハ・・・}

「うん、知ってる!」
(ハハハハハハ・・・わざと聞こえるように言ってるのかなぁ・・・)
お父さん“飲酒NeXt”はせんといてください!お願いします!


〈よもやま 462〉 〔2015年4月18日〕 【新米対決】
「お客様S様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{もうすぐ、ゴールデンウィークやし、今年も奥さんの実家の田植えに行かんなんがけ?}
「はい、行きますよ。今年は息子にさせようかなぁ・・・中学生になったから・・・」

{そうやね。若者は覚えるが早いさけ、田植え機の運転させればいいがんないけ?ワハハハハハ・・・}
「それが座って運転するタイプのじゃないんで、手で押して行く田植え機なんです。」

{そうなんけ。じゃぁ、それに座るシートを取り付ければいいってことやね。}
「ハハハハハハ・・・そんな簡単なことじゃないですよ。」

{ワハハハハハ・・・そうなんけ?でも、おいしいお米もらえるさけ、いいなぁ・・・}
「確かにおいしいですよ!いつもドーンとたくさんもらうんで、たまになくなったらお米買いますね。この前も少しだけ買いました。“魚沼産のこしひかり”を・・・」

{え、えっ、そんなブライド米を買ったんけ?魚沼産って偽物もあるって言うから、魚沼の後に小さく“田”って、書いてなかったけ?魚沼田って・・・ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・書いてありませんでしたね。たまに買うから高級米を・・・」

{おいしかったけ?}
「はい、おいしかったですよ!」

{魚沼産の高級なお米かぁ・・・食べたかったなぁ・・・うちのお米“一粒のきらめき”やったかなぁ・・・あれっ?うちのお米の銘柄“一粒のきらめき”やったけ?}
(そう、“一粒のきらめき”です。)

{“魚沼産のこしひかり”かぁ・・・高級米に比べたらなぁ・・・“一粒のあきらめ”って感じやね!ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・実家からもらうお米よりおいしかったです!」

{え、えっ、どういうことけ?実家からもらうお米の方がおいしいがんないがけ?何か話違うなぁ・・・ワハハハハハ・・・}
「それが魚沼産のは天日干しなんですよね。やっぱり、天日干しのお米はおいしいですよ!ハハハハハハ・・・」

{それなら、奥さんの実家の親に“魚沼産の天日干しのお米はおいしいですよ!”って言わんかったんけ?ワハハハハハ・・・」
「はい、言えないですよ。」

(そんなこと言ったら、わらの付いたまんまのお米を送られて“家で天日干しにしたら”って言われるよね。ハハハハハハ・・・)
{そんことになったら、屋根に干さんなん・・・ワハハハハハ・・・}

「それは無理ですよ・・・ハハハハハハ・・・」
Sさん、おいしいお米ばっかり食べとるんやなぁ・・・うらやましい・・・


〈よもやま 461〉 〔2015年3月21日〕 【一言勝負】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

「明日、娘のダンスの発表会なんです。」
(どこであるがけ?)

「諸江のスーパーです。」
(Tさん、飛び入りで出んがけ?ワハハハハハ・・・人気者になったりして・・・)

「出ないですよ。ドンビキでしょう・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・スーパーだけにマンビキよりいいやろ!?)

「ハハハハハハ・・・うまい!」
(今日、眠たそうやなぁ・・・昨日、寝たん遅かったんけ?寝不足け?)

「仕事で遅くなって寝たの5時半でした・・・」
(昨日でなて今日寝たんや!そりゃ、眠たいわ・・・)

「それに奥さんは飲みに行ってかなり酔って帰ってくるし、あげくに吐くし・・・」
(何飲んだんけ?)

「ワインかなぁ・・・寝てから2、3時間して急に気持ち悪い苦しい・・・って言い出すし・・・」
(そんなに苦しがったんならTさん、マウス・トゥ・マウスしたんけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・ゲロ臭いんでしないですよ。」
(オレ、酒飲めんから吐くってよく分からんなぁ・・・ハクと言えばパンツ、ハクくらいかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・後、まだあるでしょう!」
(後?靴下ハクくらいかなぁ・・・)

「毒、ハクでしょう!ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・そうや!お客さんにストレスかけながら、ハクは・・・ワハハハハハ・・・Tさん、うまいこと言うなぁ・・・“毒、ハク”やって・・・おいしいとこもっていくなぁ・・・ワハハハハハ・・・うまいこと言う人は一言で決めるなぁ・・・)
なるほどね・・・参りました・・・


〈よもやま 460〉 〔2015年3月21日〕 【好き嫌い】
「お客様M様」(Mr.X)との会話

(髪長いって先生に注意されたんけ?)
「はい。」

(えっ?この長さで?そんなに長くないがになぁ・・・厳しいなぁ・・・)
「明日、卒業式なんでいつもより厳しいんです。」

(そうかぁ・・・先生ピリピリしとるなぁ・・・“先生、静電気帯びてますね。”って言えばいいがんないけ?“ピリピリ感電しそうです。”ってワハハハハハ・・・)
「そんなこと言えないです。」

(そうかぁ・・・今日は3月なんに雪降って寒かったなぁ・・・)
「はい。」

(部活、体育館でしたんやろ?寒なかったけ?)
「寒かったです。」

(“さむっ!”て大きい声で叫んだら近くの外国人のサムって名前の人“な・ん・で・す・か?”って言わんかったけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・外国人いないですから・・・」

(そりゃそうやなぁ・・・今日は何か疲れてないけ?)
「卒業式の練習とか勉強で疲れました。」

(そうかぁ・・・好きな教科は何や?)
「理科です。」

(りか好きなんや・・・それやったら“リカ”って名前の女の子おったら好きになるがや?そうやろ!?ワハハハハハ・・・)
「そ、それはないです。」

(そうかぁ。理科の次に好きな教科は何け?)
「数学です。」

(それやったら、数子って女の子おったら好きになるね?ワハハハハハ・・・)
「そ、それもないです。そんな名前の人いないですから・・・ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・そうかぁ・・・M君、ギャグ嫌いなんけ?)
「はい。」

(ギャグ嫌いってことはオレ嫌いってことなんけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・はい。」
これやよ・・・まいったなぁ・・・だめやって好きにならなぁ・・・


〈よもやま 459〉 〔2015年3月17日〕 【高回転】
「お客様O様」(Mr.X)との会話

(あれっ?靴、かっこいいねぇ・・・靴底ブルーって珍しくないけ?)
「そうなんですよ!いいでしょう!」

(いいねぇ!自分で買ったんけ?おしゃれやなぁ・・・)
「奥さんが“これいいんじゃない!”って選んでもらいました。ファッションに興味あります?」

(な〜ん、ない。)
「財布も変えたんです。二つ折りの財布じゃなくて長財布にしたんです。」

(革の財布け?)
「う〜ん、そうかなぁ。」

(ブランドけ?)
「はい!ポール・スミスです!」

(ワハハハハハ・・・ポール・マキかと思ったわ・・・)
「“パッチンパッチン、指パッチン”アハハハハハ・・・」

(早っ!ミユウ・・・ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・1回転したかったです。」

(1回転して指パッチンしたかったんや・・・ワハハハハハ・・・)
さすが反応、早いなぁ・・・脱帽!


〈よもやま 458〉 〔2015年3月1日〕 【洗車】
「お客様O様」(Mr.X)との会話

「もうすぐ、新幹線きますね!」
(そうやね・・・あっ、昨日のお客さんで試乗会に当たって新幹線に乗ってきたって。すごく静かで速かったって。)

「やっぱり新しいからね・・・」
(グランクラスには乗せてもらえんかったって。)

「そうですよね。汚れたら困りますもんね。」
(でも、そういう時こそ乗ってもらった方がいいがんないけ?オレならそうするなぁ・・・)

「それもそうですね。」
(長野まで1時間位で着いて15分位ホームにおったって。その間にシートの向き変えて金沢に帰ってきたって。)

「私も新幹線を見る機会があったけど、新しいのにすごく汚れてて・・・特に連結部分が油汚れかなぁ・・・汚れてましたよ。」
(それって運転手の人が弁当食べて残りを窓からポーンって捨てたやつがくっついて汚れたんでないけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・それはないでしょう。」
(新幹線の連結の所ってどうなっとるんけ?)

「連結部分は見えないんですけど、連結の周辺のボディーの角とかが汚れてたんです。でも、開業の時には洗車してきれいな車両にするでしょう。」
(そりゃそうやね!)

「新幹線、白色が多いから余計に汚れ目立ちますよね。」
(あっ、そうかぁ・・・そうやね。車両の洗車代のコストが高かつくんで料金高くなったりして・・・ワハハハハハ・・・そのうち汚れが目立たん色に変えたりして・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうですね。あり得ますね。」
何色になると思うけ?金色?


〈よもやま 457〉 〔2015年2月28日〕 【遠距離恋愛】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

(今回、金沢に帰るバスの隣の座席の人どんな人やったんけ?)
「若いカップルの彼氏が隣でしたね。」

(ということは彼女は名古屋で彼氏が金沢の遠距離恋愛や!そうやろ!?)
「そうです。私が窓側だったんで・・・2人して手を振ったりして・・・ハハハハハハ・・・」

(Yさんもいっしょに手振らんかったんけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・できるわけないでしょう。」

(そんなことないやろ!仲良しになれたんでないけ?ワハハハハハ・・・)
「できないですって!何か新鮮っていうか微笑ましいっていうか・・・よかったですよ。」

(ヤマシタタツロウのCMの世界みたいやね!バス版の・・・)
「そうです。そういう感じでしたね!ハハハハハハ・・・」

(ヤマシタタツロウの曲、流さんかったんけ?“ちょっと待ってください。”っていうてカバンからCD出して流せばよかったんに・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・持ってないです。」

(それならYさんが歌えばよかったんに・・・季節はずれの“クリスマス・イブ”最高の演出やったんになぁ・・・そしたら盛り上がったんでないけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・私もう、柿ピーと貝のひもをつまみにビールとチュウハイ飲んでいたんで・・・ハハハハハハ・・・」

(Yさんの演出で乗客のみんな、2人を応援したと思うけどなぁ・・・)
Yさんもいっしょに手を振ったら三角関係になって見えるかなぁ・・・面倒くさいことになるかぁ・・・そりゃそうや。


〈よもやま 456〉 〔2015年2月18日〕 【共通の痛み】
「お客様K様」(Mr.Y)との会話

(今日はお休みですか?いつものお医者さんの日?)
「ええっ、それと肘が痛くて整形外科にも行ってきたんです。」

(ああっ、Kさんはバトミントンするから“バトミントン肘”ですね?)
「まさにそれです。」

(私もテニスしてたから肘も痛みわかります。ボールを打つと肘にビリビリってくるんですよね。)
「そう、そう、もう痛くて日常生活にも支障が出てきたんで医者に行ったんですけど、レントゲンとって骨には異常なしで“テニス肘ですね。”って感じで炎症をおさえるために“注射しますね。”って言われて思わず“注射するんですか?”っていっちゃいましたよ。アハハハハハ・・・」

(最近、あんまり注射しないですからねぇ。ステロイド注射でしょ?)
「そうそう!“ちょっと痛いですよ。”って言いながら打たれてつい“痛たたた・・・”って声が出ちゃいました・・・アハハハハハ・・・」

(肘ですもんねぇ痛そうーーーっ!私も腱鞘炎で注射打ったことありますけど、お医者さんに“この注射痛いんですよねぇ・・・”って言われて覚悟してたんですけど、思わず“ううう〜〜〜っ”て言っちゃいました。で、そのお医者さん“この注射さす時も痛いんですけど、薬入れる時も痛いんですよねぇ・・・”って言いながら薬を注入するんですよ。ホント痛かったです!)
「そうそう!!薬入れる時も痛かったです!」

(で、注射した後もずーーーっと痛くてその日1日家事放棄しました。ハハハハハハ・・・)
「そうそう!!そうなんです!僕、今その状態なんですよ。注射打つ前より今の方が痛いんです!!」

(帰り“車の運転できるかなぁ・・・”って思うくらい痛かったです!でも、次の日すーーーっと楽になって“あの注射効いた!!”って思いましたよ。)
「本当に?僕もそれを期待して今日がんばります。」

(本当に痛そうですね。声のトーンがいつもと違うもの・・・“テンション低っ!”て感じで・・・お大事に・・・)
関節の痛みって困りますよね・・・お大事に・・・


〈よもやま 455〉 〔2015年2月17日〕 【神業】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

(あれっ?受験生やったけ?)
「もう、決まりました。」

(お、おっ、おめでとう!あっ、私立やね!)
「違います。国立です。推薦入学なのでまだ、内定なんで悪い事したらだめなんです。」

(内定?何か中途半端やなぁ・・・合格やろ!推薦受験って面接とかあるがけ?)
「はい、ありました。」

(何聞かれたんけ?)
「志望動機とか部活のこととか将来のこととか・・・」

(志望動機、何て答えたんけ?)
「結構、いい会社に就職できるとか・・・」

(部活のことって何聞かれたんけ?)
「部活で何かあったか?って」

(何て答えたんけ?)
「ハンドボール部やっていたのでいろいろ大会に出場したってこと。」

(“顔にハンドボールが当たって顔にめり込んでそのままゴールしました。”って言わんかったんけ?得意技ですって・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それはないです。」

(そう言えば面接の先生、笑ったんでないけ?面接の先生笑わせたらポイント高いね!?)
「面接の先生を笑わせるようなことしたら落ちます。」

(ワハハハハハ・・・そうかぁ・・・将来のことは?)
「新しい発電のことを研究したいって答えました。」

(そうかぁ、そしたら発電のこと研究して起業すればいいな!高校生やりながら起業や!社長や!そしたら、オレその会社に面接に行ってもいいけ?)
「う・・・んっ・・・」

(そんな返事やったら、まるでオレに来てほしくないみたいやろ、どうなん?)
「う・・・んっ・・・」

(来てほしくないが?)
「じゃあ、来てください。」

(じゃあって会社で他の社員おったらタメ口きいたらいかんげんろ?でも、H君と2人だけやったら、タメ口きいてもいいけ?ワハハハハハ・・・)
「・・・え、えっ・・・」

(給料は社長のH君と同じ金額にして!ワハハハハハ・・・)
「いや〜っ、それは・・・課長とか部長とかになって・・・」

(な〜ん、オレ肩書きはいらんから平社員でいいから肩書きあったら大変やから、でも給料だけは社長といっしょにして!ワハハハハハ・・・)
「それはだめです。ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・意外とケチやなぁ・・・でも、学校どうやって行くがけ?)
「駅まで自転車か姉が大学へ車で行くんで乗せて行ってもらおうかなぁ・・・って・・・」

(早起きせんなんよね!何時頃、家出るが?)
「7時半頃には・・・その時間の電車に乗り遅れたら遅刻です。」

(その時間の電車より1つ前の電車の方がいいがんないけ?)
「それだと学校に早く着きすぎます。」

(そうかぁ・・・じゃ、乗り遅れたら自転車ブっ飛ばせば、いいがんないけ?200段ギアの自転車買ってもらえば・・・ワハハハハハ・・・)
「そんな自転車ありますか?」

(特注や!お父さん買ってくれるって・・・)
「200段も必要ですか?そんなにいらないでしょう。」

(ワハハハハハ・・・必要や!加速していって200段目のギアに入った頃には学校に着いとるって、ものすごいスピードで・・・ワハハハハハ・・・)
「スピード出しすぎたら怖いです・・・」

(学校に着いて止まる時、何か軟らかいものにぶつかって止まらんなんかもしれんなぁ・・・ワハハハハハ・・・そしたら皆“来た!来た!”って有名になるなぁ!TV局も取材に来るぞ!)
「ハハハハハハ・・・はい。」

(そしたら、芸能界入りや!超人気者や!高校生やりながら起業して社長やりながら芸能人や!儲かるなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「そしたら、芸能人一本でがんばります。」

(え、えっ?・・・それでいいが?)
「はい、人気者の芸能人でいいです。」

(ワハハハハハ・・・もう、NeXtのおやじ来れんやろって思っとるやろ!?芸能界じゃなぁ・・・もう、オレ行けんなぁ・・・残念!それとも自転車でなて新幹線に飛びついて津幡駅で飛び降りるって、どうけ?ワハハハハハ・・・吸盤で新幹線にくっついて・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・危ない・・・」

(運転手さんに“途中、津幡駅で飛び降りるんでスピードをあまり出さないでください!”って頼んでおけば・・・ワハハハハハ・・・そしたら、運転手さん“もう、しょうがないなぁ1回だけやぞ!”ってやってくれるかも・・・ワハハハハハ・・・)
合格おめでとうございます!!よかった!!


〈よもやま 454〉 〔2015年2月14日〕 【期待と義務】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

(今日、名古屋からどうやって来たんけ?)
「バスです。バス。それが隣に座った人がすっごく大きい人で私も大きいんですけどね。でも、私より大きい人でギュウギュウでしたよ。」

(ワハハハハハ・・・その座席2人でパンパンやったんでないけ?)
「アハハハハハ・・・そうなんですよ。肩が触れ合っててなんかね・・・」

(今回もビールと柿ピーで飲みながら帰って来たんけ?)
「そうです。唯一の楽しみなんで・・・それが私の座席の前が女の人と男の人で」

(カップルやろ?カップルでないがけ?)
「違うんですよ。それでその女性、ビール飲んでたんですよ。私の隣がその女性ならね・・・おつまみ分けてあげたのに・・・アハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・前の座席の女の人に“柿ピーどうですか?”って声かけて振り向いてもらえばよかったんでないけ?)
「できないです。できないですって。」

(きれいな人やったんけ?)
「いや、顔は見てないです。」

(きれいな人やったら、声かけたかなぁ・・・)
「いや、きれいとかきれいじゃないとかそんなんじゃなくて、今回柿ピーの他にさきいかもはりこんだので隣ならよかったかなぁ・・・って・・・」

(ワハハハハハ・・・おつまみの柿ピーの食べ方で話、盛り上がったんになぁ・・・残念。きれいな人やったらさらに盛り上がったんにね!ワハハハハハ・・・)
「それはないです。」

(でも、きれいじゃない人よりきれいな人の方がいいやろ?)
「まぁ、それはそうですけど・・・今回の話はおもしろい話じゃないですから!」

(ワハハハハハ・・・だめや!おもしろい話になるようにもってかな!そういう展開にもっていくようにして!頼むって!ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・無理です。無理!」
更なるおもしろい話を期待していますから・・・


〈よもやま 453〉 〔2015年2月12日〕 【収入源】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

(バイトどう?)
「行ってますよ。結構、稼いでます・・・けど、昨日怒られちゃって・・・」

(お店の人に?)
「いえっ、お客さんに・・・“○○って日本酒ある?”って聞かれて“ないです。”って言って“それに似たようなのある?”って聞かれたんですけど、自分まだ日本酒飲んだことないんで“わかりません。”って言ったら、キレられちゃって・・・すごいテンション下がりました・・・あーーーーーって・・・」

(“もっと、酒のこと勉強しとけよ!”って感じで?)
「ええっ“そういう時はわかる人と変わらなくちゃいけない。”ってお店の人からも怒られて・・・」

(まだ、若いからお酒のことわからないよねぇ・・・)
「最近、カクテルとかは作る時、味見してるんでわかるんやけど、日本酒はね・・・」

(日本酒は飲んだことないんでしょう?)
「はい。」

(それじゃ、わからないよね・・・カクテルはお客さんからクレームはないの?濃いとか薄いとか?)
「あります。“これちょっと濃いから薄くして”って・・・でも、薄いのを濃くするのは簡単なんだけど、濃いのを薄くするのは大変なんですよ。」

{ワハハハハハ・・・それならK君、半分ゴクッゴクッて飲んで水入れて薄めればいいがんないけ?}
(ハハハハハハ・・・“確かにちょっと濃かったですね。”って“僕、酔っちゃいました!”って・・・)

「ハハハハハハ・・・それは・・・ちょっと・・・」
{バイトの終わり頃にはK君ベロンベロンに出来上がっとったりして・・・ワハハハハハ・・・K君、飲みたさにわざと濃く作っとったりして・・・お客さんに“ちょっと薄くして!”って言わせるように・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・そしたら“はい!喜んで!”って・・・ハハハハハハ・・・」
(お店で一番若いんでしょ?女の子もいるの?)

「いますけど、みんな大人ばっかりで・・・」
(それじゃ、彼女できないね・・・年上の人はだめなの?)

「自分的には年上の人の方が楽な感じでいいかなぁって・・・22歳位の女の人はいるんですけど、子ども扱いされちゃいます。」
(20代前半じゃ、年上の男の人がいいだろうしね。30歳位になるとかわいがってもらえるかも・・・どう?)

「お客さんも30〜40歳位の人だとかわいがってくれます。反対にお盆の持ち方教えてくれたり・・・」
(“こうした方がいいよ。”とかって?K君かわいいタイプだから“お持ち帰りした〜い!”とか言われちゃったりして・・・ハハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・無理矢理ですか?」
{“僕、ついていっちゃいま〜す!”ってワハハハハハ・・・}

(“うちの 息子が帰ってこない!アルバイトに行ったきり行方不明”とかTVで顔写真流れたりして・・・ハハハハハハ・・・)
{アパートで監禁!1歩も外に出してもらえんかったりして・・・ワハハハハハ・・・}

(窓から紙ヒコーキ飛ばさなきゃ“助けて!この番号にTELしてください!”とか書いて・・・ハハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・」

{“スノーボードだけ行かせてください”ってお願いせんなん・・・ワハハハハハ・・・}
(案外かわいがってくれたりして“これおこづかいね!”とか・・・そしたら“僕、ボードから帰ったら夕飯作って待ってますから”とか“僕、お酒作るのうまいですから”とか言ってつくしちゃったりして・・・ハハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・」
(“車欲しいなぁ”って言ったら“明日、買いに行こうね!”とか・・・ハハハハハハ・・・)

「それって、ヒモじゃないですか?ハハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・意味わからんけど、伸び縮みするヒモの方がいいがんないけ?ワハハハハハ・・・}

(最高じゃない?ヒモじゃだめなの?“私が働くからいいのよ!”って・・・ハハハハハハ・・・)
{発見されても“僕、帰りたくない!”とか言っとったりして“僕、ずーーーっとここにいます!”って・・・ワハハハハハ・・・}

「だめですよ!!」
(えーーーっ、男は自分で働かなきゃだめ?わーーーっ、K君かっこいい!!)
一時はどういう人生を歩むのかと心配したけど、最後に決めたね!


〈よもやま 452〉 〔2015年2月8日〕 【調教】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

(あれ?メガネ変わったじィ・・・)
「犬にフレームかじられたもんで・・・」

(ペットの犬け?)
「はい!」

(前に使っとったメガネ出張中に作ったけど、今回も出張中に作ったんけ?)
「いえ、金沢の店で作りました。」

(メガネを買うパターン変わったじィ・・・いいメガネやね!)
「形状記憶合金なんですけど、フレームが折りたためなくて広げた状態で置いとかないといけないんです。」

(本当や、メガネフレームかじられたんKさんだけけ?)
「家族もやられてます。全部で5本かじられました。」

(かなりの本数やね。メガネ屋さんにしたら、ありがたい話や。メガネ作る時、ペットの犬も連れて行ったんけ?)
「いいえ。」

(メガネ屋さんうまいことメガネフレームをかじるようにペットの犬を調教したんかなぁって思って・・・ワハハハハハ・・・商売的には結構いいがんないけ?)
「ハハハハハハ・・・それはないです。」

(でも、うますぎる話でないけ?)
「ハハハハハハ・・・ですかね?」

(オレもメガネ屋さんに行って犬の調教の仕方教えてもらおうかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「う〜ん、どんなふうに?・・・犬に髪かじられて右と左の髪の長さが違うから、直しにNeXtへカットに来るようにですか?ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・それ、いいね!Kさん、うまいこと言うなぁ大忙しや!いただき!)
「髪かじるのを調教するの難しそうやね・・・」

(でも、やる価値あるさけ!明日、休みやから早速そのメガネ屋さんに行って調教の仕方教えてもらおっと・・・ワハハハハハ・・・別室に案内されて教えてもらえるかなぁ・・・犬に・・・ワハハハハハ・・・)
これなら絶対リピーター間違いなしや!よおーーーしっ。


〈よもやま 451〉 〔2015年2月7日〕 【歯痛】
「お客様M様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「1ヶ月程前、歯が痛くなって歯医者に行ったんやけど、なかなか痛い所がわからんくて・・・歯の痛みって脳みそを突き上げるような痛みで・・・歯が痛いってどうにもならんね。」
{むし歯け?}

「何か歯に割れ目ができて、そこに菌が入って神経の所まで入ったらしいけどレントゲンでも場所がわからんくて・・・」
{レントゲンでもわからんて相当小さいがかね・・・}

「担当の先生が若い先生で先輩の先生と2人でオレの左右に立って、先輩が“ここに当ててみて”とか指示して歯に空気をシュッシュッて当ててさがしてやっとわかったわ。神経を3本抜かんなんから歯を削って細い器具をクリクリ入れて・・・」

{あーーーあっ、細いネジみたいなやつをクリクリ入れるやつやろ!?}
「そうや。削る時も先輩に何回か聞いて・・・」

(えーーーっ、こーわーーーっ、“お前、削りすぎだよ。”って言われなかった?ハハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・それはなかったけど・・・何か難しい局面になると先輩に聞いとる感じやったね。」

{ワハハハハハ・・・先輩“もう、抜いて!”って指示せんかったけ?}
「アハハハハハ・・・それもない。」

{先輩“あっ!!”って言わんかったけ?・・・ワハハハハハ・・・}
「アハハハハハ・・・専門用語を使っとるから、よくわからんくて・・・」

{専門用語で“あっ!!”って“OK”のことやったりして・・・ワハハハハハ・・・“あっ!!あっ!!”“OK OK”・・・}
「アハハハハハ・・・若い先生やったし、たまたま、うまくいったんかなぁ・・・“しばらく様子みて調子が悪かったら、また来て!”って
歯は大切やからうまくいってよかった。


〈よもやま 450〉 〔2015年1月25日〕 【祝新幹線】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

(もうすぐ、新幹線開通やね!)
「うん、今まで東京に行ったんは1回くらいかなぁ・・・」

(越後湯沢で乗り換えないし、楽や!乗りたいけ?)
「“かがやき”乗りたいね!」

(他のお客さんで出張とかで飛行機利用しとる人に“新幹線開通したら飛行機か新幹線かどっちにするけ?”って聞くと、ほとんどの人が新幹線にするって言うわ。)
「そうやろうね・・・小松まで行かんでいいし・・・」

(そうや!駅から駅っていいもんね!新幹線に乗って東京、何しに行くがけ?)
「買い物とか・・・」

(洋服とかけ?)
「バイク用品の店が多いから見に行きたいね。でも、3月やし春休みもあるからその頃は切符なかなか取れんのじゃないけ?」

(そうやねぇ。お客さんいっぱいで車両がパンパンにふくれたりして・・・ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・“かがやき”でなくて“ふくらみ”って・・・アハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・うまいこと言うなぁ・・・“ふくらみ”・・・ワハハハハハ・・・お客さんにおいしいとこ持っていかれると何かいややなぁ・・・不愉快!ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・腹立つけ?くやしいけ?」

(うん、くやしい!もう、カットなんかどうでもいいわ。うけたい!うけることしか考えてない・・・ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・ひどすぎる・・・」

(ワハハハハハ・・・“只今、満員のふくらみ遅れて大変ご迷惑をおかけして・・・”って駅員さんアナウンスしたりして・・・ワハハハハハ・・・“ふくらぎ”ってどうけ?)
「アハハハハハ・・・くだらねぇ・・・」

(ワハハハハハ・・・Kさん、おいしいとこ持っていったから、もういいがけ?もう、勝ち組やし、どうでもいいって思っとるやろ!?ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・そんなことないけど・・・」

(自分さえ、うければいいがけ?オレにもおいしいとこ、ひとかじりさせてや!ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・スーパーに行けば“ふくらぎ”あるね!」

(そうや・・・店員さんに“このふくらぎいつ開通しますか?”ってワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・ここまでふくらませるとは・・・」

(もう、スーパー出入り禁止や!ワハハハハハ・・・)
チャンスがあれば、ふくらんでない新幹線に乗りたい!


〈よもやま 449〉 〔2015年1月23日〕 【ご挨拶】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

(監督“あ・に・よ・め!こ・と・ぶ・き!”・・・ワハハハハハ・・・)
「・・・はぁ???・・・」

(“あ・に・よ・め!こ・と・ぶ・き!”)
「・・・えっ???・・・」

(わからんけ?)
「はい・・・何のことやら・・・」

(“あけましておめでとう!ことしもよろしく!”を略して言うとどうなるけ?)
「あーーーっ、わかりました。今年もよろしく!」

(皆、これ言うてもわからんみたいや・・・音で楽しんで欲しいなぁ・・・ワハハハハハ・・・今年のキーワードは“音”やね!)
「・・・はい・・・」

(新年早々、監督を怒らしてしもうたみたいや。サイン見落とさんようにせんなん・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・」

(明日はお休みけ?)
「午前中、仕事で午後から野球です。」

(タフやね!すごいなぁ!赤マム、黒マム飲んどるがけ?)
「・・・はい・・・」

(ワハハハハハ・・・何か適当に答えてないけ?わかってないやろ!?)
「はい。」

(赤マムシ、黒マムシのドリンク飲んどるがけ?って・・・)
「あ、あっ、いや、飲んでないです。」

(ニンニクは?)
「いや、食べてません。」

(すごいなぁ・・・パワーの源は何け?)
「う・・・ん・・・」

(ワハハハハハ・・・ヨシツネって言うたらだめやよ。)
「アハハハハハ・・・う・・・ん・・・」

(生まれつきけ?)
「はい。」

(そのパワーの源は何け?)
「う・・・ん・・・」

(ワハハハハハ・・・ヨリトモって言うたらだめやよ。)
「アハハハハハ・・・はい。」

(オレなんてパワーないから監督のカット最後までできるか心配や!ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・困ります。」

(もし、途中でパワー切れて最後までカットできんでもそのまま帰って!ワハハハハハ・・・)
よかった!パワーもった。最後までカットできてよかった!


〈よもやま 448〉 〔2015年1月10日〕 【スーツの分離】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

「最近、腹回りが太ったなぁって思ってスポーツジムに行ったんですけど、ランニングマシーンがあいてなかったから自転車こいでたんですよ。そしたら、途中から急に下半身がスースーするなぁって思ったらスポーツスーツが尻の所でさけて破れてて・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・近くの人達にスポーツスーツの中、見られたんや。)

「ハハハハハハ・・・そこはうまく隠しましたよ。」
(どうやって?パンツ丸見えやろ!?ワハハハハハ・・・)

「パンツは黒なので大丈夫でした。」
(パンツはいとってよかったねぇ・・・ワハハハハハ・・・こんなふうに手で隠してけ?)

「ハハハハハハ・・・そんな直接、尻に手を当てたら不自然でしょう。さり気なくタオルを当てるかのようにして・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・周りの人達に見えとった方がおもしろかったんになぁ・・・)

「何言ってるんですか、まったく・・・それから2週間程してなんですけど、最近のスーツって細身じゃないですか?知ってます?」
(知っとるよ!)

「ちょっとうつむいたら、スーツが尻の所でバリッって破れてしまって、最悪でしたよ。ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・それって通勤途中やったんけ?)

「いや、いや、出勤の前です。だから、まだよかったんですよ。最悪の中でも少し救いがあったというか・・・ハハハハハハ・・・」
(不幸中の幸いってやつけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうです。」
(あ〜〜〜あっ、通勤途中の電車の中で起きればなぁ・・・もっとおもしろかったんになぁ・・・ワハハハハハ・・・残念!インパクトにかけるなぁ・・・)

「何言ってるんですか。もう、他人事だと思って、その後はゆったりめのスーツを着てます。本当に通勤前でよかった!」
(何か刺激が足りんなぁ・・・あと一味やなぁ・・・)
細身のスーツの方がすぐ破れやすいから商売的には儲かるなぁ・・・


〈よもやま 447〉 〔2015年1月10日〕 【正月休暇】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

(正月休み長かったんけ?)
「うん、12/28日から8日間。」

(長いなぁ・・・どっか行ってきたんけ?海外とか・・・)
「いや〜・・・」

(海内?ワハハハハハ・・・)
「家内!ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・海内の次に県内け?って言おうとしたんに・・・家内け!うまいこと言うなぁ・・・先にやられたなぁ、まいったなぁ・・・家内で何しとったんけ?)
「ゴロゴロと・・・TV見たり・・・」

(正月おもしろいTVあったけ?)
「いや〜っ、いつもダラダラとつけとるだけやし・・・」

(年末の“ガキ”見たけ?)
「ブルーレイレコーダーのハードディスクの容量がいっぱいになって途中で切れとった・・・ハハハハハハ・・・」

(いっぱいになったら、古い番組を消去して録画するがでないがけ?)
「そういう設定でないから・・・見んような番組は消せばいいげんけど・・・」

(“♪は〜あ〜っ♪”・・・民謡みたいな・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それは録画せんね・・・」

(そりゃそうや!)
Yさん、長い休暇でリフレッシュできたかなぁ・・・ギャグがさえそう・・・


〈よもやま 446〉 〔2014年12月16日〕 【ベストバランス】
「お客様Y様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「長距離移動の時は柿ピーとビールとチュ−ハイがあればいいです。柿ピーは最高のつまみですよ!柿ピー考えた人すごいですよね!昔はピーナツは嫌いだったんですけどね・・・私にとってはその時間が最高の幸せです!」
{至福の時け?“柿ピーは永遠に不滅です!”け?ワハハハハハ・・・オレは柿ピーはつまみでなて、おやつで食べるけどね・・・でも、嫌いなピーナツを好きになったってすごいなぁ・・・}

「電車で移動の時はいいんです。座席の前のテーブルを出してビールをシュパーって開けて150円の柿ピーの袋を開けて食べるんです。でも、バス移動の時はちょっと気を使うんですよね。この前、ビールを飲んで柿ピーを食べてたんです。そしたら、カーブで柿ピーの袋から中身がバーって飛び出して、もう大変でしたよ。」
{柿ピー拾ったんけ?}

「そりゃそうですよ。迷惑かけちゃうでしょう!“すいません、すいません”って言いながら・・・」
{もったいなかったなぁ・・・“すいません、3秒ルールですから・・・すいません、3秒ルールですから・・・”って言いながら拾って食べればよかったんでないけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・床に落ちた物は食べられませんよ!まったく・・・」
{そうかなぁ“すいません、3秒ルールですから・・・すいません、3秒ルールですから・・・”って言えば他の乗客の人達“はい、そうです。”とか“はい、大丈夫です。”とか言ってくれたんでないけ?そのために3秒ルールがあるがになぁ・・・ワハハハハハ・・・柿ピーとビール、チューハイはだいたい同じ頃に終わるがけ?}

「うーーーんっ、だいたい終わりますね・・・でも、夏はビールの方が早くなくなるし、冬はつまみの方が早くなくなるかなぁ・・・」
{さすが達人!食べる時、柿・柿かピー・ピーか柿・ピーか、どう食べるがけ?}

「いっしょに食べますね!」
{でも、柿の種とピーナツの量が違うやろ!柿の種の方が多くないけ?いっしょに食べる、その割合はどうなるがけ?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・別に面白くもない話なんで・・・そんなに追求しなくても・・・」
{オレ、酒飲めんから、つまみの感覚がわからんげんて・・・ワハハハハハ・・・}

「そうですね!柿の種の方を多く食べますね。でも、最近は指先の感覚でその割合がわかるんですよね・・・ハハハハハハ・・・」
{さすが柿ピーの達人!}

(つぶピーはだめなの?)
「だめです!」

{柿の種がよくて、つぶピーがだめな理由、どこがだめなん?成分的には変わらんやろ!?ワハハハハハ・・・}
(食感がだめなの?ゴツゴツしてるよね。私はどっちでもOKだけど・・・)

「う〜〜〜んっ、何かなぁ・・・」
{ビールを飲んだ時の柿ピーとビールのハーモニーけ?つぶピーとビールのハーモニーが合わんのかなぁ・・・}

「柿ピーじゃないとだめなんですよね・・・」
(柿ピーとつぶピー、味違いますかねぇ・・・)

{Yさん、柿ピーの達人やぞ!!その言い方は失礼やろ!!ワハハハハハ・・・}
(梅味とわさび味ありますよね。どう?)

「私はあれ、あまり好きじゃないんです。普通の柿ピーじゃなと・・・この前は柿ピーを散々さがしてもコンビニになくて店員さんに聞いたら“ないです。”って“え、え、えーーーーーっ”って言いましたよ。ろくにさがしもしないで・・・がっかりですよ。柿ピーを切らすなんて、あり得ます?あり得ませんよね!」
{おやつで食べるオレ的にはあり得るけど・・・“もっと真剣にさがしてくれ!”って言えばよかったんに・・・}

「言えないです。言えないですって・・・それでビールはキンキンに冷えてたんですけど、チューハイがいまいち冷えてなくて・・・」
{チューハイもキンキンでないとだめなんけ?}

「そうです。冷えてた方がうまい!だから、ペットボトルとか入れる保冷の袋があるでしょう。最近はあれに入れてます。銘柄もわかりませんしね・・・」
{1本飲んで2本目を保冷袋から出したらキンキンけ?}

「いや、ちょっとぬるくなってますね。」
{コンビニのビールの棚とチューハイの棚っていっしょやったんけ?}

「いや、別々でした。」
{チューハイ入れたばっかりやったんやなぁ、きっと・・・店員さんはビールの冷えにはかなり気を使うやろうし・・・そしたら、バスに乗る1時間位前にコンビニに行って、チューハイをビールの棚にこっそり入れとけばいいがんないけ?ワハハハハハ・・・店員さんが気付いてチューハイを元に戻すとやばいからビール、チューハイ、ビールってビールとビールの間にはさんでおけば、もうキンキンや!どうけ?ワハハハハハ・・・}

「う〜〜〜ん・・・」
{これ“雑談魂”にもらっていいけ?}

「ハハハハハハ・・・面白くもない話なんでだめです。」
たいして面白くない話でも、面白くするのが達人!柿ピーの達人!ってそういうもんやろ!


〈よもやま 445〉 〔2014年12月13日〕 【頼れる付き人】
「お客様M様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「名探偵コナンみたいなぁ・・・」
(この後の予定は?)

「お母さんとスズキの車屋さんへリコールの件で行って、その後友達と遊ぶんです。」
(ふ〜ん、お母さんに付き合って車屋さんへ行くんだ・・・)

「車が好きなこともあるけど、お母さんが“隣にいるだけでいいから”って・・・いっしょにいると安心するみたいで・・・」
(ふ〜ん、お母さん1人じゃ心配なんだね。)

「うん・・・ガソリンも最近、セルフに行き始めたんだけど“いっしょに来て!隣に座っているだけでいいから”って・・・」
(お母さん、ガソリン入れるのも1人じゃ心配なんだね。)

「最初の3回位は僕が入れてたんだけど・・・」
(え、えーーーーーっ!!M君、中1だよね?それって、まずいんじゃないの?)

「そうそう、それでお店の人に注意されちゃって“子どもにさせないでください”って・・・ハハハハハハ・・・」
(だよねぇ!)

{“僕、名探偵コナンです!”って言えばよかったんでないけ?ワハハハハハ・・・}
(そんなんじゃ、だめだよねぇっ!)

{“見た目は子ども、頭脳は大人!!”って・・・ワハハハハハ・・・}
(ハハハハハハ・・・それ、いいんじゃない!!)

「ハハハハハハ・・・最近は隣で“次、こうやって・・・”って教えてるだけです。僕、機械とか強いんで・・・お母さん、だめだからTVの録画とかも僕に頼むんです。」
(もしかして、もう車の運転もできる?隣に乗っているだけで、運転覚えちゃったりして?・・・)

「う〜ん、だいたいは・・・うちの車、エスティマとお母さんの軽なんですけど、この道幅はエスティマじゃ無理だとか、ギリギリ行けそうとか、どのタイミングでハンドル切れば曲がれるとか、だいたいわかります。」
(すごーーーいっ!!それ、車両感覚っていうんだよ。私にないやつだ!もう、運転できるじゃん!!今、いくつ?)

「13歳です。あと、5年はだめかなぁ・・・」
(そうかぁ・・・でも、教習できるね。自動車学校の教官になれるよ!“はい、ハンドル切って!”って、隣で指導するの・・・どう?)

「ハハハハハハ・・・この間、お父さんのタイヤの交換も手伝いました。」
(もしかして、お父さんにタイヤの交換の仕方教えたの?)

「いやいや、腰を痛めるまではいつもお父さんが自分でしてたんで、できるんですけど手伝ったら“役にたつなぁ!”ってほめられました。」
(すごいなぁ!もう、1人でできるんじゃない!?)

「でも、最後締めるのに力がいるから・・・ゆるいとダメだし・・・締めすぎてもダメなんだけど・・・」
(そうそう、皆そう言う。私はできないけど・・・機械に強いといいね!)

{ワ・タ・シ・ハ・ロ・ボ・ッ・ト・ソ・ウ・ジ・ュ・ウ・ヲ・オ・ネ・ガ・イ・シ・マ・ス!・・・ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・それはできないです!」
給油にスタンドまで行くの面倒くさいからM君に頼みたいなぁ・・・よろしく!


〈よもやま 444〉 〔2014年12月10日〕 【諸説】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

「そう、前回たんこぶになっとった所、会社の女の人に“Tさんハゲてない!?”って言われて触ったら、その周りがゴソっと抜けて・・・」
(少しは生えてきとるけど・・・どうしてたんこぶになったんけ?)

「それがベロベロに酔っ払っとって、わからんのやけど・・・飲んだ次の日の朝、痛いなぁって思って触ったら、たんこぶになっとって少しかゆいし、もしかしたら酔っ払ってころんだ時に地面のダニが移ってかゆくなったんかなぁ・・・って・・・ハハハハハハ・・・」
(医者に行ったんけ?)

「行ったよ!皮膚科に・・・その先生に“ダニのせいでないですか?”って聞いたら“う〜〜〜ん・・・”って“他に思い当たることない?”って聞かれて“ころんだ時に頭を打ったかも?”って言ったら“多分そのせいでハゲたんじゃない!?”って・・・」
(“ダニよ〜ん!ダニ!ダニ!”って言わんかったんけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・言ってないです!」
(先生、ダニ説を聞き入れてくれんかったんや・・・)

「そうねんて、もう、絶対にダニやって思ったんになぁ・・・あっ、思い出した!すもうの金沢場所を見に行ったけど、飲んでばっかりで会社の仲間8人ベロベロになって、その後何でか鍋を食べに行って・・・」
(ナベよ〜ん!ナベ!ナベ!って言わんかったんけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・言ってないです!そうかぁ・・・すもう見に行ったから、ちゃんこ鍋食べようってことになったんやった。きっと・・・」
(ワハハハハハ・・・さすが、すごい記憶力!これ“雑談魂”にもらっていいけ?“オレがこんなに痛い思いしとるがに笑い話にもっていくけ?”って不愉快でないけ?)

「な〜ん、いいよ。使って!」
てことで使わせてもらいました。お大事に・・・


〈よもやま 443〉 〔2014年12月9日〕 【ワイヤー】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

(あれ?歯、矯正しとったけ?)
「はい。」

(いつからけ?)
「2ヶ月位、前から・・・」

(歯並びそんなに悪くないがんないけ?)
「いや、あごが小さいから・・・」

(そんなら“あごを大きくしてください!”って頼めばよかったんに・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それは無理!そんなことできないんで・・・歯並びが悪いと虫歯になりやすいからお母さんが歯医者にいくようにって・・・」

(歯の矯正って歯磨きが大変なんでないけ?)
「そう!2種類の歯ブラシを使って朝と夜10分間磨きます。もし、虫歯になったら全部だめになるんで・・・」

(それなら、虫歯になったら総入れ歯にすればいいがんないけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そんなぁ・・・いやです。」

(夜の10分間はまぁいいけど、朝の10分間はきつくないけ?)
「はい、きついです。」

(そしたら、通学中に歯磨きしながら行けばいいがんないけ?どうけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・オレ、自転車通学っすよ!」

(大丈夫や!片手にハンドル、片手に歯ブラシ!どうけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・だめです。ワイヤーがほっぺたに当たってほっぺたが削られるんです・・・」

(え、えっ?ほっぺたの肉、薄くなっとるがけ?)
「ハハハハハハ・・・それはないですけど・・・」

(何年かかるがけ?)
「1年コースと2年コースがあって、ワイヤーを付けた時はパンを食べることができない位痛かったです。だから、1年コースにしました。」

(“ワーイヤや!”って思わんかったんけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それはなかったです。」
1年間、がんばらんなんなぁ・・・歯・歯・歯・歯・歯・・・


〈よもやま 442〉 〔2014年11月28日〕 【ショートカット】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

(いらっしゃいませ!!)
「今日、暑いわ!上着いらんかった・・・」

(そうけ?そんなら、このパーカー捨てとこうか?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・捨ててもいいわ!それでもいいわ・・・そうして・・・」

(え、えっ、いつもと反応、違うじィ・・・何か勢いがあるなぁ!あれ?下に長袖のシャツ着とるじィ、暑いし半袖のTシャツ着てくればよかったんでないけ?)
「うん、そうやね!でも、外がこんなに暑いとは思わんかったし・・・」

(それなら、長袖切ってTシャツにしてやろうか?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・いいです。」

(大丈夫やって何も心配いらんて、鋏できれいに切るさけ!ワハハハハハ・・・)
「いや〜っ、もう、着られなくなるから・・・」

(あれ?何か守りに入ってないけ?店に入ってきた時のあの勢い感じられんげんけど・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・もう、パワーなくなった。もう、店じまい!」

(ワハハハハハ・・・あ〜〜〜あっ、きれいに袖切りたかったんになぁ・・・残念!)
Kさんの望み叶えてあげたかったんになぁ・・・次回は是非!


〈よもやま 441〉 〔2014年11月27日〕 【貫禄】
「お客様Y様」(Ms.Y)との会話

「ショックなことがあってね・・・社会体育大会の打ち上げに行ったんやけど、明らかに自分より年上だと思う人がいて、何故かその人がオレに敬語を使ってくるんやって・・・」
(Yさんのことを年上だと思ってるんだ。)

「そうねんて、で、打ち上げで年齢の話になってんけど、1番偉い人が50歳でオレと同じ干支なんやて、その人が“同じ辰年やね。同じ年やね。”って言うから“いやいや、1回り下ですって”って言ったら“またまた〜”ってぜんぜん信じてくれなくて“いや、オレ38歳ですって”って言ったら“うそつけ!”って感じで・・・」
(えーーーっ、そんなに老けて見えるかなぁ〜。髪もふさふさなのに・・・)

「でしょーーーっ!その50歳の人、はげてるんですよ!で、いつも敬語使ってくる人が“えーーーーーっオレより7歳も年下やったんけ?だまされとった!!”って、オレだましてねーーーしっ、勝手に思い込んでただけやし・・・アハハハハハ・・・」
(どうしてかなぁ・・・もしかして、そんなに態度でかいの?ハハハハハハ・・・)

「う〜〜〜んっ、かもしれん・・・」
(白髪のせいかなぁ・・・)

「だから今日、嫁さんに染めてもらおうと思って・・・そうそう、この嫁がまた、ひどい奴ねんて」
(何で?)

「嫁が若く見えるもんで“いいねぇ!若い嫁さんつかまえて、このーーーーーっ!”とか言われるんやけど、嫁の方も“随分、年上のダンナさんやね!“って言われて“ええっ、まぁ・・・”って答えてるんやぞ!!“どうして否定せんのや!”って言ったら“だって、面倒くさいし・・・”やって・・・確かに“オレ達同級生なんです。”って言っても誰も信じてくれんしね・・・アハハハハハ・・・という訳で、今日はバッサリ短くして!“短い方がまだ若く見える”って嫁が言うし・・・」
(バッサリ、やっちゃいますか!)

「OK!」
Yさん、そんなに老け顔?かなぁ・・・老け態度?


〈よもやま 440〉 〔2014年11月27日〕 【イタづくし】
「お客様H様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{もうすぐ、冬や。またスタッドレスタイヤの季節やね・・・スタッドレスタイヤはき替えたけ?}
「いや、スタッドレスタイヤはきっぱなんで・・・」

{ワハハハハハ・・・萌え系のやつやね・・・}
「え、えっ・・・萌え系・・・???・・・」

{アキっぱ・・・ワハハハハハ・・・}
「そうきましたか・・・車に萌え系のキャラを張っている車あるでしょう!・・・」

{え、えっ、キャラを張った車?わからん・・・}
(たまに見ますよね!一度、竪町の駐車場で駐車した前にそういう車がとまってて何かの宣伝の車かなぁって思ったら、娘が“イタ車やね!”って・・・イタ車?・・・イタリアの車?って思って・・・ハハハハハハ・・・)

「そうなんですよ。イタリアの車と間違えることもありますよね・・・イタ車って・・・」
{イタリアと言えば“イタリアの種馬!ロッキーバルボア!”・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・イタ車に“エイドリアン”って書いておいてほしいですよね!」
{ワハハハハハ・・・そこまで読まんなんけ?}

「ハハハハハハ・・・わかりますって、知っている人は絶対わかりますよ!」
{“若い頃からわたしゃ、イタしゃや!”って・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・そこまで年配の人じゃないでしょう!・・・電車に萌え系のキャラ張ったら、イタ電ですよ!ハハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・かまぼこに張ったら何け?}

「ハハハハハハ・・・イタかま?ハハハハハハ・・・お米のあきたこまちのパッケージを萌え系にしたら、すごく売れたって言ってましたね。」
{ワハハハハハ・・・イタめしや!・・・血に付けたらどうなるけ?ワハハハハハ・・・}

「う〜〜〜ん・・・イタチ?ハハハハハハ・・・何か言葉遊びになってきましたね。」
{そうやね!・・・輸血のパッケージを萌え系にすればいいがんないけ・・・ワハハハハハ・・・}

「救急車の中でひん死の状態で“イタチで・・・”って?ハハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・そうや・・・あとは?}

「う〜ん・・・何かありますか・・・」
{Hさんが店に食べに行った時、その店が何もかも萌え系やったら、何て言うがけ?ワハハハハハ・・・}

「え、えっ・・・何て・・・???・・・」
{ワハハハハハ・・・“イタれりつくせり”って・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・メニューも萌え系ですね!」
{そうや・・・あとは?}

「う〜〜〜ん・・・何かありますか?・・・う〜〜〜ん・・・今夜、夢に出てきたらどうしようかなぁ・・・ハハハハハハ・・・」
{そしたら、明日の朝“イタいめにあった!”って言わんなん!ワハハハハハ・・・}
イタずらが過ぎました・・・


〈よもやま 439〉 〔2014年11月21日〕 【ビッグリバイク】
「お客様Y様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{Yさん、ハーレダビットソン買ったんやて!すごくないけ!}
(すっごーーーい!あの大きいバイク!?あのバンドル上の方にあるやつ?)

{手上げて、しかもその手の上に足も上げて乗れるげんぞ!ワハハハハハ・・・すっげぇーーーーーっ、ライダーや!}
(ハハハハハハ・・・それじゃ、アクロバットじゃない!ハハハハハハ・・・そんなに手上げて乗ったら肩こるよね?)

「いや、いや、そんなバンザイして乗るのいややから・・・アハハハハハ・・・もっと低いやつにした。ハーレーやけど、少し小さめのバイクです。」
{でも、883ccやったね?}

「そう!」
(Yさん、いつからバイク乗ってるの?最近?)

「いやーーーっ、20代からずーーーーーっと。」
{何歳位まで乗るが?}

「う〜〜〜んっ、ずーーーーーっと乗りたい!一生乗りたいなぁ・・・あれだけは・・・」
{80歳になってもけ?}

「う〜〜〜ん、どうかなぁ・・・乗れるかなぁ・・・」
{ボケんかったら大丈夫なんでないけ?ワハハハハハ・・・いけるやろ!}

(80歳であんな大きいの支えられる?)
「う〜〜〜ん、どうかなぁ・・・」

(あっ、ハーレーダビットソンに補助輪付けたらいいんじゃない!絶対にころばないよ・・・ハハハハハハ・・・)
{ワハハハハハ・・・そうや、そうや!それいいわ!特注の補助輪や!しかも、両方に!ワハハハハハ・・・}

「アハハハハハ・・・高つくなぁ・・・」
{“おい、そこの若いの!オレのハーレー、特注の補助輪付きやぞ!どうや!”って・・・ワハハハハハ・・・ドヤ顔で・・・かっこいい!}

(補助輪にもサスペンション付ければいいんじゃない!?カーブ曲がりやすくない!?)
「アハハハハハ・・・かっこわりーーーっ・・・それだけは乗りたくないなぁ・・・」
トントンと補助輪付きのハーレーの外観が想像できました・・・かっこわり・・・


〈よもやま 438〉 〔2014年11月14日〕 【初めての営業】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

(Tさん、NeXtの営業させてもらっていいけ?)
「えっ、営業って・・・何?」

(Tさん、あまり見たことないと思うけど、NeXtのホームページのことやけど・・・)
「あーーーーーっ、何やったかなぁ・・・あっ、あの“味ごのみ”とかっていうやつやね!」

(えっ?“味ごのみ”・・・?・・・“雑談魂”のことけ?ワハハハハハ・・・でたわ・・・)
「そう、それ、それ!」

(ガハハハハハ・・・それ、それ!って・・・Tさん“味ごのみ”って・・・ガハハハハハ・・・食べ物屋じゃあるまいし・・・)
「そんなに違いないやろ!アハハハハハ・・・」

(え、えっ、ぜんぜん違うって!これやもんなぁ・・・ガハハハハハ・・・あ〜〜〜あっ、出鼻ほじられたわ!出鼻くじられたどころじゃない・・・もっと深い・・・)
「そんなに深いけ?アハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・大体、“魂”が付いてないやろ!ワハハハハハ・・・Tさん、“雑談魂”には魂が抜けてしまっとるって言いたいげんね!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そういうことになるけ?・・・それでホームページどうしたんけ?」

(今までのホームページはOCNの無料サーバーのPage ONってやつやったけど、来年の2月で廃止になるって連絡があって10月からレンタルサーバーを借りて独自ドメインを取ったからこれからもよろしくお願いします!)
「あ、あ、はい。」

(独自ドメイン、ドットコムになってんけど、ドットコマナイがあればコマナイにしたんやけど、探してもなかった。)
「なるほどね・・・」
いやーーーっ、営業って難しいものですね!それにしても“魂”抜けたらこのコーナー終わりや。


〈よもやま 437〉 〔2014年11月13日〕 【デブスルー】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

{Kさん、いつまでも若いなぁ!身体どっから見てもキトキトの若い兄ちゃんや!}
「いや、いや、そんなことないですって・・・なすび型してますって、ぷくーーーって・・・」

(老けないですよね!いつまでも若いですよね!)
「いや、そんなことないです。それが4、5年前、仕事の帰りにマックのドライブスルーで100円のハンバーガーを毎日買って食べてたんです。そしたら、マックはデブリますよ!ほんと・・・アハハハハハ・・・」

{ワハハハハハ・・・マックはデフレでなくてデブリけ?さすが・・・毎日、何ヶ月位食べたんけ?}
「3ヶ月程、仕事の帰り腹が減るじゃないですか。100円でしょう。スーパーのハンバーガーより安いし温かいから食べてたんです。」

{ドライブスルー、会社の近くにあるけ?}
「あるんです。すぐそばに・・・」

{ドライブスルーで“お飲み物はいかがですか?”って言われんけ?}
「言われます。言われますけど“単品で!”って・・・アハハハハハ・・・後ろの車の人が“単品、100円、せこくない?”って思っていようが関係なく100円ハンバーガーを1つだけで注文しました・・・」

(セットで注文すると、結構高くつくんですよね。でも、私なら“フライドポテトも”って注文しちゃうなぁ・・・)
「ジュースなんて半分位氷が入ってるでしょう。ザクザクと・・・原価はいったい、いくらなんでしょうね?」

{そうや!氷が多いさけ考えるなぁ・・・もしかしてジュースはコップに半分位しか入ってないがんないけ?注文の時“氷抜きで”って頼めば・・・ワハハハハハ・・・}
「Mr.Xならできるかも・・・やってみてくださいよ・・・私、できないです。そんなことしたら、後ろで待ってる人“氷抜きで注文できるんや・・・つわ者がおる!”って思われるじゃないですか!?・・・アハハハハハ・・・」

{ジュースだけかもしれんけど、容器のコップがすっげえ小さかったりしてワハハハハハ・・・でもよく“100円ハンバーガー2個”って注文せんかったんや!がまんしたんや!}
「そうです。アハハハハハ・・・さすがに2個は・・・帰って夕飯もあるんで・・・」

(夕飯の量を少し減らすとかしなかったの?)
「しませんでしたね。夕飯はガッツリ食べるんで・・・しかも夜遅くに・・・」

(夜遅くにたくさん食べたのがよくなかったんじゃない?)
「アハハハハハ・・・そうなんですけどね・・・」

{で、何kg位デブったんけ?}
「4〜5kg位かなぁ・・・ドライブスルーで買って運転しながらでしょう。運動してるわけでもないから、ハンバーガーのカロリーが全部蓄えられますよね。アハハハハハ・・・」

(ハンバーガーって結構カロリーあるんだ!)
「そうなんでしょうね・・・」

{で、100円ハンバーガー食べるがやめてから、体重どうなったんけ?}
「少しずつ減ってきました。そして、今です・・・アハハハハハ・・・」

{元の身体に戻って良かったがいね。}
100円ハンバーガー断ちできて良かった。若返った。


〈よもやま 436〉 〔2014年11月2日〕 【冷たい反応】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

「最近、右手がしびれるんですよね・・・」
(それって、やばいがんないけ?脳梗塞とか・・・)

「そうなんですよ・・・休みとって人間ドックに行こうかなぁ・・・」
(そうした方がいいって。)

「何か最近、言いたいことが出ないことがよくあって・・・心配・・・」
(オレもあれ、あれ何やったかなぁ・・・ってよくあるげんけど。)

「脳梗塞、関係あるのかなぁ・・・」
(オレは痴呆症的なもんやね。地方出身やから・・・ワハハハハハ・・・あれ?何か食いつき悪いなぁ・・・聞いとる?)

「はい、痴呆で地方出身でしょう!聞いてました。わかってるんですけど、まだ眠くて・・・朝からハイテンションですね!4時、5時起きですか?」
(そんなに早く起きられんて・・・ジジイであるまいし・・・ワハハハハハ・・・)

「あ〜あっ、昼めし、ラーメンにしようかなぁ・・・どこかおいしいラーメンの店ないですか?」
(オレ、グルメでないさけ知らんわ・・・名古屋の方がおいしい店多いやろうね。都会やし・・・)

「そうですね。味噌煮込みうどんが多いですね。あと、味噌カツとか・・・そうそう、ひつまぶしの店も多いですよ。」
(えっ、ひつめつぶし?・・・ワハハハハハ・・・)

「普通、間違えるなら、ひまつぶしでしょう!・・・ハハハハハハ・・・1食当たりランチで3,000円です。」
(え、えっ、1食当たり3,000円?高くないけ?たくさんの人、入っとるがけ?)

「入ってますよ。」
(食べたことあるがけ?)

「あります。」
(さすが、都会や!金持ち多いなぁ・・・)
ランチに3,000円かぁ・・・かなり無理!お大事に!


〈よもやま 435〉 〔2014年10月31日〕 【年輪】
「お客様T様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「ねぇ、知ってる?年をとったら眉毛の下と鼻の下が伸びるって?」
{え、えっ、鼻の下伸びる?・・・オレ、鼻の下伸びとるげんけど・・・ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・それって違う意味で伸びてるんじゃない!?この前のTVでやってたけど、眉毛の下と鼻の下を整形して整形前と整形後じゃ別人!すごく若くなってたよ!20歳位若くなってた。」
{オレ、生まれつき眉毛の下と鼻の下伸びとって長いげんけど・・・ワハハハハハ・・・どうすればいいが?・・・あ〜あっ、絶望的・・・}

「二重と一重じゃ、二重の方が短くてかわいいもんね・・・ハハハハハハ・・・」
{整形で何cm位短くするがかなぁ・・・}

「う〜〜〜んっ、どれくらいかなぁ・・・でも、見違える位美人になってた。」
{ワハハハハハ・・・オレ、一重・・・あ〜〜〜あっ“年とると眉毛の下と鼻の下伸びる”って、オレ老け顔や!・・・どうする?}

(そう、そう、老け顔だよね!ハハハハハハ・・・)
{あ〜〜〜あっ、もう、手遅れや!・・・どうすればいいがけ?・・・韓国行って整形して来んなん・・・}

「生まれつき老け顔はそれでいいじゃん。若い頃老けて見られたけど、年とってそれなりに老け顔なんだからそれでいいんじゃない!」
{あ〜〜〜あっ、そうかなぁ・・・何か複雑やなぁ・・・ワハハハハハ・・・}
でも、やっぱり総合的に老けて見られる期間長くないけ?・・・やっぱり損なんでないけ?


〈よもやま 434〉 〔2014年10月30日〕 【下克上不発】
「お客様K様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「学校、ツーブロうるさいんで・・・頭髪検査の指導課の先生が“いいよ。”って言ったんですけど、そこへ担任の先生がやって来て“だめだろ!”って言ったら指導課の先生が“そうっすね!”って・・・即、寝返ったんですよ。」
(担任の先生の方が上なの?年齢的なことで上下あるの?)

「う〜〜〜ん・・・そうかなぁ・・・」
{K君、指導課の先生に“いいって言ったじゃないですか!”って言わんかったんけ?}

「言えなかったです。」
{言えばよかったんに・・・“武士に二言はありませんよね!”って・・・ワハハハハハ・・・}

(“オレは武士じゃない!”って言うんじゃない・・・ハハハハハハ・・・“祖先は商人!”とか・・・ハハハハハハ・・・)
{“武士じゃないってオカマですね!”って言えば、先生“それはまずいなぁ・・・”って言ってOKしてくれたんでないけ?ワハハハハハ・・・}

「担任の先生すごく怖くて、他の先生もビクビクしてるんですよ。」
{そうかぁ、他の先生達もその担任の先生から頭髪のチェックされとるんやろうなぁ・・・ワハハハハハ・・・}
どこにでも上下ってあるからなぁ・・・


〈よもやま 433〉 〔2014年10月30日〕 【ローカルハム】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

「明日から東京へ行くの・・・でも、蚊がまだいるらしいから心配。明日から天気が雨らしいし、蚊がまた発生したりして・・・」
(デング熱やったけ。まだ、蚊おるんかなぁ・・・エボラは?・・・ワハハハハハ・・・)

「エボラは大丈夫!ハハハハハハ・・・」
(テングハム食べて、エバラ焼肉のタレで焼肉食べて栄養つけんなん!ワハハハハハ・・・)

「うまい!久々じゃない!うまい・・・くやしい・・・」
(いや、いや、いつも通り・・・平常心!・・・ワハハハハハ・・・)

「うまくまとめたわね!ハハハハハハ・・・」
うまくまとめることができてよかった・・・


〈よもやま 432〉 〔2014年10月28日〕 【学園祭の企画】
「お客様T様」(Mr.X)との会話

(あれ?今日、学校は?)
「この前、学園祭があったから今日、代休です。打ち上げです。」

(打ち上げってロケットでも打ち上げるがけ?ワハハハハハ・・・)
「違います。」

(打ち上げって言えば、ロケットの打ち上げでないけ?・・・ワハハハハハ・・・)
「仲間と食事に行く予定です。」

(学園祭楽しかったけ?)
「え・・・えっ、はい。」

(何やったんけ?)
「お化け屋敷です。1回50円で小学生がよく何回も来て・・・」

(1回50円で小学生が何回も来るって、お金持ちの小学生やなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「そうですね・・・おどかしの手の内を知っているからやりにくかったです。」

(どうやって、おどかしたんけ?)
「それがおどかしのパターンを考えてなくて、いきなりやったから1日目はあまりうまくいかなくて・・・でも、2日目からなり切りました。」

(ついでに爪切りどこけ?って感じけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・それはないです。」

(かわいい女の子が来たら、うれしいよね!?基本、身体にさわったらいかんよね。セクハラになるさけ・・・ワハハハハハ・・・)
「そりゃそうですよ。絶対にダメ!で、ジェイソンの役やったんです。それでロッカーのドアをバーーーーーンって閉めておどかしたんですけど、ちょうど鍵の硬い所にケツをぶつけてすっごく痛くて飛び出してお客さんに飛ぶついてすがりました。ハハハハハハ・・・」

(“いーーーてーーーっ、助けて!”って言わんかったんけ?ワハハハハハ・・・)
「言えなかったです。ジェイソン役ですから・・・」

(すっげぇ、痛がったら、弱いジェイソンって思われるもんなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうですね。それからお客さんの足をちょっと柔らかいバナナの形をした物でつかんでおどかしたんです。昨年まではコンニャクでやってたんですけど、すっごく臭くて・・・ハハハハハハ・・・今年はやめました。」

(お客さん“そんなバナナ”って言わんかったけ?ワハハハハハ・・・臭さ過ぎてお客さんからクレームなかったけ?ワハハハハハ・・・)
「いやっ、あまりの臭さくて部屋中に充満して酸欠になって死にそうでした・・・ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・コンニャク臭てもかわいい女の子の足をつかんだコンニャクなら食べられるよね!ワハハハハハ・・・)
「いやーーーっ、びみょうです・・・」

(どーーーしてや、かわいい好きな女の子やったら、ゆでればOKやろ!?ワハハハハハ・・・)
「う〜〜〜ん・・・」

(オレやったらぜんぜんOKやね!まったく問題なし!そのまま生で食べるね!ワハハハハハ・・・しかし招待してくれんかったもんなぁ・・・)
「そういうの基本的にやってないから・・・ハハハハハハ・・・」

(基本的にやってないとかじゃなくて、招待してくれればよかったんに・・・まるでオレのこと好きじゃないみたいやじィ・・・ワハハハハハ・・・)
「そういうのは広報部に言ってもらわないと・・・広報部といってもポスター張るくらいなんですけど・・・」

(ハリー・ポスターやね!ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・よく思いつきましたね・・・」

(うけたけ?)
「う・・・うんっ・・・」
学園祭楽しそうやなぁ・・・いいなぁ・・・


〈よもやま 431〉 〔2014年10月26日〕 【休日の趣味プラス】
「お客様S様」(Mr.X)との会話

(今日、お休みけ?)
「そうや。」

(どっか行ってきたんけ?)
「午前中、釣に行ってきた。」

(何釣け?)
「海釣。」

(餌付けてけ?)
「いや〜っ、ルアー釣。」

(かっこいい・・・大人釣やね・・・)
「そんな言葉あるがけ?」

(わからん。てきとーーーに言うただけや・・・ワハハハハハ・・・今時、何釣れるがけ?)
「ふくらぎやね!」

(近所にさくらぎ神社ってあるけど・・・ワハハハハハ・・・)
「うーーーーーんっ、いまいち!」

(おもしろないけ?)
「うんっ、かなり遠いね!アハハハハハ・・・それが言いたかったんけ?」

(ワハハハハハ・・・何匹釣れたんけ?)
「かなり釣れたよ!」

(そんなに釣れたらふくらはぎ、痛ならんけ?ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・ぜんぜん・・・」

(かなりおもしろいと思うけど、だめけ?)
「だめや。あんまり、笑えん・・・アハハハハハ・・・」

(そんなことないと思うけど・・・かなり、きとると思うけどなぁ・・・釣で疲れて、あんまりうけんがかなぁ・・・ワハハハハハ・・・まいったなぁ・・・)
「アハハハハハ・・・まいってない!」
Sさん、趣味の釣でもう、お腹いっぱいになったんやなぁ・・・プラスは必要なしかぁ・・・残念!


〈よもやま 430〉 〔2014年10月26日〕 【Mけ?Sけ?】
「お客様 I 様」(Mr.X)との会話

「あ〜〜〜っ、マッサージそこきくね・・・いい感じや・・・」
(痛くないけ?)

「う、う〜んっ、大丈夫!」
(Mやったけ?ワハハハハハ・・・)

「・・・いいね・・・」
(Mやったね!ワハハハハハ・・・)

「えっ、?・・・M・・・オレ、どっちかって言うとSやから・・・きくね・・・」
(ドMやったね!ワハハハハハ・・・)

「ドSやって!」
(Mやろ!MってモンキーのMやから!ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・すぐ、さる系にもってくわ・・・いくらさる顔やからって・・・いいね・・・きくわ・・・」
(Mやろ!モンキーの・・・ワハハハハハ・・・)

「Sやって!」
(Sって、スモールモンキーのSけ?ワハハハハハ・・・)

「ガハハハハハ・・・スモールモンキーのSか・・・うけるわ・・・ガハハハハハ・・・Lやったら、ラージモンキーのLけ?アハハハハハ・・・」
(そうや!やっぱり、SもMもモンキーや!ワハハハハハ・・・)
Iさんとの会話になると、ついさるの話になってしまう・・・どうしてかなぁ・・・


〈よもやま 429〉 〔2014年9月20日〕 【ファイター】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

(あれっ、Yさんウォーキングで音楽でも聴いとるがかと思ったわ・・・ワハハハハハ・・・)
「何言ってるんですか。違いますよ。2週間前に近所の肉屋の自動ドアに頭が挟まれえてすごく痛かったですよ。耳がちぎれたかと思ったくらいに・・・」

(頭が挟まる?・・・どういうことけ?)
「両方からドアに“バーーーーーンっ”て挟まれてしまって・・・アハハハハハ・・・それで3、4日前から右耳がブヨブヨになって・・・」

(医者行ったんけ?)
「はい、行きました。最初、皮膚科に行ったんですけど、耳鼻科を紹介されて・・・それで柔道とかプロレスの選手って耳に血とかリンパ液が溜まって硬くなってボコボコになるでしょう。あれと同じ状態になったんです。それで血を抜いてもらいました。わかります?」

(わからん。注射器でけ?)
「ええっ、それでその医者が“格闘家はこうなるから・・・”って言うんですけど、“格闘家じゃないです”って・・・アハハハハハ・・・」

(体格いいから、格闘家やと思ったんやなぁ・・・ワハハハハハ・・・“リングネームは何や?”って聞かれんかったけ?)
「アハハハハハ・・・聞かれないです。格闘家じゃないですから・・・」

(ワハハハハハ・・・“ラッシャーY”とか適当に言っとけばよかったんに・・・)
「アハハハハハ・・・だ・か・ら、格闘家じゃないですから・・・」

(ワハハハハハ・・・適当に言っとけば、話盛り上がったんになぁ・・・)
「盛り上がる必要ないですから・・・アハハハハハ・・・」

(必殺技はうーーーんっ、ライデンドロップとか・・・言えばよかったんに・・・ワハハハハハ・・・)
「格闘家じゃないですから・・・アハハハハハ・・・それで右耳に脱脂綿を入れてテープでとめてあるんですけど、すぐとれるんですよね・・・どうしようかなぁって思ってたんです。2日前にカラオケに行ったんですけど、そこにマイク用の黒い紙のネットがあって“おおっ、これだ!!”って思って右耳に付けたんです。」

(ワハハハハハ・・・それで音楽聴いとるように見えたんやなぁ・・・でも、うしろに黒いタオル当てると黒いネットと一体化して、何かバランス悪いなぁ・・・何か変やなぁ・・・両耳に黒い紙のネット付ければいいがんないけ?どうけ?ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・う〜〜〜んっ、ヘッドホンにした方がいいかなぁ・・・ヘッドホンにしよう!」

(ヘッドホン?う〜〜〜ん・・・)
「じゃ、肌色のネットにしようかなぁ・・・ないかなぁ・・・肌色なら目立たないでしょう!?」

(う〜〜〜んっ、黒よりはね・・・)
「格闘家で思い出したんですけど、今の職場になった時若いやつから“聞いてますよ!空手の達人なんですね!!”って言われたんです。“いや、いや、格闘家じゃない”って言ったんですけど・・・別の同僚からそういうふうに皆に言っとくからって言われて・・・もう・・・」

(“そうや、達人や!オレに逆らうなよ!”って言えばよかったんに・・・ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・だめですよ。この体でしょう、そういうふうに見られてしまうんですよね・・・格闘家って・・・アハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・医者も格闘家って思ったのもわかるわ・・・ワハハハハハ・・・)
耳がボコボコになれば、もう完璧に格闘家なんになぁ・・・残念


〈よもやま 428〉 〔2014年8月16日〕 【ハングリーペット】
「お客様Y様」(Ms.Y){Mr.X}との会話

「あーーーっ、やばい!遅刻しそうになった。あっ、金魚に餌やるが忘れた。」
{餌やらんでも大丈夫なんけ?}

「あいつら2、3日やらんでもOKや。」
{金魚飼っとるんや、知らんかった・・・}

「子どもがお祭りとかで金魚すくいやって持って帰ってくる。でも、子どもは面倒みんから親が面倒みとる。水を換えるってなって・・・オレ、はまったんや。かわいいわ・・・」
{オレもそのパターンでどれだけの金魚を前の公園に埋葬したことか・・・オレも子どもの頃、飼ったことあったわ・・・酸素のブクブク入れて・・・}

「水を循環させてブクブク入れて・・・滝みたいにして・・・」
{その滝、ナイアガラって書いてないがけ?ワハハハハハ・・・}

「アハハハハハ・・・ケゴンや!」
{ワハハハハハ・・・和風やね!}

「そうや!いいよ!」
{実は今、うちにも水槽があって滝のケゴンが茶色のコケみたいのでドロドロになっとる。子どもが飼っとるんやけど、何て言う魚やったかなぁ・・・えーーーっと、ひれがヒラヒラヒラヒラしとるやつ。えーーーっと、何やったかなぁ・・・}

「う〜〜〜ん・・・バタ?バタって感じでない?・・・」
{そう、それや!バタ、近い近いそんな感じ・・・}

(ベタ!)
{ワハハハハハ・・・ベタ!?ワハハハハハ・・・}

「オーーーーーっ、ベタ!・・・そうそう!アハハハハハ・・・今、うちの金魚が卵を産んで100個ほど。」
{え、えっ、100個!すっごい!ブリーダーやね!}

「いやっ、それがどんどん日に日に減っていって、最後は5ひきくらいになるんや。」
{えーーーーーっ、すっごいなぁ・・・自然ってきびしいなぁ・・・オレ生き残れん。}

「最初、よくわからんくて親といっしょの水槽にすると全部親に食べられて、それでネットで調べたんや。」
{もう、プロやね!金魚って冬、ヒーターで暖めてやらんなんがけ?}

「そうやね。冬はヒーター入れるね。」
{以外とデリケートやね。熱帯魚に次いでデリケートなんでないけ?}

「冬、寒くなると動きが鈍くなるから・・・」
{それなら、1年中いつもヒーター入れとけばいいがんないけ?素早く動くがんないけ?ワハハハハハ・・・}

「アハハハハハ・・・でも、夏ゆで上がるね、間違いなく。」
{夏はゆで上がって、いつもよりさらに真っ赤になるかなぁ・・・ワハハハハハ・・・}

「間違いなく、ゆでタコになるね・・・アハハハハハ・・・」
ゆでタコ?ゆで金魚でなて・・・まっ、プロが言うげんから、そういうことや・・・


〈よもやま 427〉 〔2014年8月8日〕 【顔面検査】
「お客様 I 様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「海外旅行に行くと必ず入国検査の人に呼び止められるんやって。会社の旅行で台湾に行った時は添乗員さんから“台湾は親日ですし、会社の団体さんなのでまず、止められることはないです。”って言われたんやけど、他の同僚の人はスイスイ通されとったのにオレの番になったら止められて・・・ガハハハハハ・・・その時、添乗員さんがちょっと離れた所からオレを見とったから手招きをして呼んで対応してもらったんや。」
{ワハハハハハ・・・やっぱり顔つき見て止められたんやなぁ!}

「そうかなぁ・・・だいたい海外旅行では止められるなぁ。一番、酷かったんはロサンザルス行った時やね。あの時はゲートを通ったら“ピンポン!”って鳴って、あっ、時計やなと思ってはずして通ったら、また“ピンポン!”って鳴って、靴に金属製の鎖が付いとったから脱いで通ったら、また“ピンポン!”ってなって、あっ、バックルやなぁと思ってベルトはずしても“ピンポン!”って鳴ったもんやから別室に行かされてバンツ1枚まで脱がされて検査されて・・・ガハハハハハ・・・きっと誰か手でボタン押して“ピンポン!”って鳴らしとったんでないかなぁ・・・」
{ワハハハハハ・・・きっと機械が顔つき見て“ピンポン!”って鳴らしたんでないがけ?かしこい機械や!でも、かなり疑われとったんやね!}

「ガハハハハハ・・・オレ英語はよくわからんけど“マフィア?”“マフィア?”って聞かれたわ・・・ガハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・何か薬の買い付けに来たと思われたんかなぁ・・・その顔やったら疑われるよなぁ・・・}

「ガハハハハハ・・・外国の入国検査の時なら、まぁしょうがないけど、日本に帰って来た時にも2回入国検査の人に聞かれたことがあって・・・」
{ワハハハハハ・・・どういうことけ?}

「さぁーーーーーっ、“旅行の目的は?”とか“バッグの中、見せてもらってもいいですか?”とか・・・」
{ワハハハハハ・・・完全に疑っとるね!普通ありえんよね!}

「ハワイの入国検査は比較的親切やったけど、止められた・・・ガハハハハハ・・・」
{すごいなぁ・・・やっぱり顔つきやね!ワハハハハハ・・・その顔やったら警察官にも聞かれんけ?ワハハハハハ・・・}

「あるよ!よく夜中にコンビニ行くと聞かれるわ!“今、どうされたんですか?”とか“車の中、見せてもらってもいいですか?”とか“免許証、見せてもらってもいいですか?”とか聞かれる。」
{ワハハハハハ・・・職質やね!}

「“任意なんですけど・・・”って“いやや!って言うたら時間かかるんやろ?”って言うと“はい、そうなります。”って言われるから言われた通りにする・・・」
{ワハハハハハ・・・完全に疑っとるね!ワハハハハハ・・・ありえんよね!}

「そうや!“オレのこと疑っとるんか?”って聞くと“何か事件に巻き込まれると心配なんで”って言う。」
{ガハハハハハ・・・“何か事件を巻き込むかと心配なんで”じゃないがけ?}

「ガハハハハハ・・・それはないけど・・・多分・・・」
{ I さん、よく職質されるらしいよ!ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・その悪人顔だから?)
「ガハハハハハ・・・悪人顔って・・・会社でも“怖い、怖い”って言われるけど、冗談かなぁって思っとったんに・・・」

{ワハハハハハ・・・悪人顔って、さらっと言うなぁ・・・}
(ぶすっとした顔してるとやっぱり怖いよ。笑い顔はそうでもないけどね・・・ぶすっとしてるとね・・・)

「ガハハハハハ・・・ショック!」
もう、これ以上コメントできません。お大事に・・・


〈よもやま 426〉 〔2014年6月25日〕 【ビッグドリーム】
「お客様M様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

{ワールドカップ、コロンビア戦残念やったなぁ・・・}
「うん」

{M君、プロのサッカー選手になる気があるが?}
「うん、ある!」

(そう!ワールドカップにも行く気があるんだぁ!)
{サッカー選手、顔が黒い方が強そうな感じやなぁ・・・M君、顔、黒く塗ろう!ワハハハハハ・・・}

「いや!ハハハハハハ・・・」
(ワールドカップに行ったら応援に行くね!)

{もし、ワールドカップに行ったら招待してや!}
「う〜〜〜ん・・・」

{招待してもらったら、試合見んと観光して回ろうかなぁ・・・試合結果はスポーツダイジェスト見ればわかるし・・・ワハハハハハ・・・}
(ひっ、ひどい!ハハハハハハ・・・)

{4年ごとにワールドカップに行ってや!そして招待し続けて!できれば観光地が多い先進国にして、衛生的な国がいいから・・・ワハハハハハ・・・}
「ハハハハハハ・・・」

(ハハハハハハ・・・ひどすぎる・・・)
{招待してもらうが別に開催国でなてもいいか!!例えばアフリカが開催地でもヨーロッパ観光して回ろうっと・・・ワハハハハハ・・・よろしく!!}
ただで外国旅行できそう・・・楽しみ!


〈よもやま 425〉 〔2014年6月22日〕 【シュークリーム】
「お客様Y様」(Mr.X)との会話

「最近、シュークリームにはまってて・・・」
(甘党やったけ?)

「はい、酒は飲めないんで・・・」
(そうや、そうやった。こだわってネットで取り寄せたりしとるがけ?)

「いや、それはしないです。近所のケーキ屋さんのシュークリームを買って来て食べてます。」
(近所のシュークリーム、ほとんど食べつくしたんけ?)

「え、えっ、ほぼ・・・で、いつも2個買って来て奥さんに1つあげるんですけど、この前“もう、シュークリームはいらない”って言われて・・・ハハハハハハ・・・」
(それって買いすぎたんでないがけ?どれくらのペースで買っとるがけ?)

「週一です。」
(週ークリームだけに・・・ワハハハハハ・・・それ、買いすぎや!奥さん、いらんって言うがやったらオレ食べてあげる!買って来たらすぐ持って来て!ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・シュークリームって手作りなんで大きさが違うんですよね・・・子どもならケンカになりますよ・・・ハハハハハハ・・・」
(そんなもん大人でもケンカになるって!焼く前はみんな同じg数なんでないがけ?)

「う〜〜〜んっ、ですかね?」
(明らかに大きさが違う時、奥さんにはどっちあげるがけ?)

「う〜んっ・・・僕が自腹で買って来るんで小さい方を奥さんにあげますね。」
(オレにはどっち持って来てくれるがけ?)

「そりゃ〜ぁ、もう、小さい方ですよ・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・だめやって、オレはでかい方が欲しい!もう、ケンカや!ケンカ!オレ甘い物好きなんやから“もう1つの方も見せて!”って言うわ!ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・小さい方しか持って来ないから・・・ハハハハハハ・・・」
食い物の恨みは怖いから・・・今度いっしょに食べるのが楽しみ!2個とももらってもいいなぁ・・・


〈よもやま 424〉 〔2014年6月8日〕 【いじられキャラ】
「お客様H様」(Mr.X)との会話

(H君、何年生やったけ?)
「3年生です。」

(高校3年け?)
「いいえ、中3です。」

(そうやったね。どう、中学3年生?)
「楽しいです。」

(え、えっ、学校が楽しいってあり得んやろ!?)
「楽しいです!」

(へ〜〜〜っ、そうか・・・修学旅行は?)
「行ってきました。」

(アメリカやったけ?)
「いいえ、関西・・・」

(アメリカか関西か、選べるがけ?)
「いいえ、関西!」

(どこが楽しかったけ?)
「USJ」

(ミッキーおったけ?)
「・・・」

(ミニィーはおったけ?ワハハハハハ・・・)
「・・・」

(キャラクターおったやろ!)
「いませんでした。」

(ミッキーもミニィーも休みやったんかなぁ・・・)
「・・・」

(何乗ったんけ?)
「ジュラシックパーク」

(ビッグサンダーマウンテンは?ワハハハハハ・・・)
「・・・それ、ディズニーです・・・」

(ワハハハハハ・・・そうやった!“このオヤジ間抜けなオヤジや”って思ったやろ?)
「間違えてるって思いました。」

(ワハハハハハ・・・“このオヤジ、ヤバイ!今日、カットするがやめようかなぁ”って思ったやろ!)
「ハハハハハハ・・・はい!」

(ジュラシックパークで濡れんかったけ?)
「はい、濡れました。」

(何番目に乗ったんけ?)
「前から2番目に・・・」

(オレも2番目に乗ってケツがビショビショに濡れたわ・・・ワハハハハハ・・・カッパ着んかったんけ?)
「カッパは着なかったです。僕の前の一番前に乗った友達は制服がかなり濡れてました。」

(その友達、どうしたんけ?)
「自然乾燥で乾かしました・・・ハハハハハハ・・・」

(オレもケツ、ビッショリ濡れた時、常に太陽にケツを向けて歩いて乾かしたわ・・・ワハハハハハ・・・一応、答えわかっとるけど、どのが一番楽しかったけ?)
「ホテル!エヘヘヘヘヘ・・・」

(え、え、えっ、ホテル?USJでないがけ?)
「ハハハハハハ・・・USJ!」

(は、は〜〜〜んっ、ワハハハハハ・・・裏をかいて“ホテル”って答えたなぁ・・・)
「ハハハハハハ・・・はい!」
(こりゃ、一本やられた!ワハハハハハ・・・)
結局、うまくH君にいじられてしまった・・・猛反省!


〈よもやま 423〉 〔2014年5月20日〕 【ペットの名付け親】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

(今日、これからどうするがけ?)
「う〜〜〜んっ、すっぽんでもかまってやるかぁ・・・」

(えっ?すっぽん?)
「うん、そうや!かわいいよ!」

(すっぽんって、あのすっぽん?どこがかわいいがけ?)
「ペットやから、かわいいよ!」

(名前つけてあるがけ?)
「あるよ。“おい”って。」

(ワハハハハハ・・・“おい”!?“おい、おい”って・・・)
「そうや。」

(大きさどれくらいけ?)
「500円玉くらい。」

(餌は何食べるがけ?)
「ネットで調べるとカメの餌でいいって書いてあったけど、カメの餌は水に浮くから食べんね。それでキャットフードをやったらバクバク食べて、今はナマズの餌をやっとる。」

(キャットフードとか高くないが?)
「う〜んっ、そうでもないと思うよ。すっぽんは臆病やから餌やってもすぐに食べんね。そうやし、離れた所からそーーーっと見とらんなん。」

(ワハハハハハ・・・食べるところそんなに見たいがけ?)
「見たいね!いつも砂の中に隠れとるから、今日はこの辺りかなぁって予想して掘り出すのがまた楽しいね!アハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・隠れとる所、見つけるが当たるけ?)
「な〜んっ、当たらん。」

(ワハハハハハ・・・すっぽん、ご主人様が予想して掘るからその裏をかいとるがんないけ?ワハハハハハ・・・)
「アハハハハハ・・・そうかなぁ・・・」

(あんまり高級な餌、やらんほうがいいんがんないけ?贅沢になるし・・・でかなったら、どうするがけ?)
「すっぽんは飼う時に登録せんなんから、どこにでも捨てることできん。」

(でかなったら食べるがけ?)
「かわいいさけ、そんな気にはならんけど、ネットでは“おいしくいただきました。”って出とるよ。」

(え、えっ・・・それ何かすごくないけ?食べるために飼っとるがけ?)
「そうや、出とるよ。」

(すごいなぁ・・・)
「すっぽんの前はゼニガメ飼っとった。」

(ゼニガメどうしたんけ?)
「ゼニガメの甲羅を軟らかいハブラシで掃除してやろうとした時、ちょっと熱めのお湯を使ったんやけど、オレとしては丁度いい温度やと思ったんや。でも、ゼニガメにとっては熱過ぎたんかなぁ・・・死んでしもうた。」

(ワハハハハハ・・・それ、冬やったんけ?)
「そうや、冬やった。ゼニガメはかわいいよ。名前呼ぶと振り返るよ!」

(え、え、えっ・・・何て名前やったん?)
「“タコ”」

(ワハハハハハ・・・“タコ”?・・・ガハハハハハ・・・Kさん、それ何かおかしくないけ?ゼニガメに“タコ”って・・・ガハハハハハ・・・おもしろ過ぎや・・・)
「“えーーーーーっ、このっ、タコ!”って言うと振り返るよ!アハハハハハ・・・」

(ガハハハハハ・・・あ〜〜〜っ、腹いてぇーーーーーっ、ガハハハハハ・・・“えーーーーーっ、このっ、タコ!”って・・・ガハハハハハ・・・でき過ぎ・・・家族の人は何て言うがけ?)
「“カメちゃん”って・・・」

(ワハハハハハ・・・“カメちゃん”じゃ、振り返らんね!)
水槽の水を週に2回以上換えたり、掃除をしたり、餌を研究したりとKさんはオレの想定外にまめな人でした。びっくり・・・


〈よもやま 422〉 〔2014年3月30日〕 【面接の極意】
「お客様K様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「バイトの面接に行くんで、さっぱりめにお願いします!」
(どこのバイト?)

「ステーキ屋です。」
(学校はバイトOKなの?)

「だめなんやけど、キッチンの方だからバレないと思うし・・・面接で志望動機を何て言えばいいかなぁ・・・」
(そうねぇ・・・“この店のステーキが大好きで!”とか“お皿を洗うの大好きなんです!”って?“いつも家で洗ってるんです!”とか・・・)

「“家で洗うだけじゃ、ものたりなくて”って?」
{“まかせてください!僕、お皿をなめるように洗います!”って、言わんなんよ!ワハハハハハ・・・}

「落ちます・・・」
(ハハハハハハ・・・絶対、落ちるね・・・)

{そうか・・・絶対に受かってや!これからステーキ食べに行ったら、K君呼ぼうっと・・・“K君、今日お休みです。”って言われてもK君のつけで食べようっと・・・ワハハハハハ・・・ラッキー!}
「ハハハハハハ・・・それはちょっと・・・ただ働きはいやなんで・・・」

{ワハハハハハ・・・それも社会勉強の1つやから・・・}
「ハハハハハハ・・・いやです!」

{今日これから、バイト採用されるであろう祝いでステーキ食べに行くけ?お祝いで・・・ワハハハハハ・・・}
「・・・」

{お祝いやぞ!K君のおごりで・・・ワハハハハハ・・・}
「・・・そうくると思った・・・ひどい・・・ハハハハハハ」

(ハハハハハハ・・・ひど過ぎる・・・)
{でも、車は出すから店までいっしょに行けるし・・・帰りは勝手に歩いて帰って!ワハハハハハ・・・}
ステーキ遠慮なくいっぱい食べたいなぁ・・・早く行きたいなぁ!


〈よもやま 421〉 〔2014年2月2日〕 【エアーベース】
「お客様K様」(Mr.X)との会話

「バンドのベース募集してるんです。」
(ベース募集しとるがけ?ほーーーっ、いいねぇ!年齢制限あるがけ?)

「ないです。」
(よし!!オレ、野球のベース持っとるげんけど・・・ワハハハハハ・・・)

「いやっ、楽器のほう・・・」
(野球のベースはだめなんけ?残念・・・でも、ベース持って弾いとるマネしとればいいげんろ?ケーブル抜いといて!口パクでなて弦パクで・・・ワハハハハハ・・・)

「だめです!」
(ベース持って口で言うてもだめけ?)

「だめです!」
(きびしいなぁ・・・野球のユニホーム着てベース持って練習に行きたいなぁ・・・ハハハハハハ・・・)

「だめです!」
年齢制限なし!でピンときたのになぁ・・・


〈よもやま 420〉 〔2014年2月2日〕 【条例】
「お客様K様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(今年はお年玉どうだった?高校生になったしUPした?)
「はい!お姉ちゃんやお兄ちゃんほどじゃないけど・・・」

(お姉ちゃんは大学生だしね、まぁ、お金もいる時だから・・・いくらもらったの?)
「全部で6万円です!」

(えーーーーーっ!6万円は多すぎるよ!5万円を過ぎたら、返却するもんじゃない!?“もう、満額いただきました!”って・・・ハハハハハハ・・・)
{お年玉、3万円以上もらったんけ?}

「うん!」
{今年から“お年玉を3万円以上もらった人は全額近所の信頼できるおじさんに預けなさい”っていう条例ができたから、オレに持って来て!ワハハハハハ・・・}

「もう、6万円全部使いました。」
(何に使ったの?)

「ドラム買ったんです!」
{な〜に〜っ、オレなんて6万円も使うこと今までにないがに・・・6万円使う時、オレもいっしょに連れて行ってほしかったなぁ・・・ワハハハハハ・・・}

「お兄ちゃんはお年玉預金30万円以上持ってる・・・」
{あっ、今年から“預金が30万円以上ある高校生は全額近所の信頼できるおじさんに預けなさい”っていう条例もできたから、お兄ちゃんに持って来るように言っといて!ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・帰ったらお兄ちゃんに言っときます。」
{信頼できる近所のおじさんって、NeXtの隣のおじさんの方が信頼できるからって隣のおじさんに持って行ったらだめねんぞ!オレ、怒るぞ!ワハハハハハ・・・}
残念・・・36万円儲け損ねた・・・


〈よもやま 419〉 〔2014年2月2日〕 【疑惑】
「お客様 I 様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

{Iさんの家こたつあるがけ?}
「ないです。」

{そうやろう!最近の家はこたつがないから、こたつが減ったがに比例してみかんが売れんようになってみかん農家大変らしいよ!}
「う・・・ん・・・」

{あれ?何かオレのこと疑ってないけ?ワハハハハハ・・・}
「はい!」

{“はい!”って・・・ほんとやって!みかんが売れんから会社の休み時間に食べてもらおうって運動しとるんやって!TVでやっとった、ほんとやって!まったく信じてない!?}
「はい!ハハハハハハ・・・」

{インタビューで若い女の子が“みかんはおばあちゃんの所へ行った時にあれば食べるけど、買うもんじゃないって感じ!”って言っとった!ほんとやって!ワハハハハハ・・・}
「う・・・ん・・・ハハハハハハ・・・」

{あ〜〜〜あっ・・・もう・・・Ms.Yちょっと来て!}
(はい、今の話は本当です。TVで言ってました。みかんが売れてないらしいですね!)

{ほらっ、ほんとやろ!!信用したけ?}
「はい!今、何のTVで言っとったか聞こうかなぁって思っとったんですよ。ハハハハハハ・・・」

{ワハハハハハ・・・完全にオレのこと疑っとったよね!ワハハハハハ・・・}
「はい!ハハハハハハ・・・」

(でも、Ms.Yに聞いて何か安心した顔になっとるげんけど・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・そうですか?昔はみかんを箱買いしたりしましたよね。今、値段も高いですか?」

(昔より箱が小さくなって、値段も高いんじゃない!?)
{それに核家族になって、箱で買う人少ないがんないけ?}

「そうですね・・・」
{あれっ?今回はすんなり疑いもせずに納得しとるじィ!ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・そうかなぁ・・・って思ったもんで・・・」
このパターンはよくあるなぁ・・・笑ってしまうなぁ・・・


〈よもやま 418〉 〔2014年2月2日〕 【国際人】
「お客様Y様」 (Mr.X)との会話

「マンションに住んでいた時、受信料の支払をするようによく徴収の係の人がくるんですよ。結構、夜遅くにでも支払うようにって来るんですよ。それでうちの会社の先輩なんですけど、韓国人になりすまして“わかりません。”って断ってる人がいて・・・ハハハハハハ・・・すごいでしょう!その先輩、そういう人なんだって・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・すごいね!!中国人のパターンないがかなぁ・・・“中国ではそんな支払ないあるよ・・・”みたいな・・・ワハハハハハ・・・Yさんも中国人になって断ればよかったんに・・・)

「そんな発想ないですよ!すご過ぎでしょう!?」
(今度、その先輩に何パターンあるがか聞いてみて!ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・聞けないですって・・・で、マンションのインターホーンってカメラが付いていて顔もわかるんですけど、すごい顔して支払うように言われるんです。」
(玄関のドアごしにカメラ見て韓国人になって言っとるんや!)

「う〜〜〜ん、そうじゃなくてマンションの1階の入口です。セキュリティーの関係で中に入れないんで・・・」
(あっ、そうか・・・誰でも入れんもんね!ワハハハハハ・・・それなら、言いたい放題や!)

「でも、その先輩特技があって顔の似顔絵書かせると上手なんですよ!」
(そっちの大学出たんけ?)

「いや、水泳やってたんです。でも、今、0.1t超えのデブなんです。それでいつも持っているのが若い頃の筋肉ムキムキの頃の写真なんです・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・別人や!)

「そうなんです。まったく・・・ハハハハハハ・・・それで特技で上司が転勤になると似顔絵を描いて額に入れてプレゼントするんです。」
(額け?すごいなぁ・・・・)

「まぁ、額に入れる価値はあるんですけど、2,3日は仕事中でも描いているんで・・・どうなのかなぁ?って・・・」
(そうやね・・・仕事に支障きたすとまずいねぇ・・・Yさんもそのうち、似顔絵描いてもらわんなんね?)

「いや、いらないです!ハハハハハハ・・・」
韓国人でなくてアメリカ人になって英語でしゃべってもいいがんないけ?


〈よもやま 417〉 〔2014年1月12日〕 【ノンアルコール】
「お客様T様」 (Mr.X)との会話

(今年の野球はいつから始まったんけ?)
「5日から。」

(早いね!)
「毎年、桜木神社で必勝祈願と安全祈願するから・・・」

(今日の野球は?)
「午後から。」

(明日は?)
「野球の新年会、毎年ジャンボボールでボーリングするんで・・・」

(ジャンボボールって、何かジャンボでないね・・・小さくないけ?名前変えんなん!)
「そうやね・・・スモールとか?・・・ハハハハハハ・・・」

(う〜〜〜んっ、“ダンボ”ってどうけ?絵本の“ジャンボ”の子どもが“ダンボ”やから・・・)
「う・・・ん・・・???・・・」

(あれ?・・・うけてねぇーーーじィ・・・少しひねってんけど・・・何か今日、オレのギャグうけんとこうって思ってない?今年はそれでいくがけ?ワハハハハハ・・・)
「な〜ん、そんなことないよ!ひねりすぎ!」

(おもしろなかったけ?)
「うん!ハハハハハハ・・・明日、どうするがけ?」

(う〜ん、別に予定ないけど、行くとすればボーリングかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・」

(うーーーんっ、ジャンボかなぁ・・・)
「いっしょになったりして・・・ハハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・オレ予約してないから“合席になります”って言われたりして・・・同じレーンやったりして・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・別にいいよ!」

(でも、知らん顔すれんろ!子ども達から“コーチ、あの人ずっとコーチの顔見とるけど、知り合いですか?”って聞かれても“オレは知らん、知らん”って言うげんろ!?ワハハハハハ・・・)
「そんなことせんて!ハハハハハハ・・・」

(何か挨拶せんなんがけ?)
「いや〜っ、乾杯くらいかなぁ・・・」

(ビールけ?)
「うん。」

(子ども達は?)
「ジュースかお茶。」

(“コーチ、ノンアルくださいよ!”って子どもおらんけ?ワハハハハハ・・・ノンアルやから、出せるよね!家で飲んどる子どもおるかもしれんし・・・)
「う〜〜〜ん・・・おらんと思うけど、おってもおかしくないね・・・」

(ワハハハハハ・・・“コーチ!やっぱり、このにがみ最高っすよね!”ワハハハハハ・・・“やっぱりホップですよね!”って・・・ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・あり得るかも・・・」

(そしたら、“何!お前はホップの前にステップやろ!”って言わんなんね!ワハハハハハ・・・)
「うん!うまい!うまいこともってくなぁ・・・これはうまい!」

(な〜んっ、平常心や!“これはうまい!”の意味がわからんなぁ・・・ワハハハハハ・・・いつもいっしょや!どうして“いつもうまいなぁ!”って言わんのかなぁ・・・気持ちが・・・わからんなぁ・・・ワハハハハハ・・・)
きっと、ビールの話になったから“これはうまい!”ってなったんかなぁ・・・あんまりしゃべり過ぎると口の周りがあわだらけになったりして・・・心配


〈よもやま 416〉 〔2013年12月30日〕 【おせち】
「お客様K様」 (Mr.X)との会話

(今年はいつまで仕事け?)
「31日まで。」

(えっ、31日でも忘年会とか入るがけ?)
「うん、入る。」

(そしたら、今日と明日がんばらんなんね!)
「うん!」

(正月休みは?)
「1日から5日まで。」

(休みは何しとるがけ?)
「ゲームかマージャン。」

(お母さん“ゲームばっかりして”って怒らん?)
「いや、別に・・・」

(お母さん“料理して!”って言わんけ?)
「基本、家では料理したくないんで・・・」

(でも“おせち料理手伝って!”って言うたら、どうするが?)
「う〜〜〜ん・・・手伝う・・・けど、やりたくない・・・」

(そしたら、NeXtの台所好きに使っていいから、好きな食材買ってきておせち料理作るだけ作って、とっとと帰ってくれんけ?ワハハハハハ・・・)
「ハハハハハハ・・・無理!」

(ワハハハハハ・・・“とっとと作って帰ってくれんけ?”はきつかったけ?)
「はい、きつ過ぎる・・・ハハハハハハ・・・」
そりゃそうや!仕事で料理して家ではなかなか、ねぇっ・・・やりたくないよね・・・ご苦労様です!


〈よもやま 415〉 〔2013年12月13日〕 【人間ウォッチ】
「お客様Y様」 (Mr.X)との会話

「今、寮生活なんですよ。150人くらい社員がいるんです。」
(たくさんおるね・・・・)

「そうなんです。冷蔵庫は共同なんで枝豆とかよくなくなるんです。」
(名前書いてないがけ?)

「書きませんね。ビールとかアイスクリームとかもう、どれが誰のかわからなくなって、なくなってしまって・・・ハハハハハハ・・・」
(オレ、ビールはなくなってもいいけど、アイスクリームがなくなると怒るよ!ワハハハハハ・・・部屋に冷蔵庫買って置けばいいがんないけ?)

「それがお風呂とトイレと冷蔵庫は共同なんです。決まりです。」
(そうなんや・・・冷蔵庫何台あるがけ?)

「4台ですかね。」
(少ねぇ・・・少なくない?もっと置いとけって感じやね・・・)

「でも、しょうがないですよね・・・お風呂は入ってるといろんな人がいますね・・・」
(お風呂ウォッチングしとるんけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・変な意味じゃないけど、おもしろいですよ!同じ職場の若いヤツで半身浴でずっと目をつぶっているヤツがいるんですよ。ハハハハハハ・・・変でしょ?」
(妄想しとるんやね!?ワハハハハハ・・・毎回け?)

「毎回です。共同風呂で半身浴はやめてほしいですよねぇ・・・それに風呂で単行本を読んでるヤツとか・・・ハハハハハハ・・・変でしょ!?」
(よっぽど、本が好きなんやね・・・あとは?)

「えーーーっと、やけに毛深いヤツとか・・・ハハハハハハ・・・全身毛だらけで、あれじゃ猛獣ですよ・・・ハハハハハハ・・・」
(その人、シャンプーしてそのまま体も洗うんかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・毛深いからよく泡立つんですよね。でも、そういうヤツに限って頭が薄いんですよね・・・どういう訳か・・・」
(ワハハハハハ・・・あとは?)

「あっ、寮のAさん、あの人は目がいってしまってるんですよ。皆、怖がってます。でも、最近、見ないなぁ・・・どうしたのかなぁ・・・」
(どっかに転勤になったんかなぁ・・・)

「どうなんですかね?」
(どっかに張り出してないが転勤のこと?わかるやろ!?)

「う〜〜〜んっ、わからないです。」
(目だけじゃなくて、本当にどっかにいってしまったんやね!ワハハハハハ・・・あとは?)

「え〜〜〜〜〜とっ、あ、あっ、この前、お風呂のイスに座ったんです。わかります?」
(わかるよ。それくらい・・・座ったんやろ?プラスチックのイスけ?)

「そうです。それが割れてて、その割れた所に尻の肉がはさまって痛いのなんのって“痛て!!この野郎!!”って叫びましたよ!アハハハハハ・・・あまりの痛さに尻がちぎれるかと思いましたよ!わかります?アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・わからん!あーーーっ、腹いてーーーーーっ!それって古いイスなんけ?)

「そうです。たくさんの人が座るから耐用できなかったんでしょうね・・・経年劣化・・・アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・腹いてーーーーーっ!)

「それが2度あるんですよ!アハハハハハ・・・メチャメチャ尻、痛かったですよ!わかります?アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・わからんて!腹いてーーーーーっ!Yさんの尻、どんなふうになっとるか見たくもないけど、痛そうやなぁ・・・真っ二つに割れたんけ?ガハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・イスの真ん中に穴があるでしょう。そこに淵からヒビが入って・・・アハハハハハ・・・」
(ガハハハハハ・・・真っ二つじゃないげんね・・・)

「そうです!」
(ガハハハハハ・・・ヒビが入って、その片側に尻の肉が挟まれるって感じけ?ガハハハハハ・・・たまらんな・・・)

「アハハハハハ・・・そうです。そんな感じ・・・アハハハハハ・・・」
(定期的に古いイス、管理人さんに変えてほしいよね!ガハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・そうなんですけど、やってくれないです!」
(それでそのイス、管理人さんに渡したんけ?)

「次に誰か尻、挟まれるようにセットしてきました・・・アハハハハハ・・・」
さすが!やる〜〜〜うっ!お風呂ウォッチングの達人!次の展開をセットしてくるとは・・・でも、実は誰かにウォッチングされとったりして・・・


〈よもやま 414〉 〔2013年11月24日〕 【くじ運】
「お客様N様」 (Mr.X)との会話

(あれ?レクサスの車、見とるじィ・・・次にレクサス買うんや!)
「いやっ、たまたま開いたら・・・」

(い〜〜〜やっ、たまたま開いた感じでなかった。きっと買いたいんや!ワハハハハハ・・・)
「違います。欲しい車、何かあります?」

(あるよ!レクサスもいいし、SUVやったらハリヤーもいいし、スバルのXVもいいし・・・でも、金ないから買えんわ・・・ワハハハハハ・・・)
「あーーーーーあっ、totoくじ10億やって・・・」

(えっ!10億!?すごいなぁ・・・欲しいなぁ・・・)
「今日、toto買おうかなぁ・・・」

(トトくじってどうやって買うが?Nさん、買ったことあるがけ?)
「買ったことないけど、何かコンビニでも買えるらしいよ。コンビニにある機械で買えるらしい・・・」

(でも、10億って・・・キャリーオーバーなんかね?)
「そうや!コンビニの機械が当たらんやつを振り分けて出しとるんじゃないかっていう話もあるけど・・・」

(え、えっ、そんな・・・そんなことしたらだめや!コンビニの機械ってどうやればいいがけ?)
「機械で“toto”って選んで“ビッグ”って選んでいけばいいらしい・・・1口300円!」

(“トト”ってカタカナけ?)
「ローマ字で“toto”」

(ビッグは英語でB・I・Gけ?)
「な〜ん、カタカナ」

(え、えっ、何かまぎらわしいなぁ・・・Nさん、買うがけ?)
「うん、今日、これから買いに行こうかなぁ・・・」

(オレも買いたいなぁ・・・コンビニの機械に“toto”って入れたらトートーの便器が送られてきたりして・・・ワハハハハハ・・・しかも、蓋が自動開閉式の便器・・・ワハハハハハ・・・心配・・・)
「ハハハハハハ・・・大丈夫や!そんなことない!」

(そうかなぁ・・・もし、そうなったら支払いはよろしく!!ワハハハハハ・・・)
この後、“10億円出ました!!”と・・・あ〜あっ、残念!!買えんかった・・・


〈よもやま 413〉 〔2013年11月16日〕 【一流・・・】
「お客様M様」 (Ms.Y)との会話

「この間“富士山を見に行こう!”ってことで車で行ったんだけど、天気が悪くて見えなかったんですよ。“見えないんなら、登ろう”ってことで車で5合目まで行ってきました。」
(私も5合目までは行ったことあります。でも、その上はねぇ・・・あんまりきれいじゃないみたいですよ。白山のほうがよっぽどいいって聞きますよ。)

「緑があって花があって・・・そうでしょうね・・・」
(何年か前に登ったことがあるんですけど、よかったですよ・・・けど、ひどかったぁ〜もう、行かないです。遭難しそうになりましたから・・・)

「ハハハハハハ・・・うちの父は山が好きで“山は重い装備が必要で大変だ”って子どもの頃から思ってたんで登りません。」
(白山登ったことないの?)

「子どもの時、1回だけです。」
(最近、中高年のハイカーが山で遭難するじゃないですか“軽い装備で出かけて人に迷惑かけて・・・”ってTV見ながら思ってたんですけど、それって私のことでした・・・日帰りで出かけて下りる頃には日が暮れてきて・・・霧が出てくるし“この道であってるかなぁ・・・”とか思いながら命からがら下りてきて・・・うっそうとした木々の中を歩いていると日が暮れるのが早いんですよね。“外灯がない!”って言いながら・・・“熊に襲われる”とか・・・ハハハハハハ・・・)

「外灯がないのは当たり前ですよね・・・ハハハハハハ・・・」
(そうなんですよね。私、自分のこと文明人じゃないと思ってましたけど、文明人でした・・・ハハハハハハ・・・サバイバルでは生きていけません・・・)

「でも、そのうち“外灯のある山”とか出てきたりして・・・」
(観光客増えますよね!エレベーターとか付いてたりして“地中を登る”ってうりで・・・下から上まで一気に登るんじゃなくて途中5合目とかでも止まるようにして・・・そしたら途中で“もうだめ!”って乗ってくる人がたくさんいたりして・・・ハハハハハハ・・・)

「重い装備持った人が案外乗ってきたりして・・・アハハハハハ・・・」
(重さによって料金をとらないと・・・)

「当然です。飛行機はそんな会社もあるらしいですよ。太った人は料金が高いって・・・」
(へぇ〜〜〜っ、そうなんだ。日本人はそうでもないけど、外国人は太った方が桁違いだもんね。)

「太ってる人は左右にうまく振り分けないと飛ぶのにバランスがとれないらいいですよ。だから、座席指定で席がとってあっても“お客様、すいません。こちらの席にお願いします。”って動かされるんだって、バランスとるために・・・」
(それって)“失礼しちゃう!!”って怒る人いないのかなぁ・・・)

「いや〜っ、そこまでいくと自分でもわかってるでしょ・・・ハハハハハハ・・・反対に声かけられなかったら、がっかりするんじゃないですか?アハハハハハ・・・」
(声かけられれば、一流デブ、かけられなかったら、ただのデブって?ハハハハハハ・・・)

「そうそう、ただのデブ、無駄にデブ、声かけられてこそ、ステイタス!アハハハハハ・・・」
一流から一気にただかぁ・・・二流、三流はないのかぁ・・・厳しい・・・


 〈よもやま 412〉 〔2013年11月14日〕 【珍迷所】
「お客様K様」 (Mr.X)との会話

「この前、群馬県に出張で行ったんですよ。そしたらおもしろい地名があったんですよ。“鼻毛石”って名前なんですよ。おもしろいでしょう!」
(ワハハハハハ・・・“ハナゲイシ?”ワハハハハハ・・・その名前の由来は何なんかなぁ・・・町長か村長かに聞かんかったんけ?)

「ハハハハハハ・・・聞きませんでしたよ。鼻毛と石とまったく関連性がありませんよね。」
(ワハハハハハ・・・“ある日、お坊さんが鼻毛を抜いたらそれが石になったとさ!めでたし、めでたし!”って感じかなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「それはありませんね・・・ハハハハハハ・・・」
(そのあたりの子ども達、大きくなったら鼻毛石から出て行きたいやろうなぁ・・・“出身はどこですか?”って聞かれたら“鼻毛石です”って・・・ワハハハハハ・・・いやじゃない?)

「ハハハハハハ・・・でも、生まれた時から鼻毛石なんやから別にいやじゃないかも・・・」
(ワハハハハハ・・・そうかなぁ・・・それ本当に“ハナゲイシ”って言う地名なんかなぁ・・・違うがんないけ?“ビモウセキ”とか・・・ワハハハハハ・・・)

「いやっ、“ハナゲイシ”です。道路標識にもローマ字で“HANAGEISHI”って書いてありました。写メ撮ってくればよかったなぁ・・・」
(ほんとや!携帯かスマホで写真撮ってくればよかったんに・・・そしたら“なるほど珍百景”に投稿できたんに!それで賞金もらえたんでないけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・ですかね?今度また群馬に出張に行くんで写真撮ってきます!カインズホームのそばなんです。」
(ワハハハハハ・・・それホームセンターけ?知らんなぁ・・・ワハハハハハ・・・)

「“ケツメイシ”ってグループありましたよね!」
(ワハハハハハ・・・あったね!関係ないって・・・)
“ハナゲイシ”ねぇ・・・とがった石が多いんかなぁ・・・危ない!


〈よもやま 411〉 〔2013年11月13日〕 【国境を越えて】
「お客様Y様」 (Mr.X)との会話

(豪華客船の旅はどうやったけ?)
「すごかったですよ!乗り込む前、船の長さが何百メートルもあって、すっげぇデカかったっすよっ!」

(ワハハハハハ・・・刑事じゃないし!そんなにデカかったら揺れんよね!?)
「それがその日天気が悪くてめちゃくちゃ揺れたんですよ。小さい船は小刻みに揺れるんですけど、大きい船は揺れ方がゆっくりなんですよ。カーテンなんかも、ゆっくりスーーーーーっと45度位揺れてまた元に戻るんですよ。」

(船酔いせんかったけ?)
「したっすよ!気持ち悪くて部屋で寝てましたよ。」

(食事は?)
「よかったっすよ!どれもこれもおいしいし、デザートもおいしかったっすよっ!」

(いいなぁーーーっ、連れて行って欲しかったなぁ・・・)
「食事の時はちゃんと正装ですよ。でないと食事できないっすよ・・・」

(日本食もあったんけ?)
「え・・・っ、日本食はなかったですね。従業員の人は黒くないんですけど、アジア系の浅黒い感じの人が多かったですね。」

(女の人もおるがけ?)
「いましたよ。背の高いロシア人の女性が2人いましたね!」

(目は青かったけ?)
「そう、ブルー!」

(きれいな人やったけ?)
「うん!“きれいですね!”って言いましたよ。その2人の女性と写真撮りましたよ。2人の間に入って腰に腕をまわして・・・他の仲間に“やりすぎなんでない”って言われて・・・アハハハハハ・・・」

(それってセクハラでないがけ?)
「いや、いやっ、ぜんぜん違いますよ!アメリカ人てよく腰に手をまわすんやけど、日本人もそれぐらいできる男がおるってところをみせてやりましたよ!アハハハハハ・・・」

(ワハハハハハ・・・指先が動いとったんでないやろうね!?)
「アハハハハハ・・・それはないですよ!ド変態じゃあるまいし・・・歩いとっても“ドリンクいかがですか?”って聞かれるし、食べ飲み放題でしたよ!あれはお金持ちの世界やね!全国の支店のがんばった人たちが“がんばったで賞”ってことで招待されたんですけど、プールもあるしお風呂もあるし映画もみれるし・・・そういうのもいいけど、家族で行く方が楽しくていいですね!」

(従業員の人達ってお風呂どうしとるんかなぁ・・・)
「専用のお風呂があるんでないですか?」

(皆、いっせいに入れんね!たくさんの人やろうから・・・洗濯もどうしとるんかなぁ・・・)
「船中のクリーニングでない?」

(え、えっ、パンツも・・・さすがパンツは出せんやろ!部屋干しかなぁ・・・)
「ですかね・・・一度、出航すると何週間も帰れないでしょうから・・・」

(意外と何日もパンツはいとって、臭かったりして・・・ワハハハハハ・・・)
ロシアの2人の美人さん、Yさんのことアメリカ人って思ったかなぁ・・・


〈よもやま 410〉 〔2013年10月27日〕 【愛型(相方)】
「お客様O様」 (Ms.Y)との会話

「昨日、下の子のサッカーの試合だったんです。」
(Sちゃん、がんばってました?)

「ええっ、がんばってたんですけど・・・見ているとイライラしちゃって・・・つい・・・」
(Oさん、自分もサッカーしてたから“もっとこうすればいいのに!”とか技術的なことがわかっちゃうんですね!?)

「そーーーなんですよ。だから、つい“何やってんだ!!”とかさけんじゃって・・・奥さんに“もっと前向きな応援できないのか!”って怒られちゃうんです・・・お兄ちゃんの水泳の方は技術的なことはわからないんで・・・タイムぐらいしか・・・で“がんばれ!!”って応援できるんですけど・・・」
(気楽に見てられますね!)

「ええっ、お兄ちゃんはこの間1位をとったんですよ!!」
(すごーーーーーいっ、がんばってますね!)

「それで仕事から帰ると“今日、水泳どうだった?”って聞いちゃうんですけど・・・いやがられてるんです。“そればっかり”って・・・奥さんに“他に聞くことないんか!”って・・・」
(ふ〜〜〜んっ、Oさん仕事で何かおもしろい出来事とかないんですか?)

「う〜〜〜んっ・・・ないですね・・・あんまり周りを気にしてないんで・・・自分のことしか考えてないんで・・・」
(“今日、仕事でこんなことあったよ!”って家で話せばいいんですけどねぇ・・・)

「“退屈な人間や”って言われます。」
(奥さん、大阪出身やもんね。Oさんはボケとかつっこみとかできないんですか?)

「ぜんぜんダメです。“反応がない”って“うざい”って言われます。」
(えーーーーーっ!でも、そういうまじめなOさんに奥さんは惚れたわけだから・・・)

「“失敗した”って言ってます。」
(えーーーーーっ!口ではそう言っても本当は惚れてるんでしょ?)

「前は自分でもそう思ってたんですけど・・・最近は“本音だな・・・”って思えてきました・・・」
(ハハハハハハ・・・私は結構Oさんのことおもしろいと思うんだけどなぁ・・・)
♪もしかしてだけど、もしかしてだけど♪ Oさんのテレ!?・・・♪そういうことだろ!♪


〈よもやま 409〉 〔2013年10月27日〕 【臭いものにはポリ】
「お客様Y様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「この前、夜遅く家に帰る途中、家の近くででっかいうんこを踏んでしまって・・・なんか軟らかいというか、何かを踏んだ感触があったんですけど疲れてたんでそのまま寝たんです。そしたら、翌日妻が“家の近くででっかいの踏んだでしょう?皆踏まないように避けて歩いていたのに・・・”って・・・もう、大変でしたよ。靴底洗って、玄関のタイルとかぜ〜ん部洗って・・・アハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・奥さん知っとったんや!うんこ踏んでうんついたけ?ガハハハハハ・・・}

「ないです。まったくないです。夜暗くて見えなかったんですよね・・・わかりませんよね・・・私今までに3回、1年に1回の割合で、うんこ踏んでるんですよね・・・アハハハハハ・・・今回の前は朝、横断歩道の所で踏んだんですよ。歩道の所ですよ・・・まったく・・・」
{うん、うん、うん、うん。ガハハハハハ・・・ホームレスかなぁ・・・}

「どうでしょうかね・・・その前は大手スーパーマーケットのトイレです。すごく急いでて焦ったんでトイレのドアを開けて1歩踏み込んだ所にでっかいうんこがあるんです。あり得ないでしょう!?わかります?」
(ハハハハハハ・・・踏んじゃったの?)

「アハハハハハ・・・そうです。それが硬くもなく軟らかくもなく、ちょうどいい具合でしたよ。わかります?この感じ?」
{ガハハハハハ・・・わからん!ワハハハハハ・・・そのうんこの持ち主、そうとう慌てとって間に合わんかったんやなぁ・・・ワハハハハハ・・・だけど、そんな所にする方もする方やけど、それを踏む方も踏む方なんでないけ?ガハハハハハ・・・あ〜あっ、腹いて〜ぇ・・・}

「アハハハハハ・・・何言ってるんですか!そんなトイレのドアを開けた所にするなんて、あり得ないですよ!それから掃除のおばさん捜してまわりましたよ。それでやっと見つけて問題のトイレまで連れてきて掃除のおばさんに“こんなのあり得ないでしょう?”って言ったら“はい、あり得ません!”って・・・アハハハハハ・・・」
{ワハハハハハ・・・掃除のおばさん靴掃除してくれんかったんけ?・・・臭ていややったんかなぁ・・・}

(アハハハハハ・・・おかし過ぎて、おなか痛い・・・)
「アハハハハハ・・・だけど、スーパーって水道の蛇口ってなかなかないんですよね。探し回ったけどなくて、そしたら花屋さんがあって、そこに走っていって声かけたんです。でも、何回声かけても店員さん出てこないんですよね・・・私かなり激怒してたんで花をさしてあるポリ容器の中で靴を洗っちゃいましたよ・・・アハハハハハ・・・」

{ガハハハハハ・・・そのポリ容器の花“やけに日持ちするなぁ”って店員さん思っとったんでないけ?ワハハハハハ・・・}
ポリ容器の花びっくり!こんなに強い栄養剤今までにあじわったことない!って。強烈!


〈よもやま 408〉 〔2013年10月27日〕 【クーリングオフ】
「お客様 I 様」 (Mr.X)との会話

「最近、陶芸に行ってますか?」
(この前、行ってきた。立山は遠いから辰ノ口にある九谷焼の所へ・・・それでつい最近、中学の時の恩師がカットに来てくれて陶芸の話になって、先生に“酒は飲むんですか?”って聞いたら“少しやけど飲む”って。それでぐい呑みの話になってオレの作品を見たいって言い出して“気に入ったのがあったら、2つでも3つでも持っていって!”って言うたんや。そしたら遠慮しとるんか“見るだけでいい”って言うからMs.Yに持ってきてもらって先生に見てもらったんや・・・けど・・・それでオレ、先生にプレゼントしたくなったもんやから“先生、二者択一にしよう!1つ目はたいしたものがないから見るだけでいい。2つ目は気に入ったから2、3個持って行く。のどっちかにして!”って・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・それでどうなりました?」
(ワハハハハハ・・・無理矢理持たせた・・・ワハハハハハ・・・先生“あんまり大きいのは好きじゃないから、小さめのがいいから”って10個くらいの中から1つ選んだやけど・・・その作品は高台にこだわって作ったものでオレもちょっとお気に入りの作品やったから“先生、さすがお目が高いですなぁ!”って言っといた・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・使ってますかねぇ・・・」
(ワハハハハハ・・・どうしとるんやろうなぁ・・・“どうもこのぐい呑みで飲むと酒がまずいなぁ・・・”って、“パーーーンっ”て割って捨ててあったりして・・・ワハハハハハ・・・)

「次に来た時に陶芸の話か酒の話にならなかったら、やばいですね・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・そうやなぁ・・・陶芸のとの字も出んかったりして・・・ワハハハハハ・・・)

「そしたら、店の中を歩く先生の先々にぐい呑みを置いとかないといけませんね!ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・先生、足でポンポンポンポンって、一か所にけり集めたりして・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・“オレは若い頃、サッカーやっとったから・・・”って・・・ハハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・“オレは今、飲むのは酒じゃないビールや!寒なってもビールや!”って言ったりしてワハハハハハ・・・そしたら、オレ作ったビアグラス持ってきて“先生!これです!”って渡すわ・・・ワハハハハハ・・・でも、オレやっぱり恩師に自分の作品使ってほしかったんやなぁ・・・きっと・・・)
後日、先生の親戚の方でちょっと有名な陶芸の作家さんがいるということをお聞きして・・・さすが・・・しかし・・・


〈よもやま 407〉 〔2013年6月27日〕 【孫の手】
「お客様M様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(“いらっしゃいませ!!”)
「あ、あっ、こんにちは!奥さん、いつも元気な声しとるね!元気の源は何かなぁ?」

(う〜ん、よく食べてよく寝ることですかね・・・ハハハハハハ・・・)
「元気なことはいいことや!言いたいこと言って好きなことしてるから、元気なのかなぁ?・・・」

(言いたいこと言ってますかねぇ〜・・・お客さんによく言われるんですけど・・・“私と主人のどっちが我慢してるか?”って話になるとだいたい“ご主人でしょ!?”って・・・ハハハハハハ・・・)
{私は言いたいことの半分も言ってませんけどね・・・ワハハハハハ・・・}

(Mさんご夫婦はどうですか?)
「私は我慢なんてしてませんよ!」

{さすがですね!!うちとは違うなぁ・・・ワハハハハハ・・・}
(いい奥さんなんですね!かゆい所に手が届くって感じなんですね!)

「いや、いやっ、かゆい所は自分でかいてますから・・・アハハハハハ・・・」
(ハハハハハハ・・・自分でかくんですか?)

「はい!」
さすが重鎮!そうですよね!かゆい所は自分でかかないといけませんよね!できることは何でも自分でしないと・・・


〈よもやま 406〉 〔2013年6月1日〕 【ペコちゃん、ポコちゃん対決】
「お客様O様」 (Mr.X)との会話

「雨が降っている日は息子を登校のために近くの駅まで車で送って行くんです。晴れた日は自転車で行くんですけどね・・・その途中でどうしても通らないといけない道があるんです。道幅は10mもないんですけど、ある信号機があってそこに毎朝ボランティアで小学生のために交通整理をしているおじさんがいるんです。その人、通る車1台1台にふかぶかとペコペコペコペコおじぎして挨拶をしているんです。律儀な人だなぁって思って・・・」
(1台1台に?軽く頭を下げる感じで挨拶しとるがんないがけ?)

「いやっ、45度くらいに傾けてペコペコペコペコ挨拶するんです。」
(車、たくさん通るがけ?)

「まぁ、そこそこ通りますね。でも、時間帯によるのか小学生はあまり通りませんね。」
(え、えっ?そんなら交通整理いらんがんないけ?)

「アハハハハハ・・・そうなんですよ。でも、服装は警察官みたいなかっこうで笛も持っていますね。」
(趣味でやっとるんかなぁ・・・)

「そうかもしれませんね。そのペコペコおじさん、道幅が狭いのにふかぶかと頭下げるんで車に頭がぶつかりそうで危ないんですよ!」
(念のために聞くけど、そのペコペコおじさん、ヘルメットかぶっとるがけ?)

「う〜〜〜ん・・・かぶってます、かぶってますね!」
(そんなら頭、はねられても大丈夫やね!?)

「でも、ほんと危ないから深くペコペコペコペコして頭を道にはみ出すの、やめてほしいですよね・・・雨の日も雪の日も365日してますね。皆勤賞です!あの辺りじゃ、名物おじさんです。アハハハハハ・・・」
(“わしも名物になるまで大変やった!”って言っとったりして・・・ワハハハハハ・・・)

「家の方向はだいたいわかるんです。いつも自転車で来てるから・・・なんて名前かなぁ・・・」
(気になるがけ?)

「はい、なります。」
(この辺りでも朝、蛍光の明るい緑色のジャンバー着て、交通整理しとる人おるね。)

「おっ、そうですか!やっぱり車1台1台に頭ペコペコペコペコ下げて挨拶してますか?」
(な〜ん、ポコポコポコポコしとる・・・ワハハハハハ・・・)

「アハハハハ・・・ポコポコポコポコって、どんな感じなんですかね?見てみたいなぁ・・・向かい合わせで立たせてみたいなぁ・・・アハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・ペコペコ、ポコポコ、ペコペコ、ポコポコ・・・そんなことしたら、そのおじさん達に目がいって運転に集中できんから危なないけ?ワハハハハハ・・・)

「アハハハハハ・・・事故りますかね?・・・」
(事故多発や!ワハハハハハ・・・)
毎日毎日、大変です。ご苦労様です。


〈よもやま 405〉 〔2013年5月31日〕 【線引き】
「お客様K様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

(学校はワックスつけて行っても大丈夫?)
「ワックスはあんまりうるさくないから・・・」

{じゃぁ、床用のワックスつけて行くけ?ピッカピッカや!つや出るよ!}
(窓際の席に座ったら日が当たって“まぶしーーーいっ!”って感じ?)

「ハハハハハハ・・・だめ、だめ!カラーやパーマはうるさいよ!ツーブロックもだめ!」
{えーーーっ、ツーブロックもだめなんけ?じゃぁ、スリーブロックにしていけば?ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・ツーブロックがみつかったら“一番短いのにあわせて切ってこい!”って言われる・・・」
{じゃぁ、頭にブロック、2つのせて行ったらどうけ?ツーブロック!ワハハハハハ・・・}

「ハハハハハハ・・・重たそう・・・」
{そのブロックで頭たたかれてボコボコにされるかなぁ・・・いてーーーっ・・・ワハハハハハ・・・}

「頭、われる・・・」
(結構、うるさいんだね、学校の規則・・・)

「携帯も・・・先生によって違う、バイブなら許してくれる先生とポケットから出しただけでアウトの先生と・・・」
(時刻を見てもだめなの?)

「だめです。」
(アウトになったら?)

「業後課題で漢字書かされる。放課後3日とか5日とか・・・場合によって日数が違う。」
(たいへん!)

「でも、先生は授業中でも携帯見てたりするよ。」
{それって、ずるいがんないけ?授業中に携帯見る必要ないやろ!先生も業後課題せんなんがんないけ?生徒と同じ条件にせんなんやろ!?ワハハハハハ・・・}

(ハハハハハハ・・・生徒と並んで漢字書くの?国語の先生でムチャ難しい漢字書いてたりして・・・)
{携帯、いつならOKなんけ?}

「学校の敷地外ならいいんです。」
{じゃぁ、学校のグラウンドの敷地のギリギリ外の木に携帯さげておいてグラウンドから携帯の時間見たりしても大丈夫やね!ワハハハハハ・・・}

「う〜ん・・・ハハハハハハ・・・多分、だいっじょうーーーぶだと思う・・・やってみたい・・・ハハハハハハ・・・」
だめよ〜んっ、だめっ!だめっ!


〈よもやま 404〉 〔2013年5月29日〕 【炭化】
「お客様H様」 (Mr.X)との会話

「最近“雑談魂”の“Pick Up”できたましたね・・・」
(そうねんて、“雑談魂”はいつものお客さんに見てもらえばいいと思っとるげんけど、初めてのお客さんで見てくれた人がおって、もう、顔から火が出るくらい恥ずかしかったわ・・・ワハハハハハ・・・初めての人が見たらNeXtのおやじってどうみても変態やろ!?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・確かにちょっと変わった人って感じですかね・・・ハハハハハハ・・・初めての人で“雑談魂”全部見た人っているんですか?」
(それがおったんやって、ブライダルシェーブの女の人で・・・その人の他に、初めての人で“雑談魂を見ようとしたけど、あまりに多くて全部は見れませんでした。”って言う人がおってそれで、Ms.Yに“Pick Up版を作ったら・・・”って言われて作ったんやけど、更新がね・・・今、週に1回更新させとるやろ。後進させて前進させとるんや・・・ワハハハハハ・・・昔、歌であったやろ、三歩進んで二歩さがるみたいな・・・)

「ハハハハハハ・・・前進させるために更新(後進)ねぇ・・・ハハハハハハ・・・それ、いいですね!気に入りました。最近はスマホでツイッターとかフェイスブックとかする若者多いですよね!」
(フェイスブック・・・顔本やろ!ワハハハハハ・・・オレ“雑談魂”の他に“フェイスブック”なんてできんわ・・・面倒くさいし・・・時間ない・・・)

「週一の他にやるの大変ですよね!」
(ワハハハハハ・・・そうやろ!あっ、“フェイスシェーブ”始めました!って、どうけ?かなり前からしとるがに今さら“フェイスシェーブ”け?“何言うとれんて”って感じけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうですね!かなり書き込まれますね!」
(ワハハハハハ・・・炎上け?)

「ハハハハハハ・・・燃え上がりますね!」
(ワハハハハハ・・・NeXtのおやじ燃えて燃え尽きるけ?)

「ハハハハハハ・・・炭になりますね!」
(ワハハハハハ・・・スミません!)
初めてのお客様に見られるのはかなり恥ずかしいです!まじで・・・


〈よもやま 403〉 〔2013年5月29日〕 【憶測禁止】
「お客様H様」 (Mr.X)との会話

「今日、予約の電話の時思ったんですけど、別にナンバー言わなくてもわかってるんじゃないかなぁって思ったんです。“オレ、オレ”でわかってるんじゃないかなぁ・・・って」
(オレ、オレ、詐欺・・・)

「ハハハハハハ・・・別に名前言わなくてもわかってるんじゃないかなぁ・・・って・・・」
(オレ、オレ、詐欺・・・あっ、そうや!オレ、オレ、詐欺の電話あったら“オレの若い頃はなぁ・・・”ってわざとボケボケのふりすればいいがんないけ?“お金出せば何かもらいるがかなぁ?・・・”とか“オレの若い頃はなぁ・・”って同じことを何回も言うとか・・・ワハハハハハ・・・“だからぁ、キャッシュカード持ってぇ、銀行に行ってぇ、ATMでぇ〜”ってオレ、オレ、サギの犯人必死になって説明してたりして・・・“そうかぁ・・・で、NeXtのカードでもいいがかぁ?何のお金やったけ?オレの若い頃はなぁ・・・”って振り出しに戻るって作戦、どうけ?ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そうですね!また振り出しに戻るのいいですね!」
(オレ、オレ、詐欺対策として、訳のわからんことを何回も言って振り出しに戻る“ボケ返し”・・・ワハハハハハ・・・)

「ハハハハハハ・・・そこまでボケられたら犯人もあきらめますね!」
(ワハハハハハ・・・“あ〜あっ、次いこう”って・・・実は予約の電話の時、だいたい声で誰々さんじゃないかなぁってわかる時もあるけど“ナンバー○○ですね!”って言うて“違います!”“ナンバー○○のHさんですよね!”って言うて“いいえ、違います!”って万が一言われたらやばいやろ!だから言わん、ナンバーと名前言ってもらうんや!)

「そうですね!そんなことになったら何かいやな雰囲気になりますもんね!ハハハハハハ・・・」
(そうやろ!)
前に間違えそうになったことがあって・・・危険、危険!


〈よもやま 402〉 〔2013年5月28日〕 【夢物語】
「お客様Y様」 (Mr.X)との会話

「アメリカでロト6みたいな宝くじで608億円が出たよね!キャリーオーバー、キャリーオーバーで608億円!すごいよね!」
(1人に1億円配っても608人に配れるげんぞ!608億円・・・すっごくねーーーーーっ!)

「日本やったら上限が8億円なんやけどね、608億・・・8億なんて端数やよ!ハハハハハハ・・・会社で“608億当たったらどうする?”って話が盛り上がったよ。“取りあえず車買う!”って・・・ちってぇーーーーーっ・・・ビル建ててオーナーになってもいいかなぁ・・・賭け事で失敗せん限りだいたい使い切れんよね・・・事業がうまくいってもっと儲かったりして・・・ハハハハハハ・・・Bzが自分1人のためにドームでコンサートとか・・・芸能プロダクションを買うとか・・・各都道府県に別荘を建てるとか・・・四国を買うとか・・・でも、さぬきうどん食べ放題でもなぁ・・・」
(旅行でアメリカに行って宝くじ買って、当たったらその権利あるがかなぁ?・・・)

「う〜ん・・・あるんじゃない!」
(抽選で当選した時に日本に帰っとっても大丈夫け?)

「う〜ん・・・大丈夫やと思う!けど・・・」
(そしたら、すぐアメリカに飛行機で飛ばんなんね・・・ワハハハハハ・・・外国人はダメやって言われたらどうする?)

「市民権取らんなんね。」
(市民権てそんなに簡単に取れるんかなぁ・・・でも608億円が外国へ出ていくのを止めるためならすぐ取れるか!?)

「オレ、608億手に入れるためならアメリカでもどこでも移住するよ!頭、アフロにしろって言うならやる!日焼けサロンに毎日通って黒人にもなる!なり切る!アメリカ人に!!すごく騒がれて、お金目当てに人が群がってくるやろうけど、1年もがまんすれば、なんとかなる!そしたら、アフロばっさり切って元に戻ればいいし・・・ハハハハハハ・・・」
(608億かぁ・・・オレ、きんつば買ってもらっていいけ?ワハハハハハ・・・)

「いいよ!ナカタヤやね・・・でっかい弁当箱位の大きさの特注のきんつばでもいいよ!アハハハハハ・・・しかも金箔で覆ってもいいね!アハハハハハ・・・」
(ウワァ・・・リッチやね!うまそーーーーーっ!ありがとう!)

「精々、1個1万円くらいやろう?・・・それ、NeXtでお客さんに配ってもぜんぜんOKやね!アハハハハハ・・・」
(ワハハハハハ・・・608億当たってもここで仕事しとらんなんけ?ワハハハハハ・・・どっかいってもいいけ?)

「アハハハハハ・・・そうやね、608億当たったらここで仕事せんでもいいね!仕事せんでも食っていけるもんね!アハハハハハ・・・」
夢からさめて現実をみるとなぁ・・・寂しい・・・


〈よもやま 401〉 〔2013年5月25日〕 【アーチーチー】
「お客様 I 様」 (Ms.Y){Mr.X}との会話

「1歳の子どもが台所の魚焼器でヤケドをしたんです。」
{えっ、グリルけ?}

「そうです。」
{大変やったね。}

「ええっ、奥さんが“氷水の入った袋に手を入れて冷やすように”って言うんで冷やしながら救急病院に行ったんです。」
{Iさん、奥さんの言いなりやね!}

「はい、言いなりですよ!」
{Iさんも氷水の袋に顔つっこんで冷やせばよかったんでないけ?ワハハハハハ・・病院に着いたら病院の先生が“あれ?お父さん、カチンカチンでもう死んじゃってますね!”って・・・ワハハハハハ・・・}

「アハハハハハ・・・そうですよ・・・」
{ワハハハハハ・・・ふざけてね〜っ?}

「アハハハハハ・・・ふざけてますよ!NeXtではいつもそういう会話じゃないですか!」
{ワハハハハハ・・・そうやった!}

「子どもに“あちち”ってどうやって教えればいいんですかね?」
(うちの子どもの場合、ファンヒーターがあったんであんまり熱くない程度の所に手を付けて“あちちよ”って教えてましたね。)

{あーちーちーってのばしたらだめやよ!“アーチーチ、アーチ”ゴーヒロミになるさけ!ワハハハハハ・・・}
「アハハハハハ・・・古っ!」

{子どもから目離せんね!}
「そうです。階段も一人で喜んで上がっていくんです。下りてこれないんですけどね・・・アハハハハハハ・・・」

{Iさんの目1つはずして子どもに付けとけば・・・監視できるがんないけ!・・・ワハハハハハ・・・}
(ハハハハハハ・・・ゲゲゲノキタローの目玉おやじみたいに!?そのうち手足がはえてきたりして・・・ハハハハハハ・・・)

{ワハハハハハ・・・そしたら安心やわ!}
たいした傷にならんでよかった。子どものヤケドは気をつけてください!


閉じる
Home
雑談魂(一)
雑談魂(二)
雑談魂(三)
雑談魂(四)
雑談魂(六)
雑談魂(七)
雑談魂Pick Up

美容室と理容室の融合ヘアーサロン [HairTheNeXt]

Copyright (C) Hair The NeXt. All Rights Reserved.